曼陀羅 [DVD]

監督 : 実相寺昭雄 
出演 : 田村亮  清水紘治  桜井浩子 
制作 : 石堂淑朗 
  • ジェネオン エンタテインメント (2003年12月21日発売)
3.14
  • (2)
  • (1)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102948313

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 徹底的に作り込まれたカメラワークが凄い。

  • 写されるアングルから、生硬な台詞回しから、まさに実相寺ワールド。
    沢渡朔の写真がいい味出してて、ほんと、いい時代

  • セックスの場面がくりかえされる
    ということばかり でおわった。

    たしかに オトコは レイプすることに生きがいを感じているような
    物語で よくこれだけで つくられたと思う。

    1971年にこれだけ虚無的な 作品を作った
    実相寺昭雄監督の 慧眼は 恐るべきだ。

    清水鉱治 と 田村亮は スワッピングを
    辺鄙な海岸の モーテルで行う。
    そこから 始まるのであるが・・・
    フリーセックスというのが 極左運動家の中でも 流行ったことがある。

    岸田森が このモーテルの経営者で
    自給自足の農業を展開しながら ユートピアを目指す。
    でも 不思議なことに 神の霊媒がいたりして
    神を否定しているわけではない。

    清水鉱治夫妻は 海岸で 青年たちに襲われる
    気を失った 妻を みつけ 死んだと錯覚して
    清水鉱治は 欲して 妻を犯す。

    モーテルでは 売春まがいの行為をしながら
    覗き見をして そこで 男たちを分析する。
    オトコは 何も言わぬ 逃げようとする女を犯すことで
    満足 したりする。
    男尊女卑の思考は 革命運動の中にも貫かれる。

    古代では 強姦の概念はなかったと岸田森は
    強姦をすることを 肯定している。

    大きなギャップを感じながら
    この物語は 淡々と進む。

    岸田森たちは なぜ海にでて どこに行こうとしたのか?
    難破して 岸に 無残に打ち上げられてしまう。
    所詮 逃げる場所など ないのだろう。

  • 曼陀羅 (1971年・138分 R-15 ATG)

    ◆実相寺昭雄監督 岸田森/田村亮/清水紘治
    岸田森/田村亮/清水紘治/森秋子 

    海辺のモーテルの支配人夫婦が
    「農耕」と「エロス」を柱にしたユートピア実現を目指す。
    そのモーテルへやってきた男女はそのユートピアに陶酔しはじめるが・・・。

    ◆雑感
    71年は、学生運動とか左翼とかが盛り上がってた時代なのでしょうか。
    学生同士が、いちいちめっさ討論してます。
    資本主義とは、時間とは、原始社会とは、堕胎とは、結婚とは、ユートピアとは・・・

    「農耕」と「エロス」が軸のユートピア構築なんだけど、
    「エロス」のシーンはすんごいすんごい力入ってたけど、
    もうひとつの軸「農業」シーンはサッパリ手抜きだったw

    こいつらの考えも、本気じゃないなってすぐ化けの皮が剥がれるレベル。

    よそのレビュー見ると
    「内容はエセ芸術を良いことに脱ぎまくりやりまくりって感じの作品」
    てかいてあって確かにそんな感じです。

    ただ、インテリが認めてくれそうな芸術のエロは
    エロとして、おもしろくもなんともないよね。
    出会いサイトで、おっさんがSMは芸術です って
    紳士ぶってるんと同じレベル。


    普通に農業ちゃんとやって、若い子を性の奴隷的にするといわれてる
    「ヤマギシ会」みたいなユートピアのほうが、面白そうだし、独創性のあるエロスだとおもう。
    ユートピアとしてわりと継続してるし。

    映像に迫力があったり、演技も討論もへんな棒読み関西弁で、
    熱く真面目なので、勢いで観てしまうけど。
    振り返って冷静に考えてみると、自称変態レベルの妄想やね。

  • 時代が色濃く出ている。
    それを知らない世代にとっては「古い」と感じたり既知の事実だと思うであろう。

    個人的にはおもしろかった。
    当時の行き場の無い思想を模索するストーリー。
    ポストモダン?

    正しいかわからないが、くそ真面目すぎて笑ってしまうシーンもあった。

    こういう映画の現代版があったら観たいと思うが
    これはすでに過去の物だから面白い!と思えるのだろうか...。

    もう一度ちゃんと観たい。

  • 時間よとまれ!ユートピア、自然回帰、快楽、闘争。
    映像が面白い。あと、このころの女性は肉が薄かったんだなぁと思った。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする