バーティカル・リミット コレクターズ・エディション [DVD]

監督 : マーティン・キャンベル 
出演 : クリス・オドネル  ビル・パクストン  ロビン・タニー  スコット・グレン  イザベラ・スコルプコ 
  • ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2004年9月8日発売)
3.00
  • (3)
  • (13)
  • (41)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 118
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462011954

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ある意味不朽の名作(笑)僕の中の駄目映画NO.1かも(笑)
    とにかく登場人物がヘタレすぎる。ヘリから降りるだけで死にかける(笑)なんでニトロなんて危ない物背負いながら山登るの?もっといい方法あるやろ(笑)天気よくなってんからヘリで救助ポイントまで行けばいいのに(笑)ほとんどのキャラがどうでもいいとこで命を落としていく(笑)しかも大概ニトロが原因、言わんこっちゃない(笑)始めに救助を反対した大多数の方が完全に正しかった。判断を誤って多くの人が無駄死にする意味不明な映画(笑)制作側が話を盛り上げようと無理やりアクションいれ過ぎて失敗する典型的なパターン。ある意味面白いんで☆二つ。

  • こんな危険な状況で遭難者を救出に行って、さらに何人もの命を喪うなんて、娯楽映画だからしょうもないけど…実際に山を登る側から見ると完全なるブラックコメディw

    より多くを助けるために自分が犠牲になるのは仕方がないとして、冷静な判断なしに自分の命を犠牲に人を助けることはあり得ないよなぁ、と。

    ハラハラドキドキはしたけれど、山岳映画としてのリアリティのなさが際立ち過ぎていてどうにも集中できなかった作品。

  • インフルで寝込んでいたとき、たまたまやっていたので観た。
    むちゃくちゃである。
    山が舞台であることにもはやなんの意味もない。

    「爆発するぞ!ニトロを日陰にうつせ!」
    と言われ、ニトロ爆弾に雪を一生懸命かけている。
    この辺りからは、完全に爆笑しながら観た。

    うん。いかにもアメリカな無茶苦茶な映画だ。

  • 登山を使ったただのパニックエンターテイメントムービー。
    ストーリーもリアリティも全然無い。
    また見ることはないだろうなあ。
    でも通しで見れたのは山だったからかも。

  • レンタル鑑賞

  •  K2登山中に遭難した妹を助ける為、兄はニトロを背負って山を登るという狂気の救出に向かう。

     かなり本気の山岳ロケが窺われる映画。ただ、三人を助けにいくのに何人も犠牲が出そうな救出をするのはいかがなものか。
     悪くはないんだけど同じようなテーマの『運命を分けたザイル』を見た後だとちょっと霞む。

  • 最近はじめから面白くないと見るのをやめてしまう。が、これは冒頭から引き込まれる!あらすじ読んだだけでもおもしろそう!と感じた!
    パニックでどろどろの人間模様が好きなんだろうな(^-^;)

    ちなみに、メンタリストのロビンタニーのイメージが違ってておもしろい。幼くて可愛い!

  • ニトロ遊びwww

  • TV深夜シネマ録画>再見。昔見たにも関わらず、全く記憶に残ってないので久々に再見。。
    酷いwwww!!山岳アクションにしたって酷いわ~~ww!!ないわ、ない。。記憶に残ってないのが分かった気がする。。普通の山岳(登山)映画の方がやっぱり好みだと再認識。
    まず人名救助にニトロはヤバイでしょww!?人1人(妹)助ける為に何人の人が死んでんだって話www主人公の自己チュー加減が酷い。ニトロ爆発させて二次災害(確実に雪崩発生,他の山をぶっ壊しかねない。パキスタン軍がニトロの責任負わんとかw、ニトロの扱い方よく解ってないとかアホやろ!?漏れて自爆とかありえへんわwww笑ったけど!)やら救助に向かった隊がバカ過ぎて話にならへんかった。。一難去ってまた一難と色々と面倒な事が起こる連続で疲れたわ→連続過ぎてしらけた。。山岳アクション,エンタメとしては面白いのかもしれないけど、これは酷いわ。。B.パクストンがとんだクズ野郎でもっと酷い死に方してもいいのになぁ~なんて思ったw
    スタローンが出てる「クリフハンガー」の方がよっぽど楽しww♪

  • ネパールのk2峰を目指す登山家が、遭難してしまう。ニュージーランドで撮影されたが、素晴らしい
    景観に圧倒される。撮影用機材を3千mまで持ち込む発想も凄い。雪崩シーンも凄い。家族でハラハラしながら見た。

全24件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする