ルボーサウンドコレクション 少年四景~小野塚カホリ作品集~

アーティスト : ドラマCD  森川智之  堀内賢雄  成田剣  櫻井孝宏  三木眞一郎  緑川光  岸尾大輔  神谷浩史 
  • マリン・エンタテインメント (2003年10月24日発売)
3.61
  • (14)
  • (15)
  • (41)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4996779012282

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒロc初受け作品

  • 少年を中心にした短編4作を収録したオムニバス。
    どの話も衝動や危うさ、脆さを少年の若さが引き立てていて短いがなかなかシリアス。
    やや玄人向け。

    ○「僕は天使ぢゃないよ。」
    聴いているうちに立場が変わっていくのが面白い。
    強くて傲慢だった関(三木さん)があまりにも脆く、支配していたはずのポチ(緑川さん)との関係性が聴きごたえがあった。
    緑川さんの声は俯瞰で見ているような視点が合うと感じた。

    ○花
    戦中の時代背景もあり、背徳感が他の作品に比べ際立つ話。
    どうにもならない感情が花のように咲き、そして散りゆくのが哀しくも美しく、清々しくもある。

    ○LOGOS
    成田さんの中学生役はなかなかレアでは。
    岸尾さんはさすがと言ったところか。
    危険を孕んだ綱渡りの旅。

    ○セルロイドパラダイス
    一番好きな話。
    神谷さんの学生役は本当にこんな子がいそう、という自然体。
    束の間ながら感情移入し、泣きの演技は本当にグッときた。

    4作とも衝動のまま、めまぐるしく変化していく展開のあと、かすかな希望を抱いたあてのない未来が見える不思議な短編集。

  • 三木眞一郎×緑川光(リバ)
    森川智之×櫻井孝宏
    成田剣×岸尾大輔
    堀内賢雄×神谷浩史

  • 「僕は使じゃないよ」関:三木眞一郎 ポチ:緑川光
    「花」透:森川智之 旭:櫻井孝宏

  • 【セルロイドパラダイス】
    ストーリーは全くもって共感できませんでした。
    しかし原作を読んでいないのでまた違うと思うのと、今回はCDに関してなのでそのへんはスルーで。
    とにかく堀内さん、神谷さん出演陣が素晴らしい。9年も前にこんなに素晴らしい作品が作られていたなんて。
    特に事情を知ってからのアツがいい。
    原作も読んでみたくなりました。

  • 4作品のオムニバス形式で、それぞれ時間的には決して長くないのに、世界観がきちんと伝わって来て素晴らしい。短いだけに聴いてる方が世界に入り込む為のツールとしての音楽がまたいい。作品の雰囲気を脳に直接送り込んでくる手伝いをしていて、どちらかと言うと悲劇的な話の方が多いのに、逆に音楽の軽さ(じめじめしてない)が変化球的に効いている。
    作品が素晴らしく、演じている声優さんが「面白い」と思ってやった物のフリトは面白くなる法則発見(笑)。「喘ぎが抜けないんです」「何回したんだ、こいつら」…ヒロCの高笑いがかわええ…。作品もフリトも聴き応えある。「電話でもくだされば家に行ったのに」って…(笑)。作品が演じ甲斐があるとフリトで喋りが滑らかになるんだね、やっぱり。そしてなりけんさんは普通に喋ってるだけなのにいかがわしいのはなんでだ(笑)。対戦相手に文字通りにじり寄ってる感じがする。みきしん×みどりん『あ・うんでしっとり』、帝王×櫻井さん『BL分かってる感』、なりけんさん×岸尾さん『いかがわしい先輩とスルーしたい後輩の攻防戦(笑)』、賢雄さん×ヒロC『暴走しがちな先輩を華麗にあしらう余裕な後輩(笑)』と言う感じだった。初受け作品なのか、ヒロC…受けスキル高い人は最初からすげぇもん出してくるんだなぁ。各声優さんのお初作品も制覇したいなぁ。

  • 10代の少年たちの、無垢ゆえの危うさや、迷い・葛藤を鋭くえぐり出すようなオムニバス集。

    どこか破滅的な雰囲気と、痛いほどに切なく重苦しいお話を集めた作品なので、聴く人を選ぶかもしれないが、とにかく役者さん達の演技が光ります。

    特に「花」と「セルロイドパラダイス」がお気に入りです。

  • もうだいぶ前に聴いたのですが、大好きなので。
    もともと原作の大ファンでした
    それが音声になるなんて…聴かないわけにはいかないぜ!ってことで。
    原作では「LOGOS」が大好きだったけど、このCDでは「花」が好きです。
    櫻井さんの抑えた声も良かったけど、ただひたすら森川さんの演技にしびれた。上手だなー…原作イメージぴったりです。
    私はそれだけで★5なんですけど、他の作品はどうだろう…
    「僕は~」「セルロイド~」も良作かと。「LOGOS」は作品的に音声のみだとやっぱり少し難しいかなってことで。全体的には★4にしてみました。
    でも原作の雰囲気を壊さず、オムニバスでここまで良作は珍しいのでは。
    聴いて損ナシだと思います。

  • 神谷さんは置いておいて、
    岸尾さんのお話が一番印象的でした。
    スーツケースいとおそろしや

  • 凄かった…フリートークが多いのね それぞれのCPでかっちし

全13件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする