トゥルー・ロマンス [DVD]

監督 : トニー・スコット 
出演 : クリスチャン・スレイター  パトリシア・アークエット  デニス・ホッパー  バル・キルマー  ゲイリー・オールドマン 
  • 東芝デジタルフロンティア (2002年9月27日発売)
3.82
  • (99)
  • (102)
  • (120)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 534
レビュー : 95
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4900950215102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タランティーノはどの映画でも会話にドーンと観客を引き込ませる印象的なシーンを作り出す。マフィアと主人公父親との会話シーンは何回見てもゾクゾクする。
    ひたすらStonerのブラッドピット好き。

  • デニスホッパーの代表作って言ったらイージーライダーになっちゃうんだろうけど、私の一番は断然「トゥルーロマンス」です。

    クリスチャン・スレーターもパトリシア・アークエットも、この頃が一番きゅんとくる。
    台詞でも訳と同じで「so..romantic..」ってヒロインのアラバマが言っててもうちょうかわいい。

    当初の予定では2人とも死ぬはずだったんだね。
    でもこの結末が好き。
    あのラストシーンを入れてくれてありがとう!!!

    妄想が突っ走った先に、こんなハッピーエンドが欲しいよね。

  • BSプレミアム録画>昔々観た事あったけど、内容全く憶えてなかったので再見。今見ると凄い豪華俳優陣がぞろり☆
    (ドレッドヘアのクズ売人;G.オールドマンw 即フラグのS.L.ジャクソンw 友人同居人のジャンキー・ブラピww;何だか佇まいがとても◎!)
    タラちゃん脚本・トニスコ監督作品。やっぱりタラ節を良く感じますww意味のあるような、ないようなダラダラ長台詞とか、サニー千葉が好きな映画センスとかww
    ヒロインのパトリシア・アークエットの原色まぶしい鮮やかなエロ可愛い衣装が何とも言えない♪♪とても彼女のキャラ(アラバマ)と相まって可愛かった。
    でも私の中で最高な場面はデニス・ホッパー(パパ警官)とウォーケンさんとのやり取りが最高(≧▽≦)☆!!シシリーには黒人の血が混じってる件wwその後のマフィアのウォーケンさんめちゃ怖かったけど最高☆!
    まぁ~ラストの三つ巴も圧巻☆
    ラスト2人が生き残るのは何だかなぁ……大量の麻薬→大金くすねといて、のうのうと生きてるのには私的にはモヤモヤ…いっそ派手に死んでくれた(ノワール;所詮この2人もクズみたいなもんだしw)方がスッキリして◎だったかも(^^;)。。
    まぁ面白かったですよww

  • とにかく、端役が豪華。ゲイリー・オールドマンが汚らしいポン引き役でかっこいい。サミュエル・L・ジャクソンは気づかないぐらいの出演。バル・キルマーはエルビス役で顔がちゃんと映らない。クリストファー・ウォーケンはクールなシシリアン役、デニス・ホッパーが警官だと『悪魔のいけにえ2』を思い浮かべるけれどこっちはいいお父さん。ただし昔は酒浸りだった設定で現実とかぶるけど。ブラッド・ピットはこのチョイ役を楽しんでやってそうだ。
    ラストがトニー・スコット監督の意向で変わってしまったそうで、ちょっとタランティーノ節が弱くなっているようにも思えるけれど、細かいところでは相変わらず。サニー千葉ラブだったり、ドレクセルの所に乗り込んでいく時がまるで『タクシードライバー』だったり、ヤクザやマフィア映画を意識してそうで羽根が舞うシーンはジョン・ウーの鳩みたいで美しい。

  • いやぁ、何年ぶりの鑑賞だろうか。

    ビビッドな印象と、
    カメラワークの妙が美しく、
    台詞の巧妙さはタランティーノ節ですな。

    デニス・ホッパーの最期が好き。
    アドリブってのにびっくり。
    そして、ブラッド・ピットのクズっぷりw

    暴力シーンはポップなのだが、
    なんだか騒がしいのよね。
    この意味のない突き抜け方が、
    この作品の魅力なのでしょうけれど。

    ちなみに、ラストはタランティーノ原案通りにして欲しかった。

  • 傑作。脚本タランティーノ、監督トニースコットという夢の組み合わせは見事に化学反応を起こし、豪華俳優陣達がそれを支える。
    後に大ヒットするトレインスポッティングやスナッチの原型を観ているようなテンポの良い群像劇は非常に見応えがあった。
    ラストシーンは10分前くらいから、あれ?これまさかエネミーオブアメリカと同じ…なんて思わなくも無いが、思ったとしてもトニースコット先輩の早逝を惜しみたくなる良作である。

  • 楽しかったけれども、やっぱりエンディングはつまらない。

  • 荷物を取りにいったはずが、アラバマのヒモ男ドレクセルを射殺してしまい、血だらけで戻ってきたクラレンス。その姿を見て動揺し、泣き出すアラバマに「何で泣くんだよ!奴に惚れてたのか!?」と責めるクラレンス。「殺すなんて・・殺すなんて・・・なんて、ロマンティックなの!」とアラバマ。

    これは夢を捨てきれない、大人になりきれない男性が共感する映画かも。たぶん女性は現実的だから、さほどイケメンでもお金持ちでもないヒーローと、コールガールというヒロイン設定も相まって「はぁ?ばっかじゃないの?なんか、きも〜!ちょっと、うざいんですけどぉ〜」とかってなりそうort

    トニー・スコット監督、クエンティン・タランティーノ脚本、主演がクリスチャン・スレーターとパトリシア・アーケット。共演はデニス・ホッパー、クリストファー・ウォーケン、ゲイリー・オールドマン、クリストファー・ペン。その他、ちょい役でブラッド・ピット、サミュエル・L・ジャクソン、そしてプレスリー役のヴァル・キルマーに至っては、ほとんど声だけという、なんとも贅沢なキャスティング。

    でも、日本では廃盤ort

  • タランティーノ脚本処女作とのことで
    いきなりエルビスの話をダラダラとか
    ソニー千葉のカンフー映画とか
    映画を観たあとにカンフーごっことか
    やっぱりタランティーノだわー
    カンフー映画を誘ってドン引きされるあたりは
    タクシードライバーっぽいけどね

    クラレンスが自分の職場のビデオ店で映画の話しをする
    (この設定はタランティーノ自身ぽい)
    それを見つめるアラバマの視線が
    もうもうもうもう本当に恋する視線で可愛い

    セックスした後にベッドに腰掛け手を繋ぐ二人なんて
    のたうちまわりそうになったほど素敵だったし

    このアラバマがキュート
    元彼を殺したクラレンスに「ロマンチックだわ」なんて言ってみたり
    私は100%尽くす女なのと言ってみたり
    ファッションも絶対に真似できないけど可愛い

    追ってきたマフィアを最終的には殺してしまうアラバマ
    男に殴られようが負けないアラバマ
    私の中ではこのシーンが一番でした

    もしこの映画をタランティーノが監督をしていたら
    デニス・ホッパーはもっと酷い死に方をしていたんだろうな

    全体的に流れるポップな曲が
    本当によくこの映画に合っていて
    観終わったばかりなのにまたすぐに観たくなるほど
    とても余韻が良かった


    【トゥルー・ロマンス 予告編】
    http://www.youtube.com/watch?v=JJBpTxK_xnU

  • 公開当時新聞の映画評でけっこういい評価だった記憶。ブラッド・ピットが出ているというのは知っていたがほんの少しだった。 趣味じゃない内容だった。だめだこういうの。人が死にすぎる。半分位で耐えられなくなって後半早送りでなんとか見た。

    1993公開アメリカ
    2018.5.18BSプレミアム

全95件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

トゥルー・ロマンス [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする