銀河鉄道の夜 [DVD]

出演 : 田中真弓  坂本千夏  納谷悟朗  一城みゆ希 
制作 : 宮澤賢治 
  • アスミック (2002年3月22日発売)
4.22
  • (286)
  • (79)
  • (146)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 870
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126201012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何で猫?と思った。
    しかし、観てみると、猫でなければ表現が出来なかった様に感じる。

    棒読みの台詞。表情の変化の乏しさと動きの少なさ。意図的な"間"の多い画面。
    登場人物達が何を考えているのか、何を感じているのか、といった説明をばっさり省き淡々と展開する物語と、内容を代弁するかの様に響く音楽。
    視聴者に何かを感じてもらうという目的を持って描かれた作品なのだろう、と思いました。
    その印象は、原作を読んだ時と同じ。

    そう考えると、彼等が猫である事が、この作品がこんなにも何かを感じる事が出来る作品である所以ではないかと。

    何かを感じる、と曖昧に書きましたが、ずばっと一言で「私はこう思いました」と断言できる作品ではないのです。
    同じシーンでも見る度に感じる事がちがう。
    画面と音楽に圧倒されて過ぎていく事もあれば、訳も分からず涙がでる事もある。
    ただ楽しいだけではないし、ただ哀しいだけでもない。心温まるとも言い切れないけれど、儚いとも言い切れない。
    その、説明しきれない複雑な感覚が、日々の生活やその積み重ねの人生と重なっている印象を受けるから、何度も見返してしまうのかも知れない。

    次に見返したときに、自分がどんな事を感じるか、という事が興味深くて、ちょっと楽しみになる作品です。

  • 本ももちろんすばらしい。
    そしてこのアニメ版銀河鉄道の夜もすごくいいです。

  • ジョバンニとカンパネルラ。
    しずかにしずかに
    メッセージ。

  • 原作は読んだことないけど、
    宮沢賢治の世界観がよくよく表現されてると思います!音も絵も。

    これ劇場で見てみたかったなぁ。
    一つ一つの効果音がずっしり響いてきて、あの景色やらを大画面で見たいです。

    ストーリーは静かで淡々としているけど、緊張感のあるような…胸が終始ざわざわするような感じ。
    引き込まれる。

  • 何故か登場人物が猫なんだけど、賢治の書きたかったであろう
    心象風景が美しく描かれていて、本当にオススメ
    細野さんの音楽もぐーんと映画の中に惹き込んでくれる

  • 「僕はもうあの蠍のように本当にみんなの幸せのためならば
    僕の身体なんか100ぺん灼かれてもかまわない」

  • 現代のテレビには語ることのできない孤独な詩情。

    原作を知る者も知らぬ者も、この作品のジョバンニやカムパネルラにはまず違和感を覚えるのではないだろうか。
    現代アニメにおいて顕著なマンガ的表情表現(ちびまる子ちゃんの「…タラー」や、ラブコメ等で鼻の頭に斜線////が入ることで照れや恥じらいを表すというような、超現実的な表現)を一切排し、かといって表情の変化を繊細に描こうともせず、キャラはほとんど無表情といってもいい。
    主人公がイヌであればもっと表情豊かな作品になったであろうし、ネコを単に動物キャラのひとつと考えていたなら、これほど神秘的で大胆なほど行間に執着した脚本も完成しなかったはずだ。漫画家ますむらひろしの偉大なる功績である。

    音楽を担当した細野晴臣の幻想的表現、観る者にそれと意識させず映画を体感させる心づかいは単なるアンビエント音楽以上に価値があるし、脚本家別役実のドラマ導入への退屈な30分間、および下車後(現実)への解放感といった配慮には舌を巻くほかない。

    子どもにこの映画を見せる場合、私はこの作品から自己犠牲や友愛の精神といった訓戒を得られるとは思わない。多くの大人と同様、「よく分からない」のが唯一の正解である。物語とは音楽の一種にちがいなく、その音をどう感じ、その音から何色を見つけることができるかなのではないか。
    さそり座が見える頃、真っ暗な部屋で何にも邪魔されることなく眠りを貪るように耳を澄ませて聞いてみたい。

  • サントラがほしい。

  • 心が折れると観たくなります。
    やさしいけど、とても悲しい物語。

  • 小学生の頃から定期的に見ている
    音楽がとても良いんですが、サントラ買うのがもったいないというか
    映画を見るときのお楽しみにしてしまっています

    細野晴臣だって知ったのは結構最近

全180件中 91 - 100件を表示
ツイートする