ダーティハリー2 [DVD]

監督 : テッド・ポスト 
出演 : クリント・イーストウッド  ハル・ホルブロック  デビッド・ソール 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2001年11月23日発売)
3.43
  • (3)
  • (9)
  • (8)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 36
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135534019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 44マグナムをぶっぱなしまくる様がメインだった一作目とは違い、犯人の殺し方がすごかった。
    壁越しにマグナムぶちこんで撃ち殺したり、銃がない時には鬼の形相でぶん殴って息の根止めたり、カーチェイスで追ってきたバイクにUターンして向かっていって思いっきり撥ね飛ばしたり。
    殺し方はもちろん、それをわかりやすく躊躇なく映像にしてしまっていることに、驚愕を通り越して大笑いした。
    話としては一作目の方が好き。映画としてはこちらの方が楽しめた。

  • ムービープラスで。公開当時に見て以来の視聴だった。悪を粛正する必殺集団の「身の程」知らずの行動に立ち向かうハリー。今回見て、音楽のラロ・シフリン全開ぶりに気づいた。

  • OP。マグナムを持った手。動かない。しかし静止画ではない。ゆらゆら、ぷるぷる、動いている。やがてなにか喋りだす。
    「こいつはマグナム云々。脳天は吹き飛ぶぜ。試してみるかね」
    スガーン!!
    これだけで駄目な続編だとわかった。
    意味のわからぬエロ場面も。
    そしてやたらと銃器マニア狙いの場面が頻発。これもよくない。
    しかし最後まで見てみれば、意想外にまとまりがある。
    これはあれだ、前作があまりに良すぎたためだ。
    常に孤独に行動する前作が、やはりよかった。

  • 相変わらず荒んでる。
    アウトローながら信念を貫くキャラハン刑事がかっこいい。

  • クリンスト・イーストウッドの代表作、何故か観てなくて、ようやく鑑賞(2から)。
    はみ出し者、はぐれデカのはしりになった作品だけれども、昨今の刑事映画にありがちなコメディタッチな掛け合いや展開は皆無。なのにエンターテイメントとしてぐいぐい引き込む手腕は見事。

  • やはりカッコイイ。

    しかし、彼は無茶をしすぎます。
    白バイおもいくそ轢くし。
    素手でいくらでも人殺すし。

    でも、きちんと
    「ダーティーハリーシンドローム」を
    片付けたのかもしれない。

    彼が、
    「俺は法律を守る」
    って言ったときは笑ったけどね。

  • 白バイ警官との駆け引き、射撃のコンテスト、ハリーのバイクなかなか絵になる。

  • 44マグナム vs 357マグナム

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする