銀河鉄道の夜 [DVD]

出演 : 田中真弓  坂本千夏  納谷悟朗  一城みゆ希 
制作 : 宮澤賢治 
  • アスミック (2002年3月22日発売)
4.22
  • (286)
  • (79)
  • (146)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 870
レビュー : 180
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988126201012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文句無しの5つ星。
    音楽と絵画みたいな映像が、
    見事に原作の雰囲気を捉えてる。
    子供の頃みて意味もわからず衝撃を受けて、
    大人になってまた見たいと思ってやっぱり衝撃を受けた。

  • 大好きな映画。
    台詞回しが印象的。宮沢賢治の原作に忠実なんだけど、実際に耳から聴くとこういう風なんだ。
    ドボルザークの新世界、サソリの話。
    台詞をところどころ一緒に口ずさみたくなる。歌のよう。

  • 最も影響を受けた映画。父が岩手県人だったので賢治は身近な作家でした。音楽を担当したYMOの細野氏のアンビエント音楽にもがっつりハマる。猫スキーなのもここかノンタンが原点←え。 1つの林檎をそっと分け合う場面も、狩人が捕まえた鷺は食べると甘い、とか、謝肉祭?の街の描写とか、天体を映す美しい模型、イギリス海岸での発掘調査、去っていくジョバンニの背中、「死」というテーマがあらゆるところに織り混ぜられているのは、子供の頃にはよくわからなかった。けれど、怖くて、暗くて、孤独で、真っ直ぐに死に向かって生きている事、もう戻ってはこない道のりを繰り返し見続けていた、と思います。見た後すごく気持ちがフラットになる。

  • たぶん私の原点。小学校低学年のころ、初めて公民館の映画会で観た。
    お菓子みたいになった鳥を食べたり、薄暗い車内に香る、真っ赤なまるい苹果(リンゴ)が手渡すたびに増えたり。新世界交響曲の流れる一面のトウモロコシ畑に、ゆったりと時を刻む宙に浮いた時計。
    初めから終わりまで薄暗く、そして静かに、いつも通りの道を辿って家へと帰っていく。牛乳の瓶を持って……。そういう、余韻の残る終わり方がたまらない。
    あの時なぜ、私はあそこまでこの映画に惹かれたのだろう。

    あれから十数年が経って、そして今でも時々観たくなる。
    心の深いところが飢え渇くような、満たされていくような、そんな不思議な感じ。小さいころに観て、意味が分からなくて、だけどなぜか懐かしくて、ずっと憶えていたこの感じ。私はあの時もこの作品を観て、確かに何かを感じていたんだな、と思った。

  • とうとう買ってしまった。
    どこか不気味な音楽と映像が、荘厳さにつながっている気がする。

  • カムパネルラを追いかけるジョバンニのシーンで涙腺決壊。別れの辛さが胸に迫る。

  • らっこの毛皮だよ

  • 静かに、けれど確実に世界へと手を差し伸べてくれる。じわりじわりと悲しさが広がる。いかないで、と泣いてしまいそうになった。余韻がすばらしい。

  • わたしの夢の世界のどこかに、この世界があるような気がする。

  • 幻想的で美しい生死の境の世界。
    重々しい音楽とジョバンニの悲しい顔が合わさって泣けてくる

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする