戦争の犬たち [DVD]

監督 : ジョン・アーヴィン 
出演 : クリストファー・ウォーケン  トム・ベレンジャー  コリン・ブレイクリー 
  • 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (2003年2月7日発売)
3.20
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142122827

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ☆7

    2002年 視聴

  • 瞳の奥に狂気!そんな表現を俳優さんに例えるのは不適切な表現なのかもしれないが、いろんな作品を見てきてそれにぴったりというか隣にいたら怖いだろうなぁ~と思う役者さんが!競演は「プラトーン」の軍曹役や「山猫は眠らない」シリーズのトーマス・ベケットを演じるトム・べレンジャー!彼もプラトーンの時など狂気を前面に出していたのだが、その彼でさえかすんでしまうのがクリストファー・ウォーケン!

    「スリーピー・ホロウ」も首無しの騎士役などは主演のジョニー・デップを完全に喰っていたし、本当に狂気と正気の境を演じさせたら彼に勝る俳優はないと思います。というよりも最近はウォーケンのような個性的な役者さんがいませんしね

    「戦場の犬たち」
    https://www.youtube.com/watch?v=iOm48Vinhv4

    原作はフレデリック・フォーサイスの1974年の作品を1980年に映画化。甲信国の資源を争う資産家に雇われた傭兵役なのだが、常に頭を働かせ肉体というよりも知的な戦争アクション!肉体的な部分はべレンジャーがいますからね~

    かなり昔の作品ですが、大好きな二人の競演となれば見逃すはずがありません。物足りなさは彼らの個性で補われるはずです

  • とても上質な傭兵アクション。
    クリストファー・ウォーケンがカッコ良すぎるので、
    トム・べレンジャーが出ていたことを最後まで気づかなかった(^-^;;;
    最近はこういうタッチの戦闘アクションものってないような。

    武力闘争が良いとか悪いとかおいておいて、この作品はよく出来ていて
    見ごたえあり。


    (H21.7 録)

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする