Simple Things

アーティスト : Zero 7 
  • Palm Pictures (Audio (2001年11月13日発売)
3.52
  • (5)
  • (3)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0768466233232

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シンプルで気持ちがよい。

  • クラブ・ジャズっていうか、打ち込み上手って感じ。

  • Destiny//Zero7

    「Zero7」はレディオヘッドやレニー・クラヴィッツなどのリミックスを手掛けてきたロンドン出身の2人組プロデューサー・ユニットです。

    このアルバムは発売当時から評価が高く、ジャスティン・ティンバーレイクやネプチューンズといったオシャレ系ミュージシャンが絶賛したことでさらに話題を呼び、UKではプラチナ・セールスを獲得、2002年のイギリスの音楽アワードを総ナメにした話題作なんですよ(笑)

    彼らの音楽は、ジャンル的に言うと「チルアウト (chillout)」もしくは「ラウンジ (lounge)」と呼ばれるもの。

    クラブでガンガン踊って疲れた時に、ラウンジに行ってチルアウトする(熱を冷ます)時に聴く音楽っつう意味で、エレクトロニカでありながらも、ダウンテンポで静かな曲調が特徴です。

    昔でいう「Acid Jazz」に近いでしょうか?

    さらに「Zero7」の特徴としては、ゲストボーカルを使った歌モノが多いところですね。

    しかも歌声には一切エフェクトを掛けないレコーディングで、心地よいアコースティック感を残してくれます。

    特に女性シンガー・Sophie Barkerの声は実に美麗。

    彼女はこのアルバムでのパフォーマンスが評判を呼び、後にソロアルバムをリリースしています。

    メランコリックでどこかしら日本情緒さえも感じさせる、珍しいエレクトロニカです。

    アンビエントなメロが美しく、特にオーストラリアのディーバ、シアのボーカルが魅力的な「Destiny」、
    この曲「Destiny」は、サーフィン映画「BLUE CRUSH」のサントラにも入っています(笑)

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする