ドラゴン桜 DVD-BOX

出演 : 阿部寛  長谷川京子  山下智久  長澤まさみ  中尾明慶 
制作 : 三田紀房  秦建日子 
  • メディアファクトリー (2005年12月22日発売)
3.71
  • (28)
  • (19)
  • (52)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 162
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4935228053667

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 急に見たくなり、ツタヤで全巻レンタルして一気に見た。
    最初の特進クラスに生徒を入れるまでのところが、長くまどろっこしく思えたが、東大を目指そうという気持ちになることが一番大事なのだということだと理解した。
    その後もなかなか生徒は本気にならないが、徐々に勉強に目覚めていく。桜木先生がきつい言葉で煽って、生徒達がそれに応えて闘争心に火が付き、まっすぐ前を見て東大を目指す。阿部寛、かっこよすぎ。
    大学でも、職業でも、スポーツでも何でも、目指すと決めたら7割程度はその夢はかなっていると考えている。
    いくら頭が良くても、東大を目指して受験しなければ、決して合格することはないのだから。

  • 落ちこぼれが集まる龍山高校の生徒を東大進学させ、多額な負債を抱えている学校を進学校化し、経営を立て直す為、元暴走族リーダーで弁護士の桜木建二が立ち上がるお話です。

    「世の中は頭の良いヤツが得をするように、頭の良いヤツがルールを作ってる」
    独特な発想から生まれた授業や、桜木先生の言葉が印象的でした。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • 平均偏差値36の 高校が 倒産になりそうで、
    管財人として 弁護士 桜木(阿部寛)が赴任する。
    桜木は 暴走族上がりの 弁護士。
    そこで、東大に 5人 合格させることを目標とした。

    特進クラスの高校生が、
    山下智久、長澤まさみ、中尾明慶
    小池徹平、新垣結衣、サエコ。
    みんな、若いねぇ。

    300万円の借金を 受けとらざるを得なかった山下。
    バカ呼ばわりされて、卒業したら、手伝わざるを得ない 長澤まさみ。
    オヤジは 2000人の職員がいる社長で、反抗してばかりいる小池徹平。
    双子で、弟は優秀で、それにコンプレックスのある兄。
    東大現役合格ギャルを狙う サエコ。
    山下の彼女である 新垣結衣。
    それぞれが、バカから 脱出する。

    桜木弁護士の 説得力が なんともいえない
    絶妙である。
    グローイングアップ物語。
    生徒たちは 基本的に 真面目が特徴。
    アタマは、カラッポと言う設定だが。

    東大入試の テクニックが 満載。
    傾向と対策ですね。

  • 元暴走族リーダーで新米弁護士の桜木建二は、多額な負債を抱えている私立龍山高等学校の経営を立て直すため、進学校への転向を提案する。しかし龍山高校は落ちこぼればかりが集まる学校として有名で、東大進学など夢物語と考える者がほとんど。桜木は教師となって、特別進学クラスの設立を宣言するが…。三田紀房原作の大ヒットした同名コミックを元に阿部寛主演でテレビドラマ化。一風変わった教師の奇想天外な活躍を描いた学園ドラマ。

  • 阿部ちゃん最高!

  • 再放送の一挙放送で再視聴。目標設定と方法が正しければ、確実にゴールに近づくといつも思わせられる。

  • 実話に基づくドラマだそうですが、結構面白かったです。受験も大変ですがこんなに簡単(ツリーは大変そう)にできたらいいですね。

  • 原作の漫画を先に読んで、ぜひ観たくなった。

    設定その他、少しずつ変えてある。

    受験の参考には、あまりならないかも?

    新垣結衣が地味。

  • やっぱりアホより賢い方がいいと分かったドラマw
    山ピーと小池徹平だいすきー❤w

  • バカ学校の倒産⇒民事再生の一環として、東大現役生をだす。

    阿部寛の話はいつも的をついていて納得させられました。
    ただ、あの特別講師を雇うのにどんだけの費用を払っていたのかが、疑問です。

    学校の資金はほぼないに等しいと思っています。
    あれほどの、受験プロを6名の生徒のために4名つけるとしたら、
    1人あたり月100万は払わないと無理でしょう。。。

    4名だから月400万円。年4800万円。

    なんだか、自分も勉強したいなと思わせるようなドラマでした。

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

弁理士

「2019年 『テーマ別重要特許判例解説 第3版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする