まちわび まちさび

アーティスト : クラムボン 
制作 : 原田郁子 
  • ワーナーミュージック・ジャパン (2000年10月24日発売)
3.35
  • (14)
  • (19)
  • (95)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 174
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4943674020393

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ユリイカのやくしまるえつこ特集に、クラムボンの原田郁子が記事を書いていた。初対面のやくしまるえつこに一時間マッサージした人。多分レイキマッサージだよね。そういうコミュニケーションもアリなのね!まねしてみよう!と思った。

    で、クラムボンにも興味を持って、借りてみた。かっ、かわいいじゃないか!ナンセンスかわいい!
    私が中学校受験のための勉強をしていた頃のアルバムかぁ。ノストラダムスがどうの、コンピューターが狂い出すの、飛行機が落ちる、いや、やっぱり大丈夫!だの、バカみたいなことでテレビの中の大人たちが大騒ぎしていた覚えがある。

  • ピアノ、ベース、ドラムス、そして郁子さんの歌声。

    わずかの音で、喜怒哀楽を見事に表現する・表現し尽くすクラムボン、恐るべし。初めて聞いたとき(僕が大学生の頃)に鳥肌が立ったのを覚えています。これぞ、余人をもって代えることのできない個性!

    なんと言うのかな、クラムボンというアーティストの、無限の可能性が広がっていくのを予感させる1枚だったし、その感覚は正しかったわけで、最近のアルバムとあわせて、今でもしょっちゅう聞いている1枚です。

    個人的なお気に入りは、『ドギー&マギー』、『君は僕のもの』、『まちわび まちさび』、『ミラーボール』、そして『246』。

    『君は僕のもの』は実に胸キュンだし、『まちわび まちさび』は歌詞があまりにも秀逸。『ミラーボール』はなんとなく矢野顕子さんの『ごはんができたよ』を彷彿とさせるものがあって、センチメンタル。

    【収録曲】
    1.ドギー&マギー
    2.君は僕のもの
    3.まちわび まちさび
    4.月食
    5.大貧民
    6.シカゴ(病み上がりver.)
    7.ミラーボール
    8.246
    9.EPIC
    10.090

  • クラムボンはこのアルバムから。
    基本は変わらないけど、
    今となってはより馴染みやすいポップでメロディアスな印象。
    track2「君は僕のもの」がベストトラック。だけど他も捨て曲なし。
    今だに最高頻度のアルバム。

  • ちょっと狂気を感じる

  • 初々しさも残る初期のアルバム。吹っ切れたい時に聞きたいです。

  • 今回のNYでよく聴いてたのはクラムボンでした。何でだろね。なんかすっごいよくってね、あの街で、あの音が。郁ぽんのあの優しい声に包まれてたら、なんかすっごい胸がぎゅいってした。(07/6/18)

  • 小学生のときに初めて自分で買ったアルバム おもいでの一枚

  • クラムボンのアルバムで一番好きな作品です。
    どの曲も最高に可愛い!
    「大富豪」「ドギー&マギー」「君は僕のもの」など素敵曲ばかりを集めた一枚。

  • クラムボンの中では一番好きなアルバムです。コーヒーを飲みながら聴きたい一枚。

  • クラムボンで、このアルバムがいちばん好きです

全13件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする