チアーズ! [DVD]

監督 : ペイトン・リード 
出演 : キルステン・ダンスト  ジェシー・ブラッドフォード  エリーザ・チュシュク  ガブリエル・ユニオン 
  • 東宝 (2002年2月21日発売)
3.65
  • (65)
  • (99)
  • (158)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 470
レビュー : 100
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104014542

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全国大会優勝を目指して奮闘する高校のチアリーディング部を描いた青春映画。
    結構楽しめました。深刻なシーンもなく軽い気持ちで見れます。
    無駄に長い映画はあまり好きではないので100分という短さが良かったです。

  • トロスもクローバーズもかっこいい。最後のSecond Place, Hell Yeahというセリフが好き。

  • 「glee」とか「ピッチ・パーフェクト」なんかを見慣れていると既視感ありすぎなんですけど、こちらが元祖なんでしょう。

    この手の映画って、だいたい「落ちこぼれ集団の快進撃」になることが多いと思うのですが、本作はエリートの強豪チームであったり、そのかわり彼女たちが応援するアメフト部がからっきし弱かったりと、ちょっと変わった設定になっています。あとアメリカのチアリーディング部には男子もいるんですね。文字通りの「縁の下の力持ち」としてなくてはならないメンバーなのですが、マッチョなアメフト部の男子にからかわれたりします(おまけにゲイ)。このあたりのマイノリティへの目配りは、「glee」にしっかり引き継がれたわけなんですね。

    とかなんとか言いながら、この映画の魅力のほとんどはキルステン・ダンストの可愛さに負っているんですけどね!

  • 原題:BRING IT ON (2000年)

    ダイエットのモチベUPの為に…と先日「チア☆ダン」を観たのだけど、面白かったけどスタイルが良いわけでもアクロバティックな動きをするわけでもないので(チアダンスはアクロバティックな動きをしないとその映画で知った)コレを観てみた。
    スタイル良い人が沢山出てるからモチベUPにはなったんだけど、それ以上にダンスで魅せられた。
    クローヴァーズのダンス凄いなぁと思いつつ、でもどーせ主人公チームが優勝なんでしょと思ったら違った(笑)
    内容はちょっと下品な部分もあったけど…
    主人公、スパイダーマンのヒロイン役の人だったけど、この人私から見ると美人じゃない(むしろ…)なのに主役級の役多いなぁと。
    それに比べ、トゥルーコーリングの女優さん、綺麗だなぁと思うんだけど全然見かけない…。
    何でだろ?次回作も観たい。
    クローヴァーズの人達、女優さんなんだろうかとググったら、クローヴァーズのチーム内の一人が事故で亡くなられてたって知ってショック…

    “ここ数年ランチョ・カルネ高校のチアリーディング・チーム「トロス」は全国大会で優勝していた。そのチームの新キャプテンに抜擢されたトアは、今年も優勝をと張り切る。チームの一員が練習中に怪我をしたため、新メンバーのためにオーディションを行う。なかなかいい人材が現れなかったが、転校生ミッシーが器械体操の技を披露してメンバーに迎え入れられることとなる。しかし、ミッシーはトロスの演技が盗作なのではないかと指摘。トアはショックを受けるが、前キャプテンが貧しい地域にある高校の演技を毎回盗んでいたことがわかる。トアはなんとか大会までにオリジナルの演技を完成させようとする。”

  • 踊りのお手本にしてる

  • 生まれ変わったらこんな女の子になりたい、絶対。

  • まーふつーのチアリーディングの話。

  • 多少ネタばれするかもしれません
    見てない人は見ないでください

    これ好き
    最高にいい映画だと思う
    キルスティンの長所がすっごい出てて面白い
    ラスト優勝じゃなかったところも
    すっごく交換が持ててよかった。
    今まで見た映画で5本の指に入るくらい好きかも
    キルスティン好きにはたまらないです

  • 王道の青春ストーリーって感じで好き。

  • 請求記号:778/Tia/D
    MLC置き

全100件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする