トリック(3) [DVD]

出演 : 仲間由紀恵  阿部寛  生瀬勝久  前原一輝  野際陽子 
  • ジェネオン エンタテインメント (2000年12月8日発売)
3.74
  • (21)
  • (15)
  • (41)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102562311

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 哲この部屋……に限る。

    奈緒子の「ドローン!」はまじで可愛かった。

  • 遠隔操作(?)で三人の人を殺すと予告してきた女性のお話。今回は犯人がなかなかキモチワルイまま終わるのがお初。なかなか不気味で悪くない。「やむ落ち」の「哲 この部屋」が長くて長くて途中でウッカリ落ちたよ!どんな頑張り。しかしDVDで見るとこの「やむ落ち」が面白くていかんです

  • 第6.7話収録。

  • 6〜7話のパントマイムで人を殺す女編。超能力で遠くの人を殺すと言う。どんなトリックかと思えばそんなトリック?!ともうビックリしかない。双子だったとしてもまったく同じ時間にそんなことできるかな。それにしても仲間由紀恵のえへへ!は可愛い。野際陽子のえへへ!も可愛い。今回は男3人がバタバタと殺され、最後は妹までも殺すのにまったく悪びれない姉がちょっと怖いと感じた。

  • 遠隔操作で人を殺す。
    絞殺、刺殺、そして銃殺・・・

    トリックはまさかの双子。
    ギャグ要素が少なめ。

  • 1-313

  • 制作年:2000年
    監 督:堤幸彦、保母浩章、大根仁、木村ひさし
    主 演:仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、菅井きん、篠井英介、佐伯日菜子、岡田真澄、野際陽子
    時 間:全10話
    音 声:日:ドルビーステレオ

  •  今日はおうちでゴロゴロデーなので、DVDの感想書いたりする。
     別に、今日見たわけじゃないのもいくつか入ってたり、入ってなかったり。
     まあ、書きたいやつの感想を書きたい時に書くのが私なので、あまり気にしないでやってください。

     という訳で3巻。
     今度の事件は、自分がいないところで呪いで人が殺せるという女の人が出てくる話。
     ここから先は思い切りネタバレですが。

     解いてみてみれば、何のことはないマジックでは使い古されていた双子トリック。
     一方が閉じ込められている間に、一方が殺すと言った人間を殺して回る……という話。

     なんというか、しょうもないけれど、殺人を犯した女の人が、それについて全然反省してないのも怖くて。
     更に双子の妹さんまでも手に掛けてしまって、全てを彼女に擦り付けたのが尚のこと怖くて……。
     なんだかとってもどうしようもない話でした。

     ブラックだなあ……。
     もうちょっとテンションの高いふざけた(いい意味で)話だと思ってたんですが、世の中、そういうものではないらしいですね。

  • パントマイムで人を殺す女編。演出は大根さん。
    佐伯日菜子、血ミドロがよく似合う。
    シリーズ最高のギャグ、「哲、この部屋」。
    哲さんのお子さんも双子なのはどうやら本当。奇跡!

  • 今更だけど、同じ物理学者でもガリレオの湯川先生とは全く違うなぁw 上田さんホントに物理学者なのか?
    トリック部分はペテンだけど、エピソードの最期に必ず残される謎が気になって仕方ない。……何度か見てるはずなんだけどなぁ。

全18件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする