壬生義士伝 [DVD]

監督 : 滝田洋二郎 
出演 : 中井貴一  三宅裕司  夏川結衣  中谷美紀  村田雄浩 
制作 : 浅田次郎  中島丈博 
  • 松竹 (2003年6月25日発売)
3.79
  • (99)
  • (110)
  • (136)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 542
レビュー : 137
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105026773

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幕末の京都・新撰組のお話です。
    盛岡の南部藩出身の男(吉村貫一)を中井貴一さんが味のある演技し脱帽!家族への想いが描かれた心に響く作品でもありました。良かったなぁ、中井さん!また見たいな♪

  • 堺沖田、最高の極みです

  • 吉村先生は盛岡の人です。おもさげながんす。

  • きいちの名演!

  • 「新撰組!」に出てた俳優さんが、違う役を演じてるとこに注目。久石譲の音楽と、主人公のまっすぐさに涙。

  • 家族愛がステキでした。
    一緒にいたいのにいられない…切ないです。
    一番好きな時代劇映画です!

  • きいち!なんていい演技をするんだ・・・

  • 幕末の京都、壬生で誕生した新撰組。そこへ一人の男が入隊してきた。盛岡の南部藩出身の吉村貫一郎だ。柔和な言動に反して、吉村の剣は何人も人を斬ってきたような剣だった。さらに吉村は何かにつけてお給金を請求するので、影では”守銭奴”という人も。隊長の近藤勇も一目置く斉藤一は、そんな吉村が気に入らない。命知らずの新撰組の中にあってなぜ吉村はそんなに命に、そしてお金に執着したのか?水と油の吉村と斉藤だったが、斉藤は徐々に吉村に興味を持つようになる。やがて、時代の変革の波は新撰組にも覆いかぶさってきた…。

    という話。(コピペ)


    後輩のきょんが泣けると勧めてくれたから見たけど、泣けなかったね。

    でもまぁまぁ良かった。

    感想書くのがいつも遅くて何が良かったのかあんまり覚えていないけど…
    なんだろなぁ…

    そこそこの映画。
    あんまり好きな映画ではない。。

  • 中井貴一の吉村寛一郎と佐藤浩一の斎藤一がすごく良かった。泣ける。

  • 原作浅田次郎さんの有名な小説をもとにしています。
    ・・原作はやっぱり長いので、映画はショートカットしているみたいですが。

    でも、映画もイイ!
    劇場にいってみましたが、涙でました!

    主演の中井貴一、いい。
    佐藤浩市がしぶーい。

    時代は幕末。
    新撰組に流れ込んだ南部藩の浪人が1人。
    そして描かれる新撰組の隆盛。

    最近は、グローバリゼーションとかで、いろいろとアメリカナイズされている
    日本ですが、武士道ってなんだったっけ?家族愛ってなんなんだっけ?
    ってのをワスレがちな方々にオススメです。

    この映画を見た後は、同僚と南部弁(主人公は南部藩出身の武士)
    ばっかりしゃべってました。笑

全137件中 91 - 100件を表示
ツイートする