やかまし村の子どもたち [DVD]

監督 : ラッセ・ハルストレム 
出演 : リンダ・ベリーストレム 
  • パイオニアLDC (2000年11月23日発売)
3.90
  • (42)
  • (23)
  • (43)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :214
  • レビュー :35
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126200138

やかまし村の子どもたち [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スウェーデンの豊かな自然に囲まれた、わずか3軒の家しかない“やかまし村”に住む6人の子供たち。そんな彼らの夏休み中の日常を美しい自然をバックに綴った。

  • やかまし村の映画はほんと小さい頃に見れて良かったと思う。延々とほのぼので事件という事件もおきないけど、映像は綺麗だし、なんというか本当に憧れるべきスウェーデンって感じ。何回見ても飽きないし、子供達はかわいい。

  • 終わらない夏休み
    あの夏休みは二度とない
    ノスタルジックな北欧の子どもたちの風景

  • なんという癒し映画(´・ω・`)

  • チラッと見たことがあって
    ちゃんと見た昨日。

    嫌味のない人しか出てこない作品で
    何もかも、嘘がない。
    平和すぎる作品が、物足りないと思うときもあるけど、
    少なくともこの映画にはなくて、
    ふと、暖かさを感じる今日

  • ラッセ・ハルストルムの傑作。原作はリンドグレーンの児童文学。今日3回目の視聴。色褪せないんだよなあ。色褪せない美しさに漲っていて、静かな感動がじんわり広がって。

  • ここ最近ずっとラッセ・ハルストレム監督の作品ばかり見ていました。
    これは小学生のころにリンドグレーンの原作を読んだことがあったので、なつかしくて。
    大きな事件は起こらず、ただただ子供たちが無邪気に遊びまわっているだけの映画。こんな村に生まれたら、楽しいだろうな。

  • ラッセ、ボッセ、リーサ
    ブリッタ、アンナ
    オッレ、おむつのシャスティン

    自分の子供の頃の夏休みとリンクしすぎて

    「わかれ道をかけて通ろう また思い出すといけないから」
    「なんで逃がしたんだ」「悲しい目をしてたんだ」
    干し草の中で寝たり、スィップを手に入れたり 家と家にロープ渡して手紙交換したり うらやまし…

  • TSUTAYAで一度借りて見ずに返した。そしてもう一度借りてちゃんと見た。でも途中で「眠すぎてダメだった」。
    現代社会を生きるわれわれにとってはこの映画を見るタイミングを見つけることにより大きな困難を感じるだろう。

    唯一の衝撃はザリガニを御馳走といって食ってたところ。

  • やかまし村で育った子どもたちは、どんな大人になるんだろう?

全35件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする