グリーン・カード [DVD]

監督 : ピーター・ウィアー 
出演 : ジェラール・ドパルデュー  アンディ・マクドウェル  ビビ・ニューワース 
  • ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
3.43
  • (10)
  • (23)
  • (39)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 144
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241935762

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  グリーンカードってなんだ?と思っていたら,温室付アパートに住む権利?らしい。
     そういうカードを手に入れたい女と,米国で永住権を手に入れたり男とが偽装結婚をする。その偽装が気づかれないように,親,友達,審査官などに嘘をついていくという話。そして,予想通り,そんな中の良いふりをしている間に2人の中に本当の愛が芽生えてくる。
     ま,罪のない楽しい映画でした。

  • 第48回ゴールデングローブ賞(1990)
     主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
     作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
    第63回アカデミー賞(1990)
    https://www.imdb.com/title/tt0099699/

  • 再視聴だがやはりいい。偽装結婚の練習がいつの間にか本当の恋に。その過程の描き方がうまい。エリックサティの音楽もうまく生かしている。ピーターウィア監督はこのころ絶頂期だった。
    ・刑事ジョン・ブック 目撃者 Witness (1985) アカデミー監督賞 ノミネート
    ・いまを生きる Dead Poets Society (1989) アカデミー監督賞 及びゴールデングローブ賞ノミネート
    ・グリーン・カード Green Card (1990) ゴールデングローブ賞受賞

    個人的には、米国に転勤になったのが1991年だったので、駐在員同士の話題はもっぱらこの映画に。
    今回の視聴で主演のドパルデューがシカゴのギタリスト、テリー・キャスに似ているのに気づいた。

    『グリーン・カード』(Green Card )は、1990年制作のアメリカ映画。第48回ゴールデングローブ賞作品賞、主演男優賞受賞。

    ニューヨークで一組のカップルが結婚式を挙げた。だが2人は今日が初対面だった。園芸家のブロンティは安くて温室のあるアパートに住みたかったが、そのアパートは単身者では入居できなかった。一方、フランスからやってきたアーティストのジョージは、長期滞在の外国人永住権(グリーン・カード)を得るためにアメリカ人の妻が必要だった。
    お互いの利害が一致した2人は書類だけの結婚(偽装結婚)をし、望みのものを手に入れた。ところがある日、入国管理局の調査員が偽装結婚でないかをチェックするために家を訪れるという。根掘り葉掘り質問する調査員を何とか誤魔化したものの、ひと月後の本格的な調査の面接に備える必要があった。お互いの趣味や生い立ちを暗記し、屋上でバカンスのニセ写真を撮ったりするうちに2人は惹かれ合っていった。
    入国管理局の2人への面接は打ち合わせ通り進んでいたが、ブロンティのことを本気で愛し始めていたジョージは、嘘の呵責に耐えられず、偽造結婚だったことを自白してしまう。
    アメリカから国外退去を命じられたジョージは、ブロンティに愛を告白し結婚を誓うのであった。(Wikipedia)

  • 庭付きアパートに住むため(独り者だと貸してくれないのか)、アメリカ永住権をとりたいフランス人男性ジョージ(ジェラール・ドパルデュー)と偽装結婚したブロンテ(アンディ・マクドウウェル)。移民局の調査のため二人は数日一緒に住むことに。

    きっと最後はお互い受け入れるんだろうなあという予想通りの展開だが、ジョージが貧しい生まれながら実は音楽を勉強していた、とか、訪ねてきたブロンテの父親がなぜかジョージに理解を示すなど、ほのぼのする場面になごむ。


    アメリカ
    2020.10.12BSプレミアム

  • TVにて
    嘘から出た誠のハッピーエンド.ドパルデューがだんだんかっこよく見えてくるのが不思議.

  • 直観を信じる!

  • 永住許可書が欲しいフランス人男性とベランダに温室があるアパートに住む為に既婚者資格が欲しいアメリカ人女性が、お互いの利害が合致し一つ屋根の下で生活。しかし、二人のもとには偽装結婚を疑う調査員の魔の手が。。。果たして二人の偽りの愛は本物の愛に変わる事があるのか。。。

  • 80年代映画を彷彿とさせる心温まるラブ・コメディ。
    育ちも性格も両極端の男女が、反発しつつ惹かれあう姿を
    コミカルに優しい視点で描く。
    親・友人・近所の住人の優しさや、
    惹かれあう二人のさりげない愛情表現に心温まる。

    突然ですが、この人情ドラマを90年に描いたことに意味がある、
    と思いました。
    90年は、熱く突っ走った80年代の本音や正直さを抑え、
    クールに正義=体制寄りに生きようとする時代の始まりでした。
    監督は、この二つの対比を登場人物に置き換えている気がします。
    主人公のジョージは自分に正直な男で、恋のライバルは菜食主義のエコロジスト。
    ま、肉食系と草食系みたいな分類ですね。
    そしてクールで体制寄のヒロインや、昔気質の親父さんお袋さんは
    ジョージを支持して物語は終わります。
    感動できる映画であっても動き始めた時代は変わらなくても、
    ひとつのアンチテーゼとしてやはり時代時代にこういう作品は必要だと思いました。

    作文になっちゃいました。
    シンプルにくすっと笑って、ちょっぴり感動できるラブ・ドラマ。
    ジョージとブロンディの並んで干したパンティとブリーフが
    リアルで微笑ましかったです。
    (120901鑑賞)

  • 悪くない。グリーンカード(永住許可証)を取得するために偽装結婚した男女が入国管理局の調査をパスするために夫婦生活を演じることに…。いかにもドタバタなラブコメになりそうな設定を(そういう要素はわずかにありますが)、落ち着いた雰囲気の大人の映画に仕上げるというセンスの良さを買いたいです。

    2人の計画がわずかな綻びから破綻してしまうのは切ないですが、ラブストーリーの部分は予想通りで、特に共感できるようなものではないです。

  • 国籍とるのもたいへん。

全32件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×