Sea Change

アーティスト : Beck 
  • Geffen Records (2002年9月24日発売)
3.58
  • (22)
  • (27)
  • (71)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 0606949339326

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブルースやフォークが基調にありながら、どこかポストロック系の浮遊感を漂わせている。淡々とした美しいリリックスがよい。

  •  「One Foot In The Grave」「Mutations」に続くフォークという出自に立ち返った作品。アンチ・フォークというシーンから出てきた彼のフォークには、ノイズやパンク、ローファイといった音楽的要素も付随していた。しかし、ナイジェル・ゴドリッチを迎えたこの作品で音は洗練され、音響にも目配せがなされた。彼の失恋がこの物悲しい断絶や痛み、終焉を綴らせた・・・という話も当時は動機として信じていた。
     時間が経ち、色々音楽に触れた後に本作を聞くと、セルジュ・ゲンズブールとニック・ドレイクが踏まえられているんだなぁと。「Paper Tiger」は「Melody」のアンサンブル、音に近いし「Round the Bend」はBeck流「River Man」。要は、アメリカ・イギリスのフォーク、ブルーズとフレンチポップの2000年代的な解釈がこのアルバムなのだ、と今では思っている。彼が全曲書いた、セルジュの娘、シャルロット・ゲンズブールの「IRM」(2010)もこのレコードと地続き。「IRM」と「Sea Change」は「Histoire de Melody Nelson」を通じて互いに述懐しあう関係にもある。個人的には「Sunday Sun」「Little One」に毎回持っていかれてしまう。

  • 心に沁みる1枚。

    アコースティックギターを中心にしつつ、それだけじゃない奥深さも。

    なんか泣けます。

  • Beckを集めることにした。ユニオンだと安値で手に入る。Beckは最近の以外では、アルバム名や曲名をいくつか知っている程度だったので、わくわくする。
    最初はこれにした。タイトルとジャケットから、クールな感じのエレクトロニックだと勝手に推測していた(そもそもShe Changeだと思ってた)のだが、違った。
    サイケデリックてやつだ。アコースティックギターやストリングスを軸に構成されたクラシックなアルバムでありつつ、決して古臭くささを感じさせないところがBeckぽいのだろうか。かっこいい。Airのアコースティック版みたいな。
    好きな曲が多いが、今のところPaper Tigar、Lonsome Tears、End Of The Dayあたりがお気に入り。次はどれにしようか

  • 一曲目の大名曲で幕を開ける。
    ジョージのオールシングスマストパス路線というか。
    こういうアコースティックに広がりを感じさせる雰囲気は大好き。
    ウォームなドラムサウンドも素晴らしい。
    ジャケもとってもいい。
    01,03,07がお気に入り。

  • M1「the golden age」

  • シンプルなアコギアレンジで好きだけど、ちょっと途中飽きてくる感も、、

  • こういうBeckは好き。

  • この人にしては、やや印象薄め。

  • シャッフルでSea Changeの曲が流れると全編通して聴きたくなってシャッフルが止まります。

全19件中 1 - 10件を表示

Sea Changeのその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする