かえるの絵本 ~なくした記憶を求めて~

  • ビクター インタラクティブ ソフトウエア (1999年10月21日発売)
  • PlayStation
3.96
  • (13)
  • (17)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4988110020742

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • RPGパートがメインですが、シミュレーションゲームでもあります。
    主人公の行動や仲間にしたキャラクターとの友情度によって、様々な絵本が出来ます。
    レアな絵本もあるし、バッドEDの場合は違う動物になる結末を迎えます。
    私は挫折しましたが、やり込み要素の高いゲームだと思います。
    PSPで時間潰しにサクッと遊ぶには最適かもしれません。

    難易度は高くありませんが自由度が高いので、何をすればいいのか分からなくなります。
    主人公は様々な職業になれますが、オールマイティな機能を持つ職業はないので、何回も最初からプレイする必要があります。
    シナリオが短いとはいえ、反復プレイが面倒かもしれません。

    どのキャラクターも魅力的で、キャラクターデザインは高田明美さんです。
    美麗な男女ばかりで、SDキャラは可愛いです。
    各キャラクターとのイベントがあればハマれたかもしれません。
    淡々とダンジョンをクリアしてくだけですからね。

  • ストーリー分岐がたくさんあり、かなり楽しんだゲーム。
    純ファンタジーな世界観と、かわいくて重すぎないシナリオが好きでした。
    アーカイブスで出てくれないかなぁ、といつも思ってます。

  • 主人公育成型RPGです。
    PSの名作として、認知されています。

    かえるの呪いをかけられた主人公が、忘れた記憶と呪いを解くために、自分を鍛えて世界を旅する物語り。

  • イラストに惹かれて購入。主人公の性別、職業が選べるのがいい。
    ストーリーを進めて行くと、それぞれのキャラクターの絵本ができて行くのが可愛い。
    攻略に時間はかかるけれど、なんだかわくわくして進める。
    ただ、戦闘がだれるのがちょっと…。
    ストーリーも実は3種類=3つのED
    切ないEDや、ほのぼのED。
    同じようで違うストーリー展開なので、絵本コンプリートも楽しくできる。

  • 絵の可愛さに惹かれて購入。
    面白いし絵本を集めるのが楽しいですが、ゲーム苦手な私にはバトルがちょっと…。
    かなり頑張って一週目で最高のエンディングを出してしまい、もうやる気がなくなってしまいました…。

  • 体験版で気に入って、発売日に購入して、今までずっと積んでたゲーム。およそ9年間の放置プレイ(笑)。
    最近、ようやく遊び始めました。
    雰囲気、ストーリー、システム、どれをとっても良い出来です。

  • 意外と、良く出来てるんですよ。

  • ( ゚∀゚)o彡゜マーロ!マーロ!

  • ♀主と♂主が選べるうれしい仕様。
    職種も選べたりするのもまた。
    絵本集めも楽しい。けどそこは少し難しかった覚えがあるので星4つ。

    プレステソフトとしてはお勧めです。

  • 主人公の性別を選べる上、マルチエンディングで本が増えるのが楽しみだったりします。

全13件中 1 - 10件を表示

かえるの絵本 ~なくした記憶を求めて~に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする