トリック 2 超完全版 [DVD]

出演 : 仲間由紀恵  阿部寛  生瀬勝久  大島蓉子  野際陽子 
制作 : 蒔田光治  太田愛 
  • ジェネオン エンタテインメント (2002年6月21日発売)
3.99
  • (67)
  • (31)
  • (66)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 269
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102738617

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「2」も面白〜い。コンビの息も合ってますね。生まれ故郷が絡むエピソードもちゃんとありましたね。これは大事って、思っています。

  • トリックハマった

  • すごくハマって観てる訳ではないけど
    続きが気になって観てしまう。

    最終話は手塚とおるの鼻毛が気になって仕方なくて
    内容が入ってこなかった。
    毛が伸びることについて解明されなかったことにもやもや…

  • dTVにて。六つ墓村、100%当たる占い師、サイ・トレイラー、天罰を下す子、妖術使いの森。個人的にはシリーズ1作目の方が面白かった気がした。2作目は山田と上田が別々に行動していたり、上田が活躍していたりで、それはそれで面白かったけどつい1作目ベースで考えてしまうからかな。ちょっと物足りなさを感じたりもした。トリックも案外拍子抜けみたいなところもあった。でも観たいと思うのはキャストの良さだと思う。

  • ▼トリック2-1/六つ墓村

    【あらすじ】
    毎年1/11になると落ち武者の呪いで必ず誰かが死ぬという六つ墓村に、上田山田はやって来る。村の旅館・水上荘には県会議員の亀岡、推理作家の栗栖と助手・藤野がいた。11日に日付が変わった深夜、栗栖の携帯に呪いの着信音が流れ、その後心臓麻痺で死ぬ。

    【謎】
    1)頭に思い浮かべた数字を足したり引いたりした数字が、封書で送られてきた紙に書いてある
    2)背中わらしが出るという倉庫で、山田が首を絞められる
    3)栗栖の携帯に入れた覚えのない着信音が鳴り、上田が出入口を見張る室内で死
    4)藤野の携帯に入れた覚えのない着信音が鳴り、皆が見守る中、苦しみ水を飲んで死
    5)台所に番頭を脅す手紙が貼られ、弓道場で番頭が気絶状態で発見される
    6)秘書がきったカードの中から、亀岡が選んだカードを山田が当てる
    7)栗栖の死んだ部屋で夜中に誰もいないのに山田が首を絞められ、屏風絵内の落ち武者の数が減る
    8)外から部屋に落ち武者の影が近づいてくるが、山田が戸を開けると誰もいない
    9)掛け軸の落ち武者の目から血の涙が流れる

    【トリック】
    一連の事件の犯人は、5年前六つ墓村レジャー計画中、資金を着服し、罪を秘書になすり付け殺した亀岡であることを踏まえつつ、
    ---
    1)思い浮かべた数字をXとして、言われた通り計算すると、(2X+10)/2-X=X+5-X=5、で必ず5になる。
    2)2酸化炭素ガスを倉庫に入れると、酸素が薄くなり首を絞められたように感じた。
    3)藤野が栗栖をこらしめるため、栗栖の携帯の着信音をこっそり切り、着信音テープを流しながら電話をかけた。臆病な栗栖はガスで苦しくなり(2参照)、落ち武者の屏風(7参照)や落ち武者の影(8参照)を見て心臓麻痺を起こした(のだと思うが特に語られず)
    4)亀岡に脅されテープを取られた藤野が、落ち武者に怯えたふりをして、亀岡に毒入り水を飲ませられた。
    5)番頭が「お食事券のことは存じてます。お連れの方がお取りになった」と言ったのを、「汚職事件のことは存じてます。お連れの方が囮になった」と聞き違えた亀岡が、番頭を脅した。
    6)亀岡は村に来る前に、山田の母から匂い袋をもらっていた。その香りは強く、カードに匂いが付いていた。匂いは4のテープにも付いており、亀岡を犯人とする決め手になった。
    7)首締めについては2参照、落ち武者屏風はからくりがあり、絵柄が左右にずれることで数が増減する。操作は亀岡・秘書・水上荘の主人のいずれか。
    8)外からの影は、光源が外にある場合、影が映る場所から離れるほど影が大きくなる。
    9)掛け軸の落ち武者の目の裏に赤い蝋が付けてあり、倉庫内のガラス瓶の位置と窓の位置加減が、丁度1/11頃に日光が集中して目に当たるようになっている。裏には汚職の証拠になる証書が置かれてあり、それを隠すために秘書(殺された方)が掛け軸をかけた。

    ---
    あまりトリックらしいトリックはなく、番頭さんの過去の悲恋と並行したストーリー重視の回かな、と思いました。
    -----------------------------------------------
    ▼トリック2-2/100%当たる占い師

    【あらすじ】
    100%当たる女占い師。その教えに背いた者に死が訪れるという苦情が警察に→矢部は上田に調査を依頼→上田は山田に…で弱みを握られた山田は渋々占い師の元へ行く→「帰り道の石段を登ると大切なものが無くなる」と言われ、石段を登ってから上田が行方不明に。

    【謎】
    1)1週間前に路上撮影されたビデオで、占い師が「昨夜、演歌歌手の○○さんが心筋梗塞で重態」と発言、当たっている
    2)占い師の館周辺は以前より神隠しに会う子がおり、神隠しから戻ってくると村の長老しか知らないことを発言する
    3)直筆のメモを占い師に渡し、空の封筒を確認してから封→開けるとそのメモが入っている
    4)占い師を探りに来た瀧山が空き家に侵入→「『怨』『殺』『叫』と書かれた箱がある」と無線で聞いた直後に山田矢部が空き屋に入ったのに、瀧山は消えており『叫』の箱だけがなくなっている
    5)3個ある水の入ったコップに矢部が毒(実際は塩)を入れ、長部がコップの位置を1回移動→先に占い師が2個飲み干し、山田が毒入りではないとしたコップの水が塩味
    6)占い師の秘書が裏切り、逃げた先で姿が消える(血痕あり)→しばらく後に別の場所で体がねじれた状態で死体となって現れる
    7)3個ある水の入ったコップに5)と同じように今度は本当の毒を入れる→山田が毒入りでないコップを当てる

    【トリック】
    1)天気予報で大雪を予測していた占い師は本当は「大雪の影響で東名高速で渋滞」と言っていた。路上撮影なので占い師の前には往来の人が通るため、口元が隠れた『大雪の影響で東名』部分だけアテレコした。
    2)この地域には土地神様が祭られた岩があり、その隙間が山向こうまで通じている。偶然その抜け道を知った子供達は、長老が土地神様に祈った村の行事を聞いて、話していただけ。
    3)封筒が2重になっており元々白紙のメモは入っていた。封をしてから破るとメモが入っている方が開き、直筆メモとすり替えて出して見せた。
    4)『01』以降の数字の書かれた箱はあった。瀧山は『04』の箱を『叫』と見誤り、殺されて中にほり込まれた。
    5)元々水差しの中の水が塩水で、コップは3個とも塩水が入っていた。もしくは7)のトリックと同じ。
    6)秘書は長部の金を持ち逃げするために予め血痕跡を用意→逃げた先で2)の抜け道から逃げた。出口側で裏切りを知った占い師に殺され、ねじられた。ちなみに長部は婚約者を死に追いやった占い師と長部を怨んでおり、長部が金を持って逃げ自滅するようバッグをいつも手に持っていたのだった。
    7)毒入りコップは揺らすと泡が立つ。位置交換後、泡立っていたコップがなかったため、毒なしコップの位置が交換されたはず→元々中央にあったキズ入りコップの位置が右に移動しているので、右2個の位置が交換されたはず→左のコップが毒入りのはず。ということで中央を山田、右を長部が飲んだ→長部が苦しみだし勝ち誇った占い師が左のコップを飲んだ→しかしそれは長部の策略で、自分の手を汚さず復讐を遂げたのだった。
    ---

    長部役の伊藤俊人さんの演技がすばらしいです。特に終盤。惜しい人でした…。
    -----------------------------------------------
    ▼トリック2-3/サイ・トレーラー

    【あらすじ】
    3年前の人面タクシー失踪事件4人の被害者の内の1人恭子の婚約者・岡本が、婚約者の行方を捜すため、物の残留思念を辿るサイ・トレーリング能力を持つ男・深見の能力が本物かどうか鑑定を上田に依頼→深見のアカデミーに山田と訪れる。

    【謎】
    1)上田が拾った財布の持ち主を深見がサイ・トレーリングで見つける
    2)深見は4人の被害者が殺害されていると断定
    →恭子を除く3人の白骨死体をサイ・トレーリングで見つける
    3)岡本が恭子の乗る人面タクシーに遭遇
    →上田山田矢部一行も実際に自分らをすり抜ける人面タクシーに遭遇
    4)タクシー運転手は深見に思われたが、当夜彼は石原とインターホンで会話している
    5)恭子の叔父の家に恭子からと思われる手紙が!
    →岡本の仕業とトレーリングした深見は岡本のホテルを見つける
    →部屋に入った瞬間、岡本は転落死!自殺か?恭子の残留思念に引きずり込まれた?
    6)ますます怪しい深見だが、一行が家にいる間に死亡

    【トリック】
    一連の事件の犯人は、恭子の叔父であり、実は恭子の実父である深見が岡本と結託して起こした復讐劇であることを踏まえつつ、
    ---
    1)財布は岡本の顧客の物で岡本が盗み、サイ・トレーリング能力の真贋を確かめるために使うであろうことを予測してわざと上田に拾わせた。その後上田に捜査を依頼した。
    2)恭子のみの殺人では叔父に極刑を与えられないと感じた深見は、わざと叔父を泳がせ、岡本に叔父を尾行させ殺人現場を全て報告させた。
    3)岡本のタクシー話は虚言→一行は現場確認に行き、深見の運転するタクシーに遭遇→タクシーが迫る瞬間に発火装置で目くらましさせ、90度に曲がって去った。工事の警告灯の明かりも90度別の位置のものを点灯することで、タクシーがすり抜けたと思わせた。
    4)ドアベルが鳴ったときに音に反応するライトを付け、連動したテープの音声をインターホンに流した。このトリックは3年前に叔父が編集者に使ったトリックと同じ。上田山田にそのことを気づかせるためにわざとやった。
    5)岡本は恭子の偽手紙を叔父の家に届けた後、深見の予約したホテル3Fに匿われた。深見は岡本に「警察に怪しまれているから、いざとなったら窓から逃げろ」と忠告し、酒に混ぜて睡眠薬を飲ませる→眠った岡本をホテルの8Fの部屋に移動させる。一行が岡本の部屋に来た瞬間、薬の影響で朦朧となった岡本が窓から逃げようとして転落死。金に困っていた岡本は深見に協力して恭子の遺産を狙っていたが、娘を想う深見には許せなかった。
    6)叔父にサイ・トレーリングが本物であるように思わせるトリックで実際は死んでいない。脇にボールを挟んで脈が止まったように見せかけた。
    -----------------------------------------------
    ▼トリック2-4/天罰を下す子供

    トリック第4話並に後味が悪い、という評判を聞いたので観てみました。

    【あらすじ】
    頼めば誰でも天罰を下し殺すというハリー・ポッター。実際に依頼し従兄が死んだため、ある女子大生が上田に調査を依頼→上田は彼女の頼みでハリーに女子大生の天罰を頼む。一方山田はイカサマセミナーの内偵バイト。上田山田の2つの事件が別々に進行するが。

    【謎】
    1)上田がランダムに選んだ置物をハリーが当てる
    2)上田がランダムに選んだカード3枚のうち1枚を山田が当てる
    3)ベッドで寝ていたハリーがベッドごと消える
    4)上田が心に浮かべた数字をたどってカードをめくると『天罰』の文字が
    5)4枚の封筒のうち3枚は燃やし、選んだ1枚の中に必ず万札が入っている
    6)山田しかいない密室内でセミナー会長がナイフで刺され死んでいる
    7)上田と女子大生しかいない上田宅のカギが開いており天罰手紙が置かれる
    8)上田が心に浮かべた数字に誕生日を足したりかけたりして山田が当てる
    9)女子大生がカギのかかった上田宅で殴られたり毒をもられたりする
    10)ハリーの祖母が室内で消える

    【トリック】
    1)ハリーの母親が上田が選んだ置物を見ており、その母親の微妙な表情を読み取って当てた。
    2)上田が選んだ3枚を一旦封筒に入れ2枚出すが、その2枚は封筒に予め仕込んだもの。上田が選んだカードを聞いてから、そのカードを封筒から出す。
    3)10)手前にある柱(または箱の蓋)から、部屋の奥(または床)に向けて斜めになるように鏡を立てる。
    4)10枚のカードのうち8枚を輪に、2枚を輪に接するよう縦に並べる。3以上の数という指定でどの数字を選んでも、左右に回ると必ず同じカードを選ぶことになる(そこに文字を書いておく)
    5-1)どこに札があるか分かっている場合:4枚のうち2枚を選んでもらう→会長側か客側にある札が入っていない方の2枚を燃やす。残りの2枚のうち1枚選ぶ場合も同様。
    5-2)どこに札があるか分からない場合:4枚共に札を入れる。3万円分は燃えてなくなるが、インチキを見破られないための勉強料(ヒィ!)
    6)山田は捕われ中だったので見ていないが、会長とハリーの祖母が同席していた。祖母が会長を刺殺し、会員が死体を発見したどさくさにまぎれて逃げた(ところが山田のカメラに写っていた)。一連の天罰は(2件を除き)祖母が孫かわいさのため犯した事件だった。
    7)9)女子大生が上田に天罰を信じさせるため自演したもの。彼女が倒れる看板から上田を助けるタイミングが早すぎたこと、上田の天罰の対象が山田だったことから、上田は彼女を怪しいと気づく。従兄殺し・天罰代行人殺しは天罰事件を模倣した彼女が犯人。従兄が死ぬと、伯父の財産が自分に渡るのであった。
    8)どんな数字を思い浮かべても1回9をかけ(9の倍数)全ての桁を各々足すと必ず9になる。その上で思い浮かべた数字を足させた結果を聞き、9を引くと当たる。山田が瑣末な事象が全体の答えを見えにくくしていることの説明に使った手品。

    ---
    という訳で確かに後味は悪い。『トリック』は誰も救われない結末がたまにあってそこがちょっと怖い部分ですな。
    -----------------------------------------------
    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  • 制作年:2002年
    監 督:堤幸彦
    主 演:仲間由紀恵、阿部寛
    時 間:全11話
    音 声:日:ドルビーステレオ

  • 正直、見なくてもいいかなと。

    1期、3期と比べて手抜き感があり、あれれっ?ってなったりも。

    上田と奈緒子が別々の事件を捜査している内に…とか、上田が割と活躍していたり、1期からの変化と工夫が見られるけど、ネタ切れからの悪あがきに感じられた。

  • 山梨県六つ墓村の水上荘には、毎年1月11日に泊まると死ぬという部屋があった。旅館の主・田島松吉は超常現象の権威・上田次郎にその謎を解いて欲しいと依頼する。上田は貧乏マジシャンの山田奈緒子を助手として無理矢理同行させ、落ち武者伝説の残る六つ墓村に乗り込んでいくが…。自称天才マジシャンの山田奈緒子と、自称天才物理学者の上田次郎のコンビが様々な超常現象のトリックを暴いていく人気ミステリ・コメディの第二期シリーズ。出演は仲間由紀恵、阿部寛、生瀬勝久、野際陽子ほか。
    <Episode 1   六つ墓村>
    <Episode 2   時間の穴>
    <Episode 3   サイ・トレーラー>
    <Episode 4   針生の御告者>
    <Episode 5   来さ村の妖術使い>

  • 六つ墓村、100%当たる占い師、サイ・トレイラー、天罰を下す子、妖術使いの森。
    劇場版へと続くが、それで石原も見納めか。

  • 個人的には1よりも面白かった!コミカルな要素も多かったし、前よりも楽に観れた気がする。最近は2とかになったらキャストが一新してることが多いけど、TRICKに関してはキャストも同じっていうとこも良かった。

全45件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする