ひきがたり・ものがたりVol.1 蜂雀

アーティスト : 七尾旅人 
  • WONDERGROUND MUSIC (2003年5月21日発売)
3.65
  • (14)
  • (5)
  • (32)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4560122160120

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先日 京都造形大学学園祭にて 七尾さんの弾き語りライブを観た。
    いやぁー 本当 すごかったです。 

    失礼ですが、実はずっと興味なかったんです七尾さん。。
    ウチコミ 宅録 なんていう一時の流行りものだと思ってた。
    メディアが天才なんて大袈裟に紹介するから。

    でも全てはわたくしの偏見にすぎませんでした。猛反省!
    この人ほどジャンルレスに音楽を創作できる人は他にないかも。

    中でもこの弾き語りアルバム。
    ライブで得た衝撃そのままに、彼の才気がいかんなく発揮されてます。
    今度は私が言わせていただきます。
    七尾さん あなたは間違いなく天才です。 

    そういえば、若くして他界した私の友人が七尾さんのこと大好きだったな。
    今になってようやく理解できたよ。

    ありがとう。

  • 初めて買った旅人さんのCD
    稀有な才能をもった人です
    多分、一生すきだ。

  • 音楽じゃないと思う。

  • すごい、この人は。

  • ほぼアコギと「うた」だけの構成で、「こんな表現もあるんだ!」
    驚きと感動の連続。

  • まるでブライトアイズ

  • ひきがたりメインの七曲入りCD。
    個人的に空気公団の山崎ゆかりがヴォーカル参加した五曲目、幻想的な七曲目が最高。相変わらず770ワールド全開だ。前作‘へヴンリィ〜’で見せた彼の世界観がさらに広がりを見せつつある。ただのアルバムではない。おぼろげながら、凄い魔力を持っているアルバムだと思う。サウンドがシンプルな分、引き立つのは彼の孤高の歌だ。

  • タイトル通りです。声の不思議さが満開のCDです。歌詞カードも可愛い。

  • 七尾旅人3rdアルバム。僕の狭い了見では、2ndアルバム『へヴンリィ・パンク・アダージョ』の物語を生き終えたタビントンが、それを七つの物語として俯瞰し、『七日間』として結実させたような感じ?分析するのは無意味だと思うけど、旧約聖書の天地創造のこともちょっと頭をよぎった。静かな夜、寝る前にイヤホンで聴くと子守唄か、のようにも聴ける。『忘れ物ならば僕が集めといてあげる。宝物ならば僕が集めとくよ』(おやすみタイニーズ)

  • 七尾旅人をちゃんと聴いたのは何故かこのアルバムが最初なのですが、視聴でぶっ飛びました。
    「ポケットのビスケは粉だらけ」というフレーズはすごい。

全11件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする