どんなものでも君にかないやしない 岡村靖幸トリビュート

アーティスト : オムニバス  朝日美穂  BLACK BOTTOM BRASS BAND with Tarzan Boys & Girls  くるり  HARCO  flex life  クラムボン  栗コーダーカルテット  イルリメ  ニーネ  直枝政広&ブラウンノーズ 
  • bounce records (2002年4月17日発売)
3.44
  • (9)
  • (8)
  • (42)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4997184000406

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 直枝さんファンとして、「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」に胸を突きぬかれた思い。
    こういう汗臭い、青臭いかんじ、過剰な感情を歌うの似合うなぁ、といつも思う。
    それと最後の「ステップUP↑」の直枝さんと朝日美穂さんのかけあいが素敵。
    朝日美穂さんの「だいすき」も女の子らしい甘いテイストだし。いいね。

    クラムボンは言わずもがな。あんな声で歌われたらきゅんとくるほかない。
    あと、HARCOのターザンボーイも好きー。

  • もう、くるりの「どうなっちゃんてんだよ」だけでおなかいっぱい。デザートに栗コーダーカルテットまでいただきます。

  • クラムボン目当てで聞いたら他のもすごくよかった。

  • ここまで“聴ける”トリビュート盤は珍しいんじゃないかと思う。特に朝日美穂の「だいすき」は素晴らし過ぎ。

  • うん、かないやしない。

  • あんまり期待してなかったけど、かなりいい。

  • いろんなタイプの若いミュージシャンのドリビュート。
    原曲もいいけど、こっちもかなり名作になっているものが多いです。

  • くるり、HARCO・・・わたしのすきな歌を歌うひとたちが、岡村靖幸をカバー!!
    聞く価値ありですっ★

  • 岡村靖幸をリアルタイムで通ってないので、(このまえ新しいの出たけど)これでまず、という感じで聞いた。とりあえず「カルアミルク」が聞きたくなる。くるりの「どぉなっちゃってんだよ」にびっくりした。あと「だいすき」のかわいさ。

  • くるりのどぉなっちゃってんだよしか聴いたことないけど、唖然とする完成っぷりだった。確か朝日美穂の呼びかけで出来たんじゃなかったっけ?

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中山昌亮(なかやま・まさあき)★漫画家。1966年生。北海道出身。1988年、アフタヌーン四季賞冬のコンテストに入賞後、90年にコミックモーニングルーキーリーグ1号の『いい人なんだけど……』にてデビュー。93年、週刊モーニングにてスタートした『オフィス北極星』(原作/真刈信二)がヒット。その後、月刊チャンピオンREDと週刊少年チャンピオンで連載した『不安の種』シリーズでホラー表現の新境地を切り開いた。他の代表作に『PS羅生門』(原作/矢島正雄)、『泣く侍』、『フラグマン』『書かずの753』(原作/相場英雄)、『ブラック・ジャック ~青き未来~』(原作/手塚治虫、脚本/山石日月)など。    友山ハルカ(ともやま・はるか)★漫画家。2015年、第30回シリウス新人賞で大賞受賞。2016年月刊少年シリウス「アンデッドガール・マーダーファルス」(原作/青崎有吾)で初連載。    青崎有吾(あおさき・ゆうご)★小説家/推理作家。“平成のエラリー・クイーン”の異名をとる、本格ミステリ界の若きエース! 代表作に『体育館の殺人』『図書館の殺人』『ノッキンオン・ロックドドア』など。

「2017年 『ネメシス #34』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする