ターミネーター 3 プレミアム・エディション [DVD]

監督 : ジョナサン・モストウ 
出演 : アーノルド・シュワルツェネッガー 
  • ジェネオン エンタテインメント (2003年12月19日発売)
2.85
  • (10)
  • (34)
  • (152)
  • (57)
  • (19)
本棚登録 : 494
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102946319

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本作が面白くない理由は、他のシリーズ作品がなんで面白いのかを考えるとわかりやすい。

    ターミネーターシリーズの面白さは「構図の逆転」にあると思います。1作目は、守るためにやってきた男が実は守られる側にいたという話。2作目は、敵だったターミネーターが味方になる話。4作目は、守られていた男が守る側になる話。こうなると、2作めと全く同じ構図である本作は(T-1000が女になっただけ)「なくてよかった」と言わざるを得ないのですね。

    サル顔の主人公も冴えないし、敵も女ってだけでT-1000ほどのインパクトはないし。

    ただ、最後はちょっと驚いたかも。こうしないとシリーズがつながらないわけか。

    「ターミネーター」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B001EI5MD2

    「ターミネーター 2 」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B00006AUVQ

    「ターミネーター 4」
    http://booklog.jp/users/myjmnbr/archives/1/B001LF3QOA

  • かなり不評だった作品ですね。
    私も、イマイチでした。
    あまりにも1,2が面白すぎたので。

    でも女ターミネーターはかっこよかった。
    それだけが印象に残ってます(笑)

  • 2月にTV放映されたものを見ました。2003年の夏にアメリカ出張しているときに見たのですが、もちろん吹き替えも字幕もないので、わけわからんままに、アクションシーンだけ楽しんできました。今回やっとわかったことが多数ありました。
    AMAZONのレビューを見るとあまり好評ではないようです。たしかに前2作にくらべるといまいちに思います。ぼくが不満に思うのは、前作のT-100と今回のT-Xのしぐさが同じこと。ちょっと首をかしげた無表情さは前回は不気味さを感じましたが、今回は「同じや」としか思えませんでした。
    個人的には、初めてアメリカの映画館で見た、という思い入れもあるので、たとえばレンタルで見ても損したとは思いません。

  • 敵キャラのT-Xは魅力的だし、アクションも見ごたえがある。けっこう面白い映画だとは思うけど、酷評する人たちの気持ちも分からんでもない(前2作で語ったテーマと真逆のことやっちゃってんだもんな)

  • BS日テレ録画>昔見た事あるつもりでいたけど、全く記憶になかったので見てみたら…どうやら初かもしれない(^^ゞ。。
    う~~~ん。。前回の2に続き今度は女ターミネーターが登場。追う,追われ…と前回と同じ事の繰返し(焼き直しっぽい)なのであんまり記憶に残らないな、これ。
    美少年だったエディーと打って変わってジョン・コナーがなんだか小者感漂う残念な感じだし…。やっぱ2が1番良いかも^^。
    カーアクションはド派手で凄くて(CGと融合だろうけども)びっくりしたけどね(*_*)www

  • 金曜ロードショウにて。1、2を見た記憶はないですが、シリーズは有名なのでなんとなく分かる程度。最初から最後までアクションが派手で、それだけでも見応えがありました。CGが入っているとはいえ、何回も取り直しできないだろうにすごいなぁと思いました。

  • ハリウッド映画が 映画と言うものを
    エンターテイメントにするには、
    という 苦心の作である。
    シュワルツネッガーという 俳優がいて
    成り立っているのだと思う。

    サイボーグのイメージが大きく変わる。
    一番のすごさは 再生能力があると言うことかな。
    その技術が どう生まれたか
    というより、そういうイメージができたことを
    褒めるべきかな。
    不老長寿 という感じである。

    ターミネーターT-X クリスタナ・ローケン
    シャープな顔つきで、中世的な雰囲気。
    アーノルドシュワルツェネッガーは 顔がぼろぼろになっていくのだが
    ローケンは、再生する能力が強い。

    物語は 意外と単純。
    最後は 核シェルターに こもる というのが
    終末思想とのからみで、ノアの方舟的だね。

  •  大ヒットした『ターミネーター2』から12年の時を経てまさかの続編。

     2までで一つの作品として完結していたところを一大サーガとしてふくらましたのがこの3。さらなる続編やテレビドラマとなったし、2015年のジェネシスもこの3がなかったらなかっただろう。
     しかし、映画としては2に比べて大きくスケールダウン。様々なセルフパロディもなんだか安っぽい感じ。
     ただ、この映画のラストのネットワークに中心などなかったというのは深い。

  • 新起動を見るための復習として再視聴

  • 1や2に比べると商業的で残念だけど、観れなくはない。

全58件中 1 - 10件を表示

ターミネーター 3 プレミアム・エディション [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする