タイタス [DVD]

監督 : ジュリー・ティモア 
出演 : アンソニー・ホプキンス  ジェシカ・ラング  ジョナサン・リース・マイヤーズ  アラン・カミング 
制作 : ウィリアム・シェイクスピア 
  • アミューズ・ビデオ (2002年9月27日発売)
3.95
  • (12)
  • (18)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4900950229505

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 画が衝撃的
    ラヴィニアの義手のシーンが人生を変えたから一生忘れない映画

    イメージの力ってすごい、こわい。

  • 舞台出身のジュリー・テイモアが映画初監督で、シェイクスピアの戯曲『タイタス・アンドロニカス』を斬新な演出で描いた愛と復讐のドラマ。ローマ最高の戦士タイタスはゴート族との戦いに勝利し、女王タモラと3人の息子を人質に凱旋する。しかし、ローマでは亡き皇帝の長男サターナイアスと弟パシアナスが帝位継承を巡り争いを繰り広げている最中で、裁定を委ねられたタイタスはサターナイアスを皇帝に指名し、自分の娘を嫁がせようとするのだが……。

  • 物語の時代設定は古代なんですが、衣装やら小道具やら乗り物etcと現代的なモノが所々入ってます。この作品の雰囲気は独特で、舞台を見てる感じがします。(最後の方で観客が出てきますけど)長回しの台詞が多いのでそう感じるのかもしれませんが・・・。
    それにしても復讐に次ぐ復讐で・・・少しグロいです。

  • 何回も観たいと思う作品ではないが、一度観たら印象に残る作品。
    原作はシェークスピアの「タイタス・アンドロニカス」。

  • 残酷と美

  • 見てると眉間に皺が寄る・・体が強張る・・・
    でも見ちゃう・・・くやしいっ・・・

    的な作品。
    悔しいことに面白いんだこれが。
    シェイクスピア『タイタス・アンドロニカス』の映画版。
    この監督のジュリー・テイモアさんて方は舞台出身の人だそうで、確かにかなりアーティスティックで音を重視した演出が見られたなあ。

    ストーリーは、うーん、さくっとまとめるなら、
    「ローマの英雄タイタスは皇帝争いを、兄サタナイナスを推すことで収めるが、サタナイナスは暴君だった。タイタスに息子を殺され復讐に燃えるゴート族の女王タモラを妻とする。タモラは策略をめぐらせ、タイタスとその一族を陥れる。タイタスはその仕打ちに対して仕返し、みんな死ぬ」
    すごい雑!
    でも詳しく言うとほんと・・あの・・ぐろいんで
    舌とか両手とかミートパイとかほんと・・あの・・ぐろいんで

    何がすごいって、現代とローマをミックスしたような世界観。
    サタナイナスがテクノカットでバイクに乗る。
    顔は白塗りでマリリン・マンソンのようです。
    あとルーシャスの息子がどう見てもローマに迷い込んだ現代人の少年。
    最後になればなるほど物語に溶け込んでいくんだけれども。
    基本的にテクノ・パンク・グラムちっくな衣装や音楽が皇族側、16世紀っぽい衣装がタイタス側。

    血で血を洗うこの物語でグロくするなっていうほうが無理なんでしょう。
    実際、ストーリーにしてはグロくないほうだったと思いますよ。
    ラヴィニアの手なんかはね、「枯れた娘」をそう使うか、というような。
    そういう場面は直接的には映さない代わりに、ただ、狂気の描写については容赦がなかったですね。
    爆音の中で踊り狂う皇子×2とか。風呂で血文字を描くタイタスとか、あとミートパイね。くっちゃくっちゃ食うの勘弁してほしいね。
    封神演戯のトラウマちょっとよみがえったからね

    演技面について。
    タイタス役の人(アンソニー・ホプキンス)はすごいですね。
    何がすごいって、あの古臭い英語を完全に自分のものにして、飲み込んでから喋ってるのがすごい。
    タイタスそのものというか、この人以外に演れるのかっていう。タイタスという人間は結構性格的には破綻していると個人的には思うんですが、それを含めて人をひきつけてしまうカリスマ性をがんがん感じる。最後は狂気を装っているのか本当に狂っているのかまったくわからない。

    それからやっぱり欠かせないのはアーロンですか。
    黒人であることをものすごく強調している印象がありましたけど、それは原本でもそうなんですかね?
    最後まで憎たらしい悪役の台詞しか吐かないのに、なぜか悲哀を感じる演技が印象的でした。

    見てる間はずーっと凹んでるし、ラストはものすごい急だし、
    ところどころシュールな演出もあるけど、
    160分ある長い映画だとはとても思えないほどひきつけられます
    復讐はどこで終わらせるべきなのか?
    憎しみに駆られてかっとなってる人にまずこの映画を見せてやりたいね

  • 一回全部通して見たい。アンソニー・ホプキンス見たさに。やっぱり彼は演技がうまい。                 映像が美しい作品。その美しい映像でかなり中身がえぐい。救いがない。どうすんの、と思ってしまうが神殿に車で乗り付けたり、ナチぽい軍服着てたりとしゃれが利いてて私は好き。グロイのはうひーってなるので心臓弱い方は見ないほうがいいと思う作品です。

  • ブロードウェイミュージカル・ライオンキングの演出でトニー賞を受賞したジュリー・テイモアの、監督作品。

    原作はウィリアム・シェイクスピアの『タイタス アンドロニカス』。

    復讐が復讐を呼び、血で血を洗う。


    原作からして血なまぐさい話。

    テイモアが作り出す映像や情景の美しさが、更にそれを際立たせています。

    ライオンキングの明るいイメージを抱いたまま見るのはオススメしません。
    びっくりしちゃいますから!

    しかし、クオリティの高さは保証します。

  • 他の映画では観られない感じの独特の雰囲気と
    壮大な世界観で作り上げられる物語で
    見るものを虜にする素晴らしい映画です。

  • 見たことを後悔した。可哀想過ぎる。ひどすぎる。

全17件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする