壬生義士伝 [DVD]

監督 : 滝田洋二郎 
出演 : 中井貴一  三宅裕司  夏川結衣  中谷美紀  村田雄浩 
制作 : 浅田次郎  中島丈博 
  • 松竹 (2003年6月25日発売)
3.79
  • (99)
  • (110)
  • (136)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 542
レビュー : 137
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105026773

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エンディングが長々としてる感が否めないかな、と。もう少しテンポ良ければ、もっと感情移入できたのにと思ってしまう。いい話だと思えただけに惜しい。

  • ドラマがしっかりとあり、中井貴一の演技も良かった。最後は、ダラダラと感動シーンを引き延ばしていて間延びしていたと思います。新選組でも出演していた佐藤浩市が芹沢鴨→斎藤一に、堺雅人が山南敬助→沖田総司と、役柄が変化しているところも見物。

    加瀬亮は、近藤周平役で出演。出演シーンは少ないものの、討ち入りのときのビビってる演技や斎藤一に対して激高する演技など、自分の役をしっかりと全うしていた。ビビってる演技は上手だね。

  • 当時、小説を通して幕末にはまっていた自分にとって、視覚的に楽しむことが出来る映画は中々興奮するものであった。
    内容はそれなりに面白い。んでも、たまに退屈。

  • 浅田次郎原作の同名の小説の映画化。
    「徳川の 殿軍ばお務め申す」のくだりをもうちょっと盛り上げて欲しかった。
    けど、斉藤一訳の佐藤浩一の演技がよかった。

  • 南部弁がイイ!日本人の美学を放り込んでぐつぐつ煮詰めてゼラチンで固めたような映画。

    ただし、新撰組賛美のような印象が強いが、そこは脚色ということに注意したい。

  • こういうのが好き!幕末やばし。幕末やっぱ行く道が別れてくるので、侍が浮き立ってくるね。良い!しかし貴一さん!最後の台詞おつかれさまです。

  • 「守銭奴」「それでも武士か」と笑われながらも、穏やかな言葉で思惑通りに運んでゆく貫一郎の交渉術は見習いたいもの。
    普段の謙虚さとの落差が可笑しさを誘い、憎めないキャラクターになっている。

    ぬいは、果たして本当に醜女だったんだろうか・・・?
    初めて聞く出身地の話で斉藤が控え目に妬いていたり、密書を渡す時だったり、可愛いカップルだ。

    生き飽きて身勝手な振る舞いをしてきた斉藤が結果ぬいを自害に追い込んだのに対し、脱藩しても家族を養い守りきった貫一郎。

    吉村 貫一郎の故郷、南部に行ってみたくなった。

  • 新選組・吉村貫一郎という人物はこの映画で初めて知りました。
    実際の彼がどんな人物だったかは定かではありませんが、
    映画の中の彼は非常に魅力的。
    家族への愛と武士の魂を持ち合わせる侍。
    かっこよかった。

    キャストもいい役者が多く参加していて豪華。
    中井貴一はこれまで個人的には、あまりぐっとくる
    演技を見たこと無かったですが、この作品では
    上手い役者だなぁと感動しました。

    もっと言葉少なに描いていればなお良かったかな。

  • 泣いたー
    よくわからんが泣いた
    役者さんすごいなあ〜

  • 時代劇はなぜか年末に見たくなる。

全137件中 51 - 60件を表示
ツイートする