壬生義士伝 [DVD]

監督 : 滝田洋二郎 
出演 : 中井貴一  三宅裕司  夏川結衣  中谷美紀  村田雄浩 
制作 : 浅田次郎  中島丈博 
  • 松竹 (2003年6月25日発売)
3.79
  • (99)
  • (110)
  • (136)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 542
レビュー : 137
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105026773

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 明日をも知れぬ新撰組の真ん中で「銭こ銭こ」と道化を演じながら、その眼の奥には人を凍てつかせるほどの強い決意をにじませる…

    ほんと、中井貴一さんは凄い役者さんですね。

    貫一郎の妻がふくふく太っていて飢饉の緊迫感が台無しだったり、ちょくちょく興ざめなところがあったのが残念。

  • 見て損はない

  • 友人の勧めで観賞しました。

    新選組の撃剣師範だった 吉村貫一郎 という方のお話。

    オスカー・ワイルドの《幸福の王子》という童話を思い出しました。
    不器用な 自己犠牲の話かも・・と思います。


    昔から、東北に限らず、各地で口減らしのようなことが行われていたとは聞いていましたが
    (姥捨て山、幼い子供を奉公に出したり、売るなど)

    口減らしのため、身重の妻が自殺しようとするなんて・・
    ショックでした。

    映画ですから、脚色はされているかと思いますけど
    飢饉で、餓死者が多く出ている時代とのことですので、
    下級武士の生活も厳しかったのは、本当かも・・と思います。


    幕末の歴史の中では、
    私は どちらかというと、攘夷派の方々の話にワクワクして

    大政奉還後に まだ戦いを続けた幕府側(新選組含む)には、あまり共感できないのですが、

    この映画の吉村貫一郎さんは、家族を助けるために行動し、
    自己犠牲と 武士の意地のようなものを併せ持つ 不器用な人物で・・
    観ていて切なかったです。

    吉村を演じた 中井貴一さんの演技力に驚きました。
    中井貴一さんの話す南部盛岡の言葉。
    やわらかく素朴で、まだ耳に残っています。

  • 原作が好きだったので観ましたが、原作でお涙の感動どころをことごとく削ぐ展開でどうも、一体これの感動シーンはどこなのかと観る側が探す始末。何もかもつまらなかった。贅沢な俳優さんの無駄遣いでした。
    一般受けさせようとするとつまらなくなる典型例かな。

  • 2002年。監督は滝田洋二郎。モックンの「おくりびと」で有名になりました。その6年前の作品。

    中井貴一、佐藤浩市のW主演と言っても良いだろう。柔の中井、自分が生きる為に人を切る。剛の佐藤、自分の死に場所を求めて人を切る。一見相反するように見えながらも、時代のうねりの中で滅びゆく事が分かりながらも信念を貫き通そうとする。

    脇の二人の役者に注目したいです。

    ひとりは村田雄浩。佐藤が孫の急病で町医者に駆け込む。その町医者が村田。明日引越しの為荷物の整理中で一枚の写真を見つける。それがかつての同僚の中井。村田は中井の子息と親友。村田が佐藤に中井の事を語りだす。朴訥に語りながらも中井の人の良さを上手く表している。村田自身も中井同様に南部武士の血を引く質実剛健な男を感じる。

    もう一人は、山田辰夫。村田の父三宅の家に使える中間役。三宅は中井の上司で親友にあたる。ストーリー的には影響をしない。三宅と中井の絡みや事の成り行きをじっと見守る。セリフは少ないが、顔のアップが何回もある。その表情が全てを物語っているかのような感じがする。

    この山田さん、好きな役者さんでした。とっても魅力的な声をしていました。

    最後の場面 孫の診察も終わり帰る時にかって中井が故郷を紹介した時の挨拶を佐藤が喋る。その時にすれ違う老人が立ち止まって佐藤を見守る。それが山田さんでした。この時の表情も素晴らしい。

    滝田監督、山田さん、高校の同級生だそうです。これからの滝田作品に重要な役で出演されたと思います。長渕剛の主演作品にもよく共演されてました。それらが観られないのは残念です。

  • 幕末の士族が現代の価値観で動いています。義の対象は主君以外にありません。泣かせようとする浅田次郎の計算が勝ちすぎて、造りものになっています。残された子が尽くすのは、孝の対象である母の筈です。ただ、断片的には珠玉のようなものがありました。総じて子役の演技が酷かったですね。

  • 二度目、一度目は途中から見たので良く分からなかったが
    最初から見ると回想であることが分かって良かった
    回想は私たちをタイムトラベルに連れて行くような気にさせられた。色々な時間へのタイムトラベルだった
    人は家族のために生きるのか、義のために生きるのか
    でもやはり自分のために生きるのであって、それが何のためであるかは人それぞれで、それは他の人が批判するものではないと思えた

  • 浅田次郎さんの原作を上手に映像化していました。
    ベタな流れで「こう来るだろう」って思う所を、それ以上のベタなセリフで「!」っと思わせて涙させるのが浅田流なんだよね~。

    中井貴一さんて、シンプルで見やすいお顔なんだね~♪
    けっこうカッコ良かったでがす!

  • 久々にこんなつまらない映画を見てかえって面白かった。自信をもって⭐︎をつけます。

  • 長い話をうまくまとめてある
    オープニングは斉藤一が、医者夫婦のところに孫をつれてくる
    次は長倉新八との試合
    さくさくと話が進む
    油小路の変のところでは史実を大胆に改変
    まあその方が分かりやすいか

    切腹までのシーンが長い、という声が多いけれど
    まあ原作の長さがあれだからなぁ

    五稜郭のシーンは出てこない

    殺陣、前半の傘がスパッと切れるシーンなどは良かったが
    後半はなんかいまひとつ

全137件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする