ゴシカ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

出演 : ハル・ベリー  マチュー・カソヴィッツ  ペネロペ・クルス  ロバート・ダウニー・Jr.  チャールズ・S・ダットン 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2004年9月10日発売)
2.83
  • (3)
  • (9)
  • (36)
  • (21)
  • (3)
本棚登録 : 114
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135548740

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ラストのハル・ベリーのセリフ(概略)
    「私はこの体験を通して、本当の意味で‟聴く”ということを学べた」


    理論だけだった心理学者が、体験を通して知ったもの。
    こころの世界を体験するということがどのようなものか。

    他者の偏見。
    個人の体験を、周りの人へ理解してもらうことがいかに難しいか、分かってもらえない苦しみがいかほどのものか。


    色んな意味で、人間の(こころの)奥深さが描かれた作品ですので、そこに底知れぬ恐怖が描かれるのは当然なのかもしれません。


    ただのホラー映画でないことは確かです。

  • アメリカの幽霊は目的を持って出現してくるな、と改めて再認識。日本の幽霊のようにとにかく憎悪と呪いを振りまいて、関係者を絶望感の闇に包むような事はしない。なので、解決したらハッピーエンドみたいな感じになるからホッとする。

    でも、旦那は殺してるんだよね?いくら旦那が犯罪者だからって、情状酌量されるのだろうか?心神喪失が逆に認められなくて有罪になりそう・・・

    さておき、ハル・ベリーはこれからもゴーストの問題解決役として頑張るに違いない。

  • キャスト目当てに視聴。
    ダウニーはこういうインテリな役が決まりますね。

    内容はホラー風のB級サスペンスと言った感じ。
    出演者のPVと思って観るのが無難かと。

  • ○日本語字幕
    ○日本語吹き替え



    見かけては気になるのに借りなかった作品。
    とうとう観たよ。
    とても良くできていて面白かった!
    ギュギュっと詰め込まれていて飽きるところがない。
    正義の鉄槌でも殺しは殺しなのにね。
    もう一人は正当防衛でやむなし。
    レイチェルがギリギリを狙ってきてて、ただ殺したいだけなのかもとも思った。
    ギャラリーミュージッククリップの不明さ。
    有名な人なのか?

  • サイコサスペンスだとおも………ホラーかよ!!!!!!
    ホラー的にあんまりこわくはなかったです。

    妄想と心霊現象どっち??という感じですが、助けを求めてきてる割りに霊が主人公に危害加える気満々で解決させる気ないだろ!!!
    結局主人公は旦那さん殺してるんだけどそのへんどうなったの?情状酌量とかそういうアレなの?

    ダウニー目当てで見たのですがぶっちゃけいてもいなくてもいい感じのポジショニングだなあ、と。
    せめて最後助けに来たらかっこよかったのに。

  • 復讐して欲しいなら、殺そうとするな

  • ハル・ベリー&ペネロペ・クルス&ロバート・ダウニーJr.の超豪華ラインナップ。でも作品自体はいまいち。今回判明した私的意見だけど、どうも自分はサスペンスにノイズが入るのが苦手なようだ。例えば不合理な言動をとる登場人物や、今回のようなスーパーナチュラルな要素などのノイズ。たぶん本格推理ファンだからなのだろう。別にお化けが嫌いな訳ではなく、ホラーならホラーに徹して欲しい。その方が本作のテーマになっていた人間心理が深く描けるだろうし、それを達成しているホラーの名作も数ある。中途半端な謎解きが蛇足だった。☆2

  • ハゲでデブ(職業は保安官)は大体悪役が多い気がする。

  • ホラーサスペンス。
    誰が敵なのか味方なのかぎりぎりまで分からないところがよかった。

  • 映画とはいえ見るに堪えない

全27件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする