コヨーテ・アグリー 特別版 [DVD]

監督 : デヴィッド・マクナリー 
出演 : パイパー・ペラーボ  アダム・ガルシア  マリア・ベロ  ジョン・グッドマン 
制作 : ジーナ・ウェンドコス 
  • ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント (2003年11月19日発売)
3.33
  • (0)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241934406

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かっこいいにも程がある!てかんじ。
    モテ目指してんじゃねぇ!とは土屋アンナの言葉だけど、まさにそのとおり。元気出るなあ。

  • 大分昔におねーちゃんと見たな〜。
    ノリノリで楽しかった気がする。

  • 元気のもらえるガールズ映画。
    夢を持ってる女の子っていいよね。
    元気がもらえる。
    チャーリーズ・エンジェルとか、キューティー・ブロンドとか、プラダを着た悪魔とか、ハリウッドには元気の出る女の子のための映画ってたくさんあるよね。
    そういうのの小説版を書けたらいいんじゃないのかなあ、と思ってみたり。
    氷室さんはそういう小説書いてたよなあ。ジャパネスクとか。

    2011.06.15
    出会い方だとか、つきまとってくるとか、バーにやってくるとか、車の上で夜明けをむかえたりとか、魚市場とか、CDショップでデートしたりとか、スタジオで二人で練習したりとか、二人の恋愛の舞台やシチュエーションが変っていてとてもおしゃれなんだな。
    一場面一場面にインパクトと工夫があって、さすがJB。「すべての場面を面白くするように考えること」、これ大事。

  • 個人的にはコヨーテ・アグリーで働く元気な姉ちゃんたちより、主人公の幼なじみの子が一番好みだった。この物語、主人公のソングライターへの道を描いたものだから、自然と音楽が占めるウエイトが大きい。しっかり5.1ch環境で観ないと面白さの半減する映画だと思う。(Oz)

  • 女同士の結束もなかなか心強い
    父親の娘を思う気持ちにジンワリ切なくなる。

    成功を夢見て都会に出た女の子のサクセスストーリー。
    お金を稼ぐために働いたバーの中のお話。

    全体に流れてる曲も力強くてステキ☆

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする