デビュー+1

アーティスト : ビョーク 
  • ユニバーサル インターナショナル (2015年3月17日発売)
3.56
  • (10)
  • (15)
  • (37)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988005281975

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Garry Hughes – keyboards, Hammond organ, programming
    Oliver Lake – music arranger, brass
    Corky Hale – harp
    Björk – arranger, keyboards
    Gary Barnacle – brass
    Marius De Vries – keyboards, programming
    Nellee Hooper – percussion, drums
    Luis Jardim – bass, percussion, drums
    Talvin Singh – director, tabla
    Bruce Willie Smith – percussion, drums
    Martin Virgo – keyboards, programming
    Paul Waller – keyboards, programming
    Jon Mallison – guitar
    Mike Mower – brass
    Jhelisa Anderson – backing vocals

    Released 5 July 1993     /2ndAlbum/
    Recorded 1992–1993

    1. "Human Behaviour" Björk, Nellee Hooper 4:10
    2. "Crying" Björk, Hooper 4:52
    3. "Venus as a Boy" 4:42
    4. "There's More to Life Than This" Björk, Hooper 3:21
    5. "Like Someone in Love" Johnny Burke, James Van Heusen 4:33
    6. "Big Time Sensuality" Björk, Hooper 3:57
    7. "One Day" 5:24
    8. "Aeroplane" 3:54
    9. "Come to Me" 4:55
    10. "Violently Happy" Björk, Hooper 4:59
    11. "The Anchor Song" 3:32

  • シュガーキューブスからソロ名義初の作品。1STアルバム。808STATEなども参加。ヒューマンビヘイバーが最高にいい。
    まだ染まりきってないアイルランド出身の素朴なビョークが伺えられる。

  • わたしにとってLike someone in loveに勝るラブソングは無い。

  • ビョークのソロ・デビューアルバム。彼女のアルバムはどれも聞き応えがあるけれど、シンプルで力強く、あまりテクノっぽくないこともあって、これが一番すき。雨の日のドライブについ選んでしまう。

  • 11歳の時これを買って、初めてビョークを聴いたのですが・・・。
    エネルギッシュなサウンドと声がアドレナリン増やします。大好き・・・・!!!!

  • 初期のアルバム。現在とはちょっと雰囲気が違って、初々しく、かわいらしいかんじの曲で聞きやすい。

全7件中 1 - 7件を表示

デビュー+1のその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする