天使にラブ・ソングを 2 [DVD]

監督 : ビル・デューク 
出演 : ウーピー・ゴールドバーグ  マギー・スミス  キャシー・ナジミー  ジェームス・コバーン 
  • ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2012年1月19日発売)
4.00
  • (315)
  • (227)
  • (274)
  • (19)
  • (2)
本棚登録 : 1463
レビュー : 201
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241939715

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BSで何年かぶりに観ました。やっぱり最高。
    ココロが元気になれる。一番好きなエンディングの映像がまた見られて嬉しい。出演者総出で皆楽しそうなのがイイ!

    • アセロラさん
      >nyancomaruさん
      ぜひぜひ♪(笑)2を語りましょうw
      >nyancomaruさん
      ぜひぜひ♪(笑)2を語りましょうw
      2013/03/19
    • koshoujiさん
      こんにちは。
      どちらも好きですが、私は2派です(笑)。
      子どもたちの一所懸命さが伝わってくる分、2の方が好きですね。
      特に声が細々とし...
      こんにちは。
      どちらも好きですが、私は2派です(笑)。
      子どもたちの一所懸命さが伝わってくる分、2の方が好きですね。
      特に声が細々としか出なかった男の子が少しずつ自信を持って歌えるようになるシーンとか、
      ボーカルの女の子がお母さんに認められるシーンとかに感動します。
      たしかあの女の子は、その後実際に本物のシンガーとしてメジャーになったんですよね。
      2013/03/20
    • アセロラさん
      〉koshoujiさん
      こんにちは^^koshoujiさんも2派なんですね!嬉しいです♪
      わかります、生徒達の一生懸命さも伝わるし、成長...
      〉koshoujiさん
      こんにちは^^koshoujiさんも2派なんですね!嬉しいです♪
      わかります、生徒達の一生懸命さも伝わるし、成長していく姿も良いんですよね。

      声が小さかった男の子が綺麗な高音を出したり、夢をお母さんに反対されてた女の子が最後に認めてもらえたり…。両方、印象的なシーンですね。

      そうそう、だいぶ後に、彼女(ローリン・ヒル)、日本のCMで歌ってましたよね。すっかり大人になって、なんだか感慨深かったです(笑)
      2013/03/21
  • 1作目は宗教批判やサスペンスもあったりと多面的な映画でしたが、今回は学園青春映画になっていてビックリ。主人公が神学校に送り込まれるという設定はよく考えられています。全くいうことを聞かない生徒たちが、なにげに歌唱スキルが高い奴ばかりだというのはあれですが、そのなかに無名時代のジェニファー・ラブ・ヒューイット(かわいい!)やローリン・ヒルがいるのだから、それはそれで見どころです。

    歌を歌うことによってバラバラだった子どもたちの心を一つになって、最後に見事な歌唱シーンが披露されるというのは予想通りですが、これって後に「Glee」とか「ピッチ・パーフェクト」で散々再生産されたパターンなんですね。

  • 実は神父さんたちもとっても良い人たちなのが素敵。

  • これも今更感があるけれど、レビューしていなかったので。
    何度でも見ちゃうんですよね。何度も見ても面白いなーって、思うんですよね。
    デロリスの俗っぽさが良い。高尚なメッセージだったら高校生たちには届かなかったんじゃないかなー。
    ローリンヒルが出てるのも魅力的。

    Oh Happy DayとJoyful, joyful だとJoyful, joyfulが好きだな。

    これからもお世話になります。

  • ハイスクールの存続をかけて、やんちゃな高校生たちが聖歌隊として一つにまとまる様子を見守っていると、ラストは自然と涙が出てきました。
    可能性を信じて、挑戦する姿がすがすがしかったです。

  • 実にアメリカらしいスクール青春白書って感じ。でもそれが気持ちいいでしょ。ウ―ピーの俗尼僧ぶりも相変わらずだし、その中にもちょっとしたドラマがあって、実に気持ち良い映画ですわ。オーハッピーデイと終わった後は、ちょっと成りきって歌ってしまった人は自分だけではないことは確実でしょうね。
    あと、ローリンヒルね。

  • 大好きな映画です!
    何度見ても本当にすばらしいです。
    結構BGMやら音楽に着目する癖があるのですが、もちろんその音楽もとってもすばらしい。
    Oh Happy Day、Joyful, Joyful、Ain't No Mountain High Enoughと好きな曲がいっぱいです!
    music classのみんなが仲良しなのもよいですね! サボりだけれど、どっかに遊びにいくんじゃなくて屋上で全員で歌ってるなんてすごくいいです。真面目か不真面目は置いておいて、序盤の頃からみんな音楽が好き、ということが一貫していて。
    挿入歌やキャストが歌う歌はもちろんですが、最後、Sister Mary Clarenceが花束を受け取った時、掲げるのと同時にBGMがばーんと最高潮になるのがお気に入りです。


    久しぶりに見たら、Delorisと院長先生が再会するシーンで何故か目頭が熱く……。

  • 続編はコケるイメージがあるが、これは別!!

    前回のシスター達に今回も楽しませてもらった♪

  • 何年たっても良いものは、良い。
    最後の、「ジョイフルジョイフル」は最高です。

  • 前作比引き続き、2もよかった。
    学園ものに切り替わった作品で
    幼いローリン・ヒルが素晴らしい。
    こんな高校生いないだろ!?と
    ツッコミたくなるほどみんな歌・演技がすごい
    文句なし。

全201件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天使にラブ・ソングを 2 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

天使にラブ・ソングを 2 [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする