KOEI The Best アンジェリークSpecial2

  • コーエー (2000年2月24日発売)
  • PlayStation
3.60
  • (20)
  • (23)
  • (54)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 146
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4988615014321

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全部のエンディングをやり込んで遊んだ
    覚えがあります。
    ゲームをしなかった私が、これで二次創作の
    楽しさを覚えた思い出が。
    ベタベタの乙女ゲーですが、そこが良かったのかな。

    シリーズ2作目。
    前作と同じ守護聖の他に、新たな攻略対象が6人増えた。

    ジュリアス(声:速水奨)
    クラヴィス(声:田中秀幸)
    ランディ(声:神奈延年)
    リュミエール(声:飛田展男)
    オスカー(声:堀内賢雄)
    マルセル(声:優希比呂)
    ゼフェル(声:岩田光央)
    オリヴィエ(声:子安武人)
    ルヴァ(声:関俊彦)
    ヴィクトール(声:立木文彦)
    セイラン(声:岩永哲哉)
    ティムカ(声:私市淳)
    エルンスト(声:森川智之)
    メル(声:冬馬由美)
    チャーリー(声:真殿光昭) ※名前変更可能

  • ◆ゲームの流れ
    基本的にはSFC版「アンジェリーク」(以下、前作)と同じです。
    当作では、大陸ではなくて宇宙の育成をします。
    惑星を作っただけではすぐに壊れてしまいますが、「学習」を行うことで壊れることが防げます。
    試験期間は320日くらいで、リミットを迎えても女王が決まっていない場合は家に帰るEDになります。

    ◆操作性
    システム前作と同じです。
    セーブデータは2つしか作れませんが、メモリーカードを多く用意すれば攻略対象分のデータを作ることが可能です。
    ギャラリー機能はありません。
    初期のPS作品なので、ゲーム画面が表示されるまで時間が掛かってしまいます。

    ◆キャラクター
    当作の主人公はアンジェリーク・コレットで、前作の主人公だったリモージュと同じく普通の女のコです。

    ライバルは王立研究院に所属する天才少女・レイチェルです。

    リモージュは女王、ロザリアは女王補佐官として登場しています。
    攻略対象は守護聖九人の他に、教官三人と協力者三人がいます。

    ★精神の教官・ヴィクトール
    ★感性の教官・セイラン
    ★品位の教官・ティムカ
    ★土の曜日にハートと商品を交換してくれる・謎の商人
    ★王立研究院の主任・エルンスト
    ★火龍族の占い師・メル

    当作でお気に入りだったキャラは、前作から引き続いてランディとオスカー、新キャラではセイランでした。
    三人共に勝気タイプが好みなので、気合いの入った勝気コレットでばかりプレイしていました。

    ◆グラフィック
    当作もドット絵ですが、前作に比べてSDキャラが大きくなったかもしれません。
    その為、久し振りに前作をプレイした時、SDキャラが豆粒に思えました。

    メッセージウィンドウの横にコレットの顔グラフィックが表示されて、他キャラは立ち絵に近い状態で大きく表示されます。
    前作はランディとオスカーの顔の区別がつきにくかったのですが、当作はより描き分けがされています。

    男性キャラは勿論魅力的ですが、女のコ達が可愛いです。
    特に温和タイプのコレットの笑顔は天使そのものでした。
    ライバルのレイチェルは自信満々だけど憎めない可愛げがあるし、前作ではイライザのようだったロザリアは大人びたレディになっています。

    EDグラフィックはドット絵ではなくて、由羅さんのイラストが表示されます。
    前作はハグ率が高かったですが、当作はほのぼのとした仲良しカップルという印象がありました。
    イチャイチャしたスチルを期待していたので、物足りなかった気がします。

    OPやEDにムービーアニメが挿入されていて、コレット以外にはボイスがついています。
    全員の頭身が高くて、ひょろっとした体型です。
    ノイズが入っていますが、プレイ当時は大喜びで見ていました。

    ◆音関連
    メインテーマは宇宙をイメージしたような曲調だったと思います。
    守護聖やリモージュ、ロザリアのテーマはアレンジが入っています。
    新キャラのテーマに関しては、セイランの曲が好きでした。

    コレットとレイチェル以外にはボイスがついていますが、フルボイスではありません。
    恋愛イベントが発生した時、声が入っている時とそうでない時があったので当初はバグかと思っていました。
    後に、コレットが攻略対象の好みの性格の時だけボイスがつくことを知りました。

    ◆イベント
    主人公の性格が3verある上、新キャラも増えたので、前作よりもボリュームアップしています。
    恋愛イベントは前作と同じく三段階ありますが、コレットの性格によってセリフが変わります。
    新たに、夜デートも増えました。

    相変わらず、光と闇、水と炎、風と鋼は仲が悪いです。
    新キャラ達が意外なキャラと仲が良かったことに、とても驚きました。

    ◆難易度
    前作をプレイしていたならば、苦労することなく全キャラEDが見られると思います。
    試験期間が短くなったこととハードモードレイチェルのお陰で、試験に負けるパターンのEDが見やすくなっています。

    しばらくの間、協力者も攻略可能だということに気付きませんでした。
    彼等の元に何回か通うとメッセージが変わったので、もしかしてと思いましたが。
    メルの親密度を上げるには、占いをするか、コレットと男性陣という組み合わせ以外でラブラブフラッシュをする必要があります。
    「何故、毎日のように通ってハートを使っているのによそよそしい態度なんだ!?」と思っていましたが、自分の色欲目的でラブフラをするコレットに引いていたのね(苦笑)

    ◆糖度
    前作と同じく少女マンガのノリです。
    守護聖達のセリフのクサさに、お腹を抱えながら笑ったものです。
    よくネタが尽きないものだと感心します。
    イベントスチルは、現在発売されている乙女ゲームと比べれば健全そのものです。

  • 主人公のタイプが3タイプ選べるという意味で実に画期的だったなあと懐かしさ満載。
    レイチェルのキャラクターが立っていて好きでした。また、「そういうことか!!」と分かる後々の展開が好きです。
    でもやっぱり無理難題投げてくる守護聖様にはなんてこったいと凄い思った思い出がありますww

  • 前作の主人公が女王となった世界を舞台に新たな女王の座争奪戦が行われます

    プレイステーションなので大変素敵な画質です。
    アンジェリークシリーズでは一番主人公任期が長いコレットちゃん初登場の本作。

    前作のように妖精の住む家が爆発することがなくなってしまって若干悲しいのですが、
    やってることは前作からさして変化は無く。ただ今回は更にスケールでっかく惑星そのものを作っていきます。
    庭の花育てるようにあっさり惑星作っちゃいます。あんたらすげぇよ…

    今回は前作の守護聖9人に教官3人+協力者3人で総勢15人の攻略対象キャラがいます!!多すぎる!!
    エトワールに至る頃には正直ゲンナリしました

    守護聖達のうち何人かは少し大人っぽくなったりYAA☆彡がなくなってたりと若干の変化はあるものの、相変わらず見目麗しい高貴な方たちばっかり。ご機嫌を損ねると帰っちゃうぞ!☆ミ
    エンディングも安定作画のアニメーションで見てるだけで楽しい気持ちになれます


    難点は攻略キャラが多い割に作業が多いゲームなのでコンプが非常に疲れるくせにアルバム機能が無いため達成感が味わえない所。これは私としては痛いポイントかな。

    ただやっぱりコレットたんは可愛いですし、しばらくは主人公を張る子なのでシリーズプレイするなら抑えときたい一本ではありますね。

  • 最初にPC版をプレイしたのが懐かしくなって、プレステのも買ってみた。
    主人公の性格が3パターンから選べ、それによって選択肢が少し変わるとか、公園デートでは守護聖のその日の気分によって答えの正解が変わったりとか、たまに起こる夜の公園デートとか、今では考えられないほど運に左右されたシステムでした。最初に選んだ性格によって、こちらから告白した時に振られる時の台詞とか結構厳しかった……。
    それでもかなりハマッて何度も何度も繰り返したなぁ。
    最近のゲームは一遍通りの進み方しかないので、たまにこういう理不尽なくらいに運が試されるシステムのゲームがしたくなる。

  • 歴代アンジェでは一番やりこんだ作品です!
    私的に前作より立ち絵が好み。新登場の協力者さん達も個性豊かで良いキャラ(*´ω`*)
    新アンジェ・コレットちゃんも、性格が3パターン選べて面白かったです。欲を言えば性格別にEDパターンが欲しかったような…いや~、当時じゃあ難しいかな('';

    セイランさんに出会い辛口キャラにハマり、罵られる事の快感に目覚めましt


    【好】
    セイランさん
    コレットたん(特に温和ちゃん!!)

  • 前作の「アンジェリーク」続編。主人公の性格が3パターンから選べて、それによって相手の台詞が変わったり、好みの性格でなければベストエンドにはならないというのは凄いなぁ。ホント寝る間も惜しんでやり込みましたね。恋愛対象も6人増えて股掛けに一層磨きがかかりました(笑)

  • 茶髪アンジェの冒険。前作にハマってたので、心変わりする守護聖の皆様に不満でしたが(笑)新キャラのエルンストにやられました。はい。

  • ベストじゃないのはどれだろう…。PC版のフルボイスの持っていたものの、借り逃げされて買いなおしましたよ…。今でもたまに無性にやりたくなるゲーム。

  • 感性の教官にツボ突つかれた恋シュミゲーム。
    自白しますと、その前に夢様に惹かれ、ショッキングピンク塗れの宇宙にしたことがあります。濃いです。

全20件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする