鋼の錬金術師 vol.1 [DVD]

出演 : 朴ロ美  釘宮理恵  大川透  麻生美代子 
制作 : 荒川弘 
  • アニプレックス (2003年12月17日発売)
  • Windows
3.80
  • (94)
  • (35)
  • (138)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 368
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4534530006066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 手を出してしまった!
    だって原作ファンだもん
    2シーズンとも面白いってずっと聞いてたんだもん。
    しょっぱなから原作と違う展開ですよね??(もう忘れちゃったーー)
    でもやっぱエドかっこいいのでもう開き直ってみる!メリッサってテーマソングだったんだ~。そう思って曲聞くと違って聞こえますな。
    錬成ごっこまた始めちゃいそうです\(^o^)/
    あーー先は長い!エヴァも並行するのでこの先DVDばっかりになりそうです。。

  • 1~2話。見事な序幕である。主人公の背負う業、贖罪、そして世界観の提示。主人公らの関係性と現在旅に出ている理由と願いも同様…。

  • 懐かしくなって、レンタル

  • 最初のアニメ化の分です。大佐の声はこっちの方が好きだったなあ。

  • それは、衝撃の始まりだった。
    土曜18:00
    死んだ母親を生き返らそうと練成したが失敗し、エルリック兄弟はその代償として、弟は身体の全てを、兄は左足と右腕を持って行かれ、部屋は血の海に染まる・・・

    「こんな時間になんてものを流すんだ」と・・・
    このシーンで、全てを持って行かれた私は、翌日原作コミックを買いに行った記憶がある。

  • この辺りはもう何度も見てるから、懐かしいなぁ……。でも、原作の方が好きだ。カットされすぎてるし、物足りない。

  • 子どもが借りたのを観た。コナンとかけっこうおもしろい

  • 主人公の境遇や登場人物の心の歪みのリアルさ、戦いの血生臭さ、そして話全体の雰囲気。どれをとっても思っていたよりだいぶダークだった。同作者の『銀の匙』を読んだ後に観ただけに、「ハガレンってこんなにダークな話だったんだ」というのが率直な感想。

    最後のほうは一気に観てしまいました。
    「世界は完全じゃないから美しい」という言葉を体現したとおり、全てがうまくいくわけではなく、決してハッピーエンドではなかったところが好印象でした。

    原作の漫画もぜひ読んでみたいです。

  • レンタル。

    本作は『月刊少年ガンガン』連載の『鋼の錬金術師』をベースにしつつも、月刊誌かつ連載終了の目途も立っていない時期に制作され、週1度のTVアニメシリーズでは原作に追いついてしまうため、原作漫画とはストーリーや世界観、登場人物の設定などが異なる、アニメ独自の完全オリジナルストーリーとなっている。故に、原作7巻以降の登場人物は登場せず、本作オリジナルの登場人物も多い。いわゆる物語の“黒幕”となる存在やその目的、主人公達が迎える物語の結末も原作漫画とは全く異なる。
    (wiki参照)

    原作、2009年の「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」が好きな人はあんまり許せないかも知れない。
    オリジナル、としてみるのは楽しいけどやっぱり原作と比べちゃうな…。

    エドもあるも声が幼くて可愛かった。


    一巻収録作品

    1 太陽に挑む者

    2 禁忌の身体

  • 最終話ひとつ前の衝撃の展開から、たった30分で物語に決着をつけてみせたアニメスタッフの方々に拍手を送りたい。

    物語の矛盾、原作・キャラクターとの大きな違いが賛否両論を生んでいるようだけど、「“アニメ”鋼の錬金術師」の終わりとして個人的に納得のできるものだった。

全64件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする