リービング・ラスベガス [DVD]

監督 : マイク・フィッギス 
出演 : ニコラス・ケイジ  エリザベス・シュー  ジュリアン・サンズ 
  • パイオニアLDC (2003年2月21日発売)
3.06
  • (4)
  • (7)
  • (14)
  • (7)
  • (3)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102877316

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友人のススメ
    こういう辛いものは私にはきつい

  • 最後まで頑張って観たが、共感する点が一つもなかった。

  • なぜか映画と全く接点のないことを思い出し涙が止まらなくなりました。なんだったんだ?!(ゆ)
    破滅的であり刹那的。でもその瞬間には確かに真実があった(ぶ)

  • 1995 アメリカ

    慢性自殺をするアル中の男と娼婦のラブストーリー。

    アルコール依存症
    『失われた週末』1945
    『酒とバラの日々』1962
    『男が女を愛するとき』1994

  • とにかく出鼻からニコラス・ケイジの飲みっぷりがすごい。ひどすぎる。まさしく人間のクズ。ゴミ。

    でも、ですね。

    中盤で娼婦(エリザベス・シュー)の誘いを断るときの「××××は自信がないんだ」の一言に、「こいつはダメ人間だけど共感できるぞ」と思ってしまいましたw

    自分の弱さを認めることができる人間は、強い人間。そんな男に惚れる女がいても、それは不思議ではありません。

  • ニコラス・ケイジ スーザン・サランドン
    せつなくて、やるせない、
    悲しくて、荒涼とした気分にさせられる。

  • 愛するとは…

    まあとにかく音楽が良い。

  • [鑑賞日:レンタルDVDにて2010年1月18日]

  • アルコール依存症で全く売れなくなった脚本家は、仕事も家庭も捨ててラスベガスで自殺を図ろうとする。そこで出会った娼婦と絶望的な恋愛を死ぬまでするという人生オワタなストーリー。けど終わった後に何か切なさも感じる映画。世間から断絶された孤独を2人で分かち合った、奇妙な愛の形でした。

    とことん酒、酒、酒びたりのニコラスケイジはやっぱりダメ男が似合う。
    このころニコラスの黄金時代だったよね。

  • ラスベガス、アメリカなどを舞台とした作品です。

全14件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする