ティム・バートンのコープスブライド 特別版 [DVD]

監督 : ティム・バートン 
制作 : ダニー・エルフマン 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2006年3月3日発売)
3.69
  • (182)
  • (225)
  • (350)
  • (36)
  • (2)
本棚登録 : 1306
レビュー : 220
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135566294

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 陽気な死者の世界。

  • 映像は全体的に暗いけれど、陽気な音楽は好きです。

    ビクターが死者と結婚しようと思った意図が結局よく分からなかった。
    ビクトリアが結婚するから自暴自棄になったのか、死者を地上に連れて行ってビクトリアの結婚の邪魔をしようと思ったのか…?
    地上世界がモノクロで、死者の世界がカラフルなのですが、あまり差がなく言われるまで気付かなかった。ビクターも細くて顔色が悪くて死者みたいで、メリハリがもっとあった方がいいような気がした。
    死者の女の子も、初めて会ったビクターを愛するのも不自然。
    あまり深く考えず、綺麗だな~って感じで見た方がいいのかも?

  • 暗い絵ではじまるのに
    すごく引き込まれる。
    人形の動きがかわいいし温かみがある。

    こういう作品、もっとみたいなあ。

    人形の表情、動きも細かいのに
    なんとなくアナログな味もしっかり残していて
    その絶妙なバランスが最高。

    もう何度も繰り返し観ている作品です。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「なんとなくアナログな味も」
      もともと超アナログの方ですからね。初めて「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」を観た時は
      目まぐるしく動くな~...
      「なんとなくアナログな味も」
      もともと超アナログの方ですからね。初めて「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」を観た時は
      目まぐるしく動くな~と感動しました。
      どちらも、オドロオドロしいけど切ない話ですね。。。
      2012/07/13
  • 現実の世界のほうが死の世界よりずっと暗くて陰湿、常に何かに悩んでいる。逆に死者の世界は明るい。そのティム・バートン独特の世界観が良いのだが、そこに19世紀ヨーロッパの風潮や社会性も取り込んでいるので面白い。いつも思うのだが、ストップモーションアニメは本当に見ていて飽きない。瞬きするのも勿体ない。

  • 可哀想な花嫁。
    不安な気持ちにさせられる。
    そこが好き。
    犬、可愛い。
    二人が月を見上げるシーンが好き。
    クスクス笑っちゃう所も良い。

  • 好みの映画です。
    音楽もよかったし

  • ストップモーションアニメ。
    ナイトメアの頃よりも技術が上がってるのが分かる。
    この世とあの世の分け方をそうしたのか!と思った。

    星4なのは、救いがあるのか無いのか、みたいな…。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「救いがあるのか無いのか」
      彼女は救われたでしょ!
      それにしてもコープス・ブライド(ヘレナ・ボナム=カーターらしくなく)は可愛過ぎ!
      「救いがあるのか無いのか」
      彼女は救われたでしょ!
      それにしてもコープス・ブライド(ヘレナ・ボナム=カーターらしくなく)は可愛過ぎ!
      2013/05/02
  • コープスブライドが切ない。
    そのまま暮らしてあげてと思わず思ってしまうくらい。

  • 泣きました。
    めちゃ、いいっす

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      ティム・バートンの作品は全部好き。
      ティム・バートンの作品は全部好き。
      2012/06/06
  • 何かがつんときた。

全220件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ティム・バートンのコープスブライド 特別版 [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする