ピアノ・レッスン [DVD]

監督 : ジェーン・カンピオン 
出演 : ホリー・ハンター  ハーヴェイ・カイテル  サム・ニール  アンナ・パキン 
  • 紀伊國屋書店
3.70
  • (79)
  • (77)
  • (120)
  • (18)
  • (4)
本棚登録 : 562
感想 : 77
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4523215008655

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昨日、ジェーン・カンピオン監督の「コーダ」を映画館で観て、嗚咽が出るくらい泣いてしまいました。同じ監督ということで、大昔に観たこの映画を再鑑賞。結末とかすっかり忘れていたので、新鮮な気持ちで観れました。
    年を重ねた今だからこそわかる感情のひだというのでしょうか。登場人物それぞれの想いや意志の表現方法が巧みだなあと感じました。
    30年前の映画なのに古さを感じさせない、素晴らしい作品です。

  • 映画ならではのダイナミックで上品で斬新なカメラワーク。本当に素敵な映像美だった。写欲がかきたてられます。^^b 内容的にはありふれたお話かもしれないけど、感性の強い女性なら共感できることが多々あると思います。ネットにあふれている映画評はあてにならないと思った。一般の方レビューを信じて良かった♪

  • 浜辺に捨て置かれたピアノとマイケル・ナイマンの美しい音楽。それだけで星五つの説得力、胸に迫るものがあった。
    自分の愛するものを不要なものとして捨て置く男と、君の好きなものは俺も受け入れようという男、どちらがいいかは言うまでもないと思うのだが。
    確かに主人公の我が子に対する母性のなさは首を捻りたくなる。だがやはり、冒頭の、海辺のピアノとナイマンの音楽には、感性を撃ち抜かれてしまった。

  • 1993

  • エイダが孤独なベインズに共感をしたのか同情をしたのか、急に心と体をゆるしたのが分からなかった。子どものフローラは、新天地でたくましく順応していっているのに、外で待たされて中を覗いたときに母の淫らな姿を見てしまうとか、自分が善しとして父に恋文を持っていったことがキッカケで母の指が落とされるとか、母の都合でまた生活を変えねばならないこととか、子ども目線では辛い展開。フローラの幸せを願う!

  • エイダやりたい放題やんけ。子供ちゃん可哀想だ。
    誰にも感情移入でけんかった。フリンはいかん!

  • 「悲しみの生む美しさ」の集大成。望まぬことに耐える表情を映し続ける映画なので、かわいそうで、捉えようによっては悪趣味な気もする。でも「泣き顔が美しい」って言葉のように、人が悲しみに包まれている状況に美を感じてしまうことってあるし、そういう美しさの琴線に触れた映画だったと思っています。感情移入はしなかったけれど、良いと思えた不思議な感覚の映画でした。

  • 言葉の離せないエイダ。細くて老けた感じに見えたけど脱ぐと結構すごい。娘のアンナパキン。わずか11歳にしてすばらしい演技力で圧巻だった。サムニールいつもろくな役無いな。

    エイダ・・・ホリー・ハンター
    ベインズ・・・ハーヴェイ・カイテル
    スチュワート・・・サム・ニール
    フローラ・・・アンナ・パキン

  • うーん、この映画の良さがわからなかったなぁ。主人公が何を考えているのかわからないというのが辛い・・・。不倫相手のハーヴェイ・カイテルのどこがいいのか理解に苦しむ。男2人の生活感がまるでないのも不思議だ。

    最後のシーンは、嫌な思い出をピアノとともに海に沈めて生まれ変わるということか? 安っぽい話だな。

  • 映像の美しさが散りばめられた作品。

    色あせていて、暗くて、雨や泥沼がよく出てくる。ジトジトしている。森の風景も印象的。

    主人公も美しい。
    眼力すごい。何かを訴えているようで引き込まれるし美しい。青白い肌も陶器のようで美しい。特に首筋。話せないから手話なんだけど、その動きがバレリーナのように優雅で美しい。

    ものは言わずとも内に秘めた激しい情熱が度々あらわれるのもいい。静かだけれども、強い視線として、強い行動として、ピアノの音色として。不思議な感じがする。

    せっかくの美しい映画なので、、、股間にモザイクかけるのはやめて欲しかった笑笑

    つぶやき
    ・子供に行為を見られるという教育上よくない話 笑 よく親子関係戻ったな。。
    ・最初嫌がっていたのにいつのまにエイダはベインズに惚れたのかがわからない。
    ・ベインズはピアノでエイダをつったように見える。。

    もう一度みたら真意が理解できるかな。

    確かに、ピアノを理解しない人よりも理解してくれるほうがいいけれど、ベインズがピアノでつってきた感を感じてあまり祝福する気になれませんでした。

全77件中 1 - 10件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×