コンスタンティン 特別版 (初回限定版) [DVD]

監督 : フランシス・ローレンス 
出演 : キアヌ・リーブス  レイチェル・ワイズ  ジャイモン・フンスー 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2005年9月2日発売)
3.69
  • (41)
  • (45)
  • (78)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 270
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135559517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キアヌ・リーブスのスタイリッシュ悪魔祓い。
    ガブリエルやルシファーのキャラクターがカッコ良すぎて、何度も見てしまう。

  • 世界観強くて、スリル?SF?でもキアヌ・リーブスだしアクション?とわくわくしつつ見たけど、ファンタジーだった。
    キャストも豪華だからまだあれだけど中二感ある…笑
    ネタバレになるけど、「自己犠牲」の瞬間笑っちゃった。

  • 画面的に美しかった。
    ところで、なぜジョンを切り捨てられないほどお気に入りだったのか謎。お迎えも自ら行くつもりだったみたいだし、極め付けは肺を治しちゃうところ。好き過ぎるやろ!それとも神に楯突くためのルシファーなりの悪あがきなの?あぁ!原作読まないと分かんない!

  • 原作のアメコミは知らないけれど、テイストは映画であっても漫画的。
    キアヌは悲壮な顔とスーツが似合う。ティルダ・スウィントン演じるガブリエルは見た目も漫画的でかっこいい。服は厨二病っぽいし(笑)中性的で人間っぽくない役がハマる女優さんだ。
    キリスト教がベースなので小難しい感じがするけれど、ちょっとオカルトとかかじっていれば問題ないレベル。それこそ厨二病を患ったことがあるならときめく小物や設定だらけ。
    好きな人にはたまらない映画です。

  • ☆☆☆★

  • 内容はよくある悪魔祓いの物語と言ってしまえるけれど、結構面白く観れた。キアヌ・リーブスがかっこいい。

  • 聖書の知識がある人には、かなり面白い作品だと思う。
    とにかくカトリック要素の強い作品なので、下地が無いと、ただの中途半端なアクション映画にしかみえないかもしれない。あたりまえだけど、欧米で公開されること前提の映画だなぁという感想。でも純粋なカトリックの人達には大顰蹙を買いそうだけど。

    そして、ガブリエル役の女優さん、とてもかっこよかった。この方、いつも”何かを超越した存在”の役をやってるけど、この時点で既に達観の演技が板についてらっしゃるというか。オーラが天使だった。

  • 神対悪魔というテーマは個人的には凄く好きなんだけど、どうして映像化するとちゃっちい、安っぽい話になるのかなあ。まあまあ楽しめる作品なのだが。

  • アイディアはすごく面白い。キアヌの演技が元々好きなのはあるけれど、映画自体が彼に助けられている感はある。原作に興味が湧くほどではなかった。

  • 宗教色が強いということで楽しみにしてたが、やはりメインはCGアクションであり、個人的にあまり好きになることができなかった。
    展開も予測不能!とかではなく、どうぞ予測しながらハラハラアクションを眺めてやってくださいといった感じで目新しさはない。

    宗教の絡め方もシリアスではなく、エンターテイメントとしての位置づけであったため、美しさは特になかった。

全59件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする