ファイナルファンタジーIX

  • スクウェア (2000年7月7日発売)
  • PlayStation
3.95
  • (687)
  • (288)
  • (751)
  • (11)
  • (2)
本棚登録 : 2599
レビュー : 363
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4961012007004

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しばらく何もしたくなくなるぐらい良かった...。ここがいやだった!っていうポイントが全く何も浮かばない。ラスダンでセーブポイントが謎に隠されていたのが不思議だったくらい。下手くそにも優しいセーブポイントの数々やラスボスとの戦闘までの道のりもFF5みたいに順を追って戦闘していくスタイル!セーブポイントもめちゃくちゃ多いしラスボス目前でワールドマップにも戻れる!(disc4からいける範囲は狭くなっちゃうけど)
    カードゲームはFF8ほどハマらなかった。
    装備を買ってセットする!これだけでわたしはめちゃくちゃテンションが上がるタイプなのでなおかつアビリティも覚えていく達成感があって凄く好きでした*
    シナリオも泣きっぱなしで終盤目が腫れてたくらい。最後の最後までよかった...ほんとうにすごくよかった。エンドロールで最初から振り返っていってのあの〆も最高(;;)
    キャラはブランクがめちゃくちゃ好きで。サラマンダーも落とし穴に落ちてたり指名手配されるまでの経緯もかわいかったりで好き。FF9はクジャもガーランドも敵までみんな好き。クジャの最後すごくよかった...。美しすぎる。ジタンももちろんかっこよくてだいすき。クイナもかわいいし何よりモーグリがかわいすぎてなんでこんなにかわいいの!?ってマダイン・サリに通いつめてはかわいすぎて笑ってました。もふもふ...。このゲーム、双子の不気味な魔術師以外はほんとうにみんな好き。ブラネさまもいい人だったと思う...。ダガーもビビもエーコもラニちゃんもベアトさまもかわいい。パーティはジタン・スタイナー・サラマンダー・ダガー(orビビ)で固定してました*+°
    ムービー(特にバハムートの侵攻シーン)も映画みたいな演出で、きれいで感動...。
    後が怖いけどw今のところFFシリーズで一番大好きな作品になりました。(Ⅵを超えた...)

  • 自分の知る限り最高のゲーム。ある意味ではゲーム以上のもの。
    戦闘やミニゲームなども面白いが、やはり一番はストーリーでしょう。

    いや、それらをすべてひっくるめた世界観?とにかく素晴らしい。あの世界に自分も住みたいと思える本当に素敵な世界観だ。

    主人公のジタンの前向きで心強い言葉の数々。でもそんなジタンにも弱いところはあって、それを支えてくれる仲間の存在。人は助け合いながら生きていかなきゃ意味がないんだよね。そういうことを教えてくれる作品。

    生と死、孤独、心の闇、仲間の存在、覚悟。
    本当にいろいろ考えさせ、教えてくれる。

    ファンタジー色の強い世界観が、これらの重いテーマを軽くしてくれる。でもやはり深い。深すぎる。そこがまたいい。

    エンディングを観終わったときは1つの壮大な映画を見終った気分。まさに演劇的。そして屈指の感涙エンディングだと思う。

    クリスタルとかは確かにとってつけたようではあるが、それを吹き飛ばすくらいの魅力がこのゲームにはある。登場人物みんな大好き。この世界を作ってくれてありがとうスクウェア。

    自分の大切な人にぜひやってもらいたいゲーム。

  • ここまでどっぷりと浸かったゲームはこれ以前も、これまでも無いだろうな、と思わせる程一番好きなファイナルファンタジーです。

    発売前の毎週の情報で一喜一憂して。
    攻略本が当初は出ないと言うことで、ネットで情報を交換しあって(チャットとかで)何十時間もプレーしたなぁ。

    最初のタイトルのムービー。
    最後のエンディングのムービー。
    思い返すと、またやりたくなってしまいます。

  • おとぎ話のようで優しい世界観。

  • 「誰かを助けるのに理由がいるかい」
    かっこいい主人公とはジタンのこと

  • switchのDL版。

  • PS4版で再プレイ

    この作品の影の主人公はビビである。
    ビビや黒のワルツ1号~3号を始めとする黒魔道士たちを製造し、操っていたのはクジャ。しかし、皮肉にもクジャは黒魔道士たちと同じような存在だった。クジャもガーランドによって作られた存在(ジェノム)だった。しかも、その命はあと僅か。そのことを知ったクジャは暴走する。

    人間ではないものが人間としての心をもったらどうなるか。近年話題のAIにも通じるテーマ(具体的なゲームタイトルだと『デトロイト』など)。本作の場合は、自分が人間だと思っていたが、実はそうではなかったというパターン。

    《クイズ》
    問1 ビビとクジャの共通点は何か。

    問2 インビンジブルの目により、逆に攻められアレクサンドリア女王ブラネ女王を攻撃した召喚獣は何か。

    問3  4つの祠に出て来るボスキャラで、その後ラスダンでも出て来るボスキャラ4体の名は。 
     マリリス、ティアマット、くらーけん 土のガーディアン(りっち?)
     原点回帰らしくてよかった。

  • 結構ハマったFFシリーズ9作目。
    これも人によっては受け付けなかった模様…まぁいろいろ難しいよね。

  • 4度目のクリア。クイナの姿に一目惚れして初めてプレイしたFF作品。愚直なまでに前を向くキャラに励まされた。カード集めに至るまでコンプしたのもこの作品だけ。

  • 命をテーマにした王道RPG。

    ストーリーがよく出来ており、音楽の盛り上げも良かったです。システムはシンプルですが、非常に遊びの幅が広く、サブイベントや寄り道も多くて楽しめました。それから新要素としてATEが追加され、物語に深みを持たせるのに貢献。ラスボスは蛇足な感じもしましたが他は大満足な作品。

全363件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ファイナルファンタジーIXを本棚に登録しているひと

ツイートする