5th WHEEL 2 the COACH

アーティスト : スチャダラパー 
  • EMIミュージックジャパン (1995年4月25日発売)
3.47
  • (15)
  • (12)
  • (57)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 125
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988006121669

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「来たね! 昨日のなれのはて 見たね! 今日の生まれたて」Ultimate Breakfast & Beats

  • ヒップホップをベースにどこまでおどけられるかという大喜利。サマージャム'95の特別感は異常。

  • このアルバムに収録されている「サマージャム'95」って曲が、とにかく大好き過ぎて困っちゃう。めちゃんこ、こう、好きです。夏って、一般的に、楽しい!ってイメージがこう、強いと思うのですが。
    それだけじゃなくて、絶対にねえ、切ない季節だと思うんですよねえ。なんでかわかりませんが。

    その、夏の、気だるさと切なさを、これ以上ないくらいの最高純度で表現しきった、名曲中の名曲。それが「サマージャム’95」だと、勝手に思っている次第です。今、2017年なので、この曲が出来たのは、もう22年前か。信じられないな。全然古びてないもの。音楽は、永遠だなあ。大げさですが、そう思う次第です。

    あと、「ノーベルやんちゃDE賞」は、バカらし過ぎるというかアホらし過ぎるというか、それがもう素晴らしく愛おしすぎる感じで、大好きです。漫画「彼氏彼女の事情」の1巻で、たしか、主人公がこの曲に言及する場面があって、それがツボすぎて笑ったのも懐かしい思い出です。

    日本語で音楽を表現すること。その素晴らしさを教えてくれたのは、僕にとっては、スチャダラパーの歌詞と、B’Zの稲葉さんの歌詞だなあ。そんなことを、思う次第です。日本語って、ホンマに美しいし、楽しいし、素敵な言語だなあ。そんな事を思う次第です。

  • 今改めて聴くと、グルーヴの観点では、サマージャムとジゴロ7かな。

  • B-BOYブンガク、サマージャム’95、ウルティメイト・ブレイクファースト&ビーツはいまだによく聴く。

  • 個人的にスチャダラの中のベスト

    ふざけてやがる、けどかっこよすぎでしょ

  • 何千万回聞いたかもわからないループの谷間

  • 2011/1/2
    bookoff
    ¥500

  • 夏に最高な、サマージャム'95。夏といえば、これだ!!
    夏以外の季節に夏を思い出しながら聞くのも素敵!!


    The Late Showにプッとふきだしつつも共感し、
    ノーベルやんちゃDE賞で、自分はノーベル何賞か考え、
    南極物語で、スパゲッティバジリコは彼に作るのやめようとか考え、
    ジゴロ7で、夜の赤レンジャーに憧れたり、

    色々満載の一枚です!!

  • いちばん、酒を飲みまくっていた年代。ほんと良く飲んだ。

全18件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする