銀河鉄道の夜 [DVD]

出演 : 田中真弓  坂本千夏  納谷悟朗  一城みゆ希 
制作 : 宮澤賢治 
  • アスミック (2002年3月22日発売)
4.22
  • (286)
  • (79)
  • (146)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 870
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126201012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見たのは数えて3,4回目?
    昔から見ているので評価はできない、から星3つ。
    銀河や宇宙の表現の仕方が怖い、それでいて手を伸ばしたくなる途方も無い気持ちにさせる。
    「リンゴ」のりんごを渡しあうシーン、鳥を捕るシーン、観測所のシーン、印象的な場面が次々に展開されていくので心臓がもたない。耳に入る音楽とか、もう全部がマッチしていて空恐ろしくなる。
    ずっと口を開けて見てる。
    どうでもいいがなんかのシーンが記憶に残っているのに、そんなシーンなかった…。見逃したか?
    ちなみに原作の小説を読むと、この映画と宮澤賢治の作品がとても密接に感じます。例えるなら味が似ているといった感じ。同じ味じゃない。

  • 狙った訳じゃないんだけど、七夕に到着したんで速攻視聴。
    やっぱり不思議なお話だなぁと。

    この映画公開当時に映画館で観て、いまいちピンと来なかったんだけど、今はそれなりにわかる、気がする。

    しかし、かなり昔の作品なんだけど、意外と内容を覚えてたな。

  • 細野さんの音楽とノスタルジックな映像に切なくなります。大好き!

  • 主人に勧められて初めて見ました。怖い。グロテスクなシーンや暴力的なシーンは一切なく、それどころか絵画的で美しい世界なのに、怖い。これはある意味すごいことですね。演出の妙。うう、カムパネルラ…!!

  • 子どもの頃に観て、とても好きだった映画。なんとも言えない、不思議な世界が広がっている。一番印象に残っているのは、並んで座っていたはずのカムパネルラがいなくなったことに気づき、はっとするジョバンニの表情。驚き、怖さ、悲しみが入り混じったような、なんとも言えない表情だと思う。
    子どもの頃は、ジョバンニとカムパネルラの友情がテーマなんだと思っていた。あんな友達がいたらいいなと思っていた。大人になって改めて観て、これは生と死がテーマなんだと気づいた。銀河鉄道にしばしば現れる十字架。そして船の事故に遭った子どもたち。そして川に落ちてしまい、行方がわからなくなってしまったカムパネルラ。ずっと一緒に行くことはできない。いずれ離れ離れになってしまうけど、死後の世界ではみんなに会えるよ。銀河鉄道に乗って旅をするんだよ。そんなメッセージが込められているように思った。

  • タグにはいっていなかったけどコレはまず音楽がすばらしい!!
    細野晴臣さんの創ったこのアニメのサウンドトラックはいつか買おうとおもう。

    イラストの世界観と宮沢賢治の世界観を最大限に引き出しているすてきな音楽だとおもう

    小さい頃見たときは、不気味で、美しくて、かわいくて、素敵で、哀しくて、怖くて、何とも不思議が感情でみていたけど
    見れば見るほど泣けてくる映画。
    注意してみるとキャラクターのちょっとした表情の変化にぐっとくる!!!

    ジョバンニが「そうだよ!僕はどこまでも君と一緒だ!」の一言にカムパネルラがハッとし、さらに「僕たち一緒だね!」と無邪気にいうジョバンニ。驚いた表情をみせ瞳を潤ませるカムパネルラの表情の変化は泣かずにはいられない


    とてもいいアニメです

  • ものすごく宮沢賢治。

    小学六年生の夏休みにテレビで初見、衝撃を受けた。
    賢治に転ぶきっかけ。

  • 久しぶりにみた
    やっぱりいいわー

  • 小さいころから何度も見ては神秘的な気持ちになります。
    素敵な絵柄と静かな描写・・個人的に大好きな作品です。

  • この映画を知ったのはずいぶん昔で、まだ小さい頃にビデオで観たのが最初。
    それから姉や兄と一緒に何十回と観たかわからない。
    原作を知らないで映画から入ったから、細かいところがわからなかったので、物語の側面を憶測して話し合ったりした。
    あの家庭教師と子供たちが乗っていた船はタイタニック号なんじゃないかとか、途中で「アルビレオの観測所」のことを教えてくれた老婆は牛乳屋さんの老婆で、ジョバンニと会った後亡くなって列車に乗ったんじゃないかとか。
    そのあと原作を読んだけれども、タイタニック号かどうかはっきりしたことは書いてなかったし、あの老婆のことは触れられてなかった。でもこの綺麗な映画についてあれこれ皆で語り合ったのは楽しかったなあ。

    たくさんの乗客のなかでも、私はあの家庭教師の一行が一番好きです。

    「氷山にぶつかって、海が沈みましてね。私はこの子たちの家庭教師です」
    「この子たちのお父様が仕事で少し前に遠くに行かれたものだから、後から発ったのですよ」
    「…月の明かりはどこかぼんやりとありましが…霧が非常に深かったのです」

    「…お母さんが狂気のようにキスを送り、子どもたちだけの船に子どもを放してやって、お父さんが悲しいのをじっとこらえてそれを見つめているのをみているうちに、私はもうすっかり覚悟して、浮かべるだけ浮かぼうと、固まって、船が沈むのを待つことにしました」

    『何が幸せかわからないです。ほんとうに、それがどんなつらいことでも、皆、本当の幸いにたどりつく一足ずつですから』
    「ええ、そうですね。ただ、本当の幸いに至るために、色々な哀しみをみな、おぼしめしです」

    今ちゃんと思い出せるだけ家庭教師の台詞を書きだしたんですが、大分忘れています。
    彼らが最後天上に向かうシーンはすごく綺麗で宗教的です。このあたりの下りは原作の方でもジョバンニが印象的な台詞を残していました。

    この原作のますむらひろし版の漫画は実は前に古本屋で手に入れたので(昭和58年発行)、またそのレビューも書きたいです。

全180件中 61 - 70件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ほし よりこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする