スチームボーイ 通常版 [DVD]

監督 : 大友克洋 
出演 : 鈴木杏  小西真奈美  中村嘉葎雄  津嘉山正種 
  • バンダイビジュアル (2005年4月14日発売)
3.20
  • (35)
  • (93)
  • (218)
  • (51)
  • (15)
本棚登録 : 706
レビュー : 115
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569621450

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あいかわらず暑いです。空いてそうな映画館で映画を見ようと思い、スチームボーイにする。観客は意外と多い。
    予告編がありきたりで熱が感じられなかったので、本編もきっと駄目だろうな思っていたらそのとおりダメだった。

    いったい誰向けに作った映画なんだろう。少なくとも大友克洋ファン向けではないことは確かだ。なんのひねりも驚きもないストーリー展開。お手本通りに話が進み、たんたんと終わるだけ。これだったらコナン君とか毎年今頃上映されてる劇場版ポケモンシリーズの方がよほど工夫が凝らされていて見た甲斐があるというもの。
    この手の話はそういう映画でさんざんやられてきてるんで、3番煎じ4番煎じがつまらないのもあたりまえ。せめて主人公が空を飛ぶとき宮崎駿あたりの飛翔感や高揚感があればいいけどそれもないし。

    そんな芸のないシナリオにのっかった大友克洋の絵とCGは見事だけど、舞台となる19世紀中頃のイギリスの雰囲気を出そうとすればするほど、じゃあ別にアニメじゃなくていいじゃない、実写にすればという気がしてきてしようがない。実写にすればリーグ・オブ・レジェンドみたいな感じで、もっとましになったんじゃないかな。

    鉄製の機械の持つ重厚さを出したかったんだろうけど、彼の絵柄は重厚さにむいてないし。
    第一、登場人物の顔がいつもの彼の絵と変わってないのに、突然イギリス人ですアメリカ人ですって言われてもなあ。

    ああそうか。この映画はコナン君やポケモンよりもっと下の世代向けなんだ。コナン君や劇場番ポケモン(ストーリーが長い方)はだいたい小学生以上だから、4、5歳向けということか。なんだ、それならそうと早く言ってくれればいいのに。今日の観客はきっと皆それを知らずに来たんだと思う。

    まあ、親子連れ映画としても、あんまりいいできではないですけどね。

    悪口を最後にもう一つ。
    声優の声。いかにも、アニメです、作りものです、といったわざとらしさが耳につく。せめて声優ぐらいはその世界に入り込んで喋ればいいのに。
    特にロイド役の中村嘉葎雄。舌がもつれがちなのは論外。

    結論
    あ~、つまらんかった。

  • 映像はピカイチ。これだけは見る価値がある。
    しかし、いかんせん脚本がへぼすぎる。非常に残念。
    冒険活劇にしたかったのか、科学との向き合い方を考えさせたかったのか、どれも中途半端。
    でも、映像が良いので、何とか最後まで観られた。
    いやー、もったいない。

  • GENGA展で30年ぶりの大友ブーム(マイブーム)が来て、TSUTAYAで借りてみた。何よりもこれみて思ったのは、未来少年コナンの復刻版だね。スチーム城は、まんまインダストリアのギガントだし、お父さんは、ラオ博士。少年はコナン。
    しかし、映像は素晴らしい。製作費23億円、興行収入11億円って、どんな赤字だよ。でも、こりゃあそのくらいの費用かかっているよね。海外での評価が知りたいです。ボクには、一連のジブリより、ずっと良かったけどな。

  • 見て損はない

  • シーンのいくつかには大変印象に残りました。典型的な大友さんのキャラクターの表情。巨大なメカ。なんでしゃべりと口のアニメーションがあってないんだろう。そういうところが気になることってあまりなかったんだけど。

  • 〜2015

  • ※暴力及び流血描写の含まれる作品です。

    【印象】
    19世紀英国で蒸気的な争いに巻きこまれる少年。
    科学の立ち位置、科学に携わる人間の立ち位置。

    【類別】
    SF、スチームパンク。

    【脚本等】
    期待しない方がよいかもしれません。

    【画等】
    蒸気機関、歯車、独特な機械、そういったものに興味のある人へお薦めします。緻密な描写が魅力です。

    【音等】
    中世ファンタジーを想起させる牧歌的な音楽から、ありがちな劇伴クラシックまで。

  • スチームパンクが好きなのでビジュアルだけで満足。スチームパンクに興味ない人は観なくて問題ないです。
    リアリティを求めてはいけません。スチームパンクは無駄なガジェットが魅力です。
    それが楽しめないならわざわざ観るのは時間の無駄ですよ。

  • 某サイトの評価も低めだったんで、観る間迷ったものの、鑑賞。
    他の方のレビューにもありましたが、映像を楽しみましょう。
    色々突っ込んではダメですって感じかな?でも、ながら観だったから(爆)
    テーマは面白い!化学とはどうあるべきかっていうのも、普遍のテーマだし。
    個人的に面白かったのは、ヒロインが目茶ウザいんだけど、キャラがベタじゃなくて良かった(笑)
    見てるとムカついたけど、奴がいないと話がなりたたんという感じ。
    でも。。。敢えて見るひつはないかな^_^;

  • 大画面で観たらもっと楽しめただろうなぁと悔しがりながら観た。
    大友作品はモブシーンで人物や機械とかが細かいところまでヌルヌル動いてるのを見るが好き。

全115件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家・映画監督。宮城県出身。
1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。
1988年、自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を受け、海外における日本アニメムーブメント(ジャパニメーション)のさきがけとなった。
2013年、日本政府より紫綬褒章。2014年、フランス政府より芸術文化勲章オフィシェ。2015年、第42回アングレーム国際漫画祭・最優秀賞(フランス)。

「2017年 『TRIBUTE TO OTOMO』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外部サイトの商品情報・レビュー

スチームボーイ 通常版 [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする