HELL SEE

アーティスト : Syrup 16g 
  • 日本コロムビア (2003年3月18日発売)
3.64
  • (171)
  • (86)
  • (408)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :831
  • レビュー :113
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988001942122

HELL SEEの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やたらやる気が無い。

  • 「不眠症」が好き。

  • シロップのアルバムの中で一番思いいれがある
    一番聴いたかもしれない
    多分はじめて聴いたのがこのアルバムだったからかな?
    永遠にループしたまま何回も布団の中で眠りたい

  • 五十嵐隆がインタビューで言っていた。
    「健康」と言うのはごく日常で当たり前のものとされていて、それでいて持て囃されるものだと言う事を。

    HELL-SEEの由来でもあるでしょう。

    持て囃すものか、それとも当たり前と捉えてる人かでこのバンドの音楽の受け取り方は変わってくるのでは?
    そんな気がした。

    Syrup16gを聴くきっかけになったアルバムであり、とても全体的にバランスのとれたアルバムだと思う。
    Syrup16gでお勧めのアルバムは?と聴かれたら真っ先にこのアルバムを薦めるだろう。

    個人的に「ローラーメット」が衝撃的な曲。
    由来もそうだし、ロックというものに辛辣なメスを入れられたような。

  • 人間特有の病と言っても差し支え無い。
    死ぬか生きるか2つに分ける程、心の健康を左右する超名盤。
    鬱ロックが好きな人は大体聴いてます。
    逆に心が健康的な人は、嫌悪するアルバムかも知れません。

  • 15曲1500円、アルバムワークも自身で、録音は地下室でというすごく気合を入れて作ったアルバム。曲数が多いのと録音場所のせいで、ちょっと音が軽く質は落ちるけど、緊張感が張り詰めるcoup d'Etatや眠気を誘うDelaydとも違い、日常的で相変わらず絶望とオトモダチだけれど、一見いいかげんそうな歌詞とキャッチーな感じの楽曲の完成度はすごい。

    イエロウ、不眠症、ex.人間、パレードが特に好き。

  • 好き嫌いの分かれるSyrup 16g史上最も好き嫌いの分かれそうな作品。どの曲もあまりにドラマ性に欠けて、これは絶対売れんやろ!と思う。ただ嘘の少ない作品であるとも思う。

  • こんな歌聴いたことない。
    五十嵐は驚くほど唯一無二の人だ。

    言いたいこと叫んで多分どっかで隠して疑って
    痛々しいったらないし救いなんてない

    はじめて聴いたこのアルバムが、ぜんぶのはじまり

  • 自分がだめな時に聴くと共倒れしそうだけどそれでも聴きたくなる不思議。

  • 吐く血が好きです。
    五十嵐はあんまり気に食わないけど、まぁ、なんだかんだで好きなんですわ。へへ

全113件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする