スーパーサイズ・ミー [DVD]

監督 : モーガン・スパーロック 
出演 : モーガン・スパーロック 
  • TCエンタテインメント (2011年10月17日発売)
3.44
  • (47)
  • (130)
  • (214)
  • (29)
  • (5)
本棚登録 : 697
レビュー : 158
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4532640301606

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 身体に良いわけがしないマックですがここまで身体に悪いとは。。。ちょっと驚きです。まぁ冷静になればマックだけじゃなくモスやミスドでも毎日食べれば身体に異常が起きるのは当たり前。マックだけが悪いと言う問題ではないのですが驚いたのはチーズバーガーのチーズには少量のカフェインとアヘン系で中毒性のあるものが含まれているという事実。子どもを虜にするドナルド戦略から考えてあながちでっち上げじゃないなぁと。あなたはナゲットの鶏肉はどこの部位だかマック自体も知らないって言う事実知ってましたか?なぜかって?それは見てのお楽しみ〜

  • 映画というよりドキュメント?ワクワクとまではないけどとても勉強になった。アメリカの学校って・・・って思ってしまう映画。

  • 正しい食事をしようと思いました。
    監督自ら体を張るとこがいいですね。でも体張るだけにとどまらず、調査も本格的で勉強になりました。

  • マックに怖くていけない。。案のわりにものすごく徹底したドキュメント!!食生活の大切さを痛感。アメリカで野菜中心のモノを食すのは不可能なんだろうか。。

  • 食いまくってた

  • マックにはいけない。
    クッキーとカフェオレを手に見ていたけれど、途中で食べれなくなってしまった。
    食生活の大切さを痛感。

  • これを見てからはマックに行く頻度が激減した。計算すると…半年に一回のペース(笑)このパッケージの監督が30日間マックのメニューのみで生活をしていく様をドキュメント形式で綴ったモノだが本当に凄い、命を懸けてました(笑)皆様、マックに行く前にまずはこれを見て下さい。

  • モーガン・スパーロック監督が1か月間マクドナルド製品のみの食事をし体に起こった変化を収めたドキュメンタリー。医者を初めとする様々な分野の人々のインタビューも間に挟まれる。
    ファーストフードを食べ続ける結果として体重の増加や高血圧はすぐに思いつくが、監督自身が訴える嫌悪感や変化や恋人による性生活面への影響の告白など、多方面への変化の表れ方が興味深かった。また各種インタビューやデータを通じて見るアメリカの食生活の実態は衝撃的。
    作品に登場するマクドナルドのヘビーユーザー達は「1個食べたら次がまた欲しくなる」とその中毒性を語り、実験を続けた監督も似たようなことを後半で言っているが私はマックのハンバーガー独特のなんともいえない薬品めいた味が嫌いでここ数年の間で口にしたことは一度くらい。この作品を見て更に嫌悪感が増したような気がする。

  • マクドナルドにしばらく行けない。

  • デブが太ってマックを告訴なんて考えられない。日本じゃ。
    べつにマックじゃなくたってこんな食ったらだめになっちゃうでしょ。目の敵にするな。ちゃんと自分で選べばいいんだよ。
    でもみてると気持ちわるくなるのにふしぎと食べたくなってくるんだよなあ。

全158件中 101 - 110件を表示
ツイートする