SIMPLE2000シリーズ Vol.31 THE 地球防衛軍

  • D3 Publisher (2003年6月26日発売)
  • PlayStation2
3.70
  • (8)
  • (10)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4527823992047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 市街地に突如現れた巨大昆虫やUFO、怪獣や殺人マシーン相手に1人(場合によっては2人)の地球防衛軍隊員が立ち上がる。
    車より大きくなった蟻をマシンガンで薙ぎ払うなり、ロケットランチャーでビルごと吹き飛ばすなり、火炎放射器で焼き尽くすなり、いろいろできて超爽快である。
    ミッション中に聴こえてくる、何処かで戦っているであろう戦友たちからの悲痛な無線音声が、絶望感を演出する。
    シンプルシリーズと侮るなかれ、他のゲームの何かを流用したとかで、ボリュームは他のシンプルシリーズの比ではない。難易度とか武器収集に挑戦していれば100時間くらいは遊べそう。
    敵のあまりの強大さと多さに、処理落ちが頻発するほど。処理落ちもスローモーションの演出だと割り切ってしまえば気にはならない。
    グラフィックは当時の水準でも少し劣るくらいだけど、ボリューム満点、特撮臭満載!
    現在シリーズは5まで発売してるので、そちらが気になっている人が、雰囲気感じるためにお試し感覚でやってみるっていうのもありかな〜?安いし。

  • 巨大蟻、UFOなどを多様な武器を活用してやっつけていく3Dアクションゲーム。このシンプルさ、久々ながら、こういうのがやりたかったんだ、と久しぶりに感じた。武器集めたり完全クリアまではとてもしないけれど、25ステージという長さも丁度よい良作。

  • * 進捗.20130221
    主人公耐久力 5524
    武器取得数 109
    ミッション達成率 99.2%

    * 寸感
    かなりクセのある操作感

    # 烈火infernoをクリアする気概はなかった
    # コンポーザーは高田雅史!

  • 蟻や蜘蛛など身近な生物が巨大化して襲いかかってくるという、ホラーながらシュールなゲーム。 
    銃火器の種類が豊富で目移りします。こだわるもよし、性能重視もよし。

  •  いろんな所から高評価が聞かれるPS2用ゲームソフト。

     こういうゲームってあんまり慣れていないので操作が難しかったんですが、それさえ解決できれば、とても楽しめます。安いし。

     ストーリーも特に考えなくていいので、頭を使わなくて済みます、カッコワライ。単純に「地球外生命体が攻めてくるぞ! さあやっつけろ!」なノリなので。
     宇宙生物ソラス(ゴジラみたいなやつ)にたった一人で立ち向かい、そして撃退とか。ホントに自分が世界を救うヒーローになる快感を得られますよん。

     ただ虫が嫌いな人は発狂するかも。でっかいアリがいっぱい出てきます。リアルです。


    【プラットフォーム】プレイステーション2
    【ジャンル】3Dアクションシューティングゲーム
    【開発元】株式会社サンドロット
    【発売元】D3パブリッシャー
    【公式サイト】 http://www.d3p.co.jp/s_20/s20_031.html

  • ドンパチやって気分爽快。気分は地球破壊軍。
    ラストなんてもう大変なことになってます。

  • この類のものに慣れてなかったので初めてプレイした時鳥肌が半端無かったです。

  • 西暦200X年・・・世界は宇宙生物の炎に包まれた・・!
    突如、宇宙から現れたUFOが放った巨大昆虫や宇宙ロボット達との「地球防衛戦」はこれがシンプル2000の内容なのかと思わせられるような完成度を誇る。銃火器の」種類は実に100種類以上!空も飛べるし、ゴジラのような巨大怪獣との戦闘では、バズーカ砲やレーザー砲を使用して戦うと良いだろう。
    街中の建物は全て破壊可能なので、戦車で街を壊しまくるのも良いだろう。向かってくる巨大昆虫達を、マシンガンで一気に壊滅させる超爽快感!シンプルシリーズの頂点に君臨する作品としてお勧めしたい。

  • さぁ 一人で楽しくありさん退治♪

  • 2000円で得られる爽快感最高!! かなりコストパフォーマンス良いです。酔っぱらいの土産ついでにぜひ。ただ、都心のビルに群がる無数の巨大アリを射殺する図がニガテな人にはお勧めできません。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする