ショーシャンクの空に [DVD]

監督 : フランク・ダラボン 
出演 : ティム・ロビンス  モーガン・フリーマン  ウィリアム・サドラー  ボブ・ガントン  ジェームズ・ホイットモア 
制作 : フランク・ダラボン  スティーブン・キング 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2006年1月27日発売)
4.18
  • (141)
  • (43)
  • (86)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 389
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135567192

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号:96K014(館内視聴のみ)
    所蔵資料はレーザーディスクです
    請求記号:05D192(館内視聴のみ)

  • 請求記号:05D192(館内視聴のみ)

  • ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編 (新潮文庫) 「刑務所のリタ・ヘイワース」本で読んでスティーヴン キングでは一番のお気に入りだが、映画もいい。伸たまきの「星の歴史」を彷彿とさせる

  • 無実の罪で 終身刑の主人公が、希望を捨てずに 塀の中ですごす日々。
    「だれにも奪えないものがある。それは…希望さ」にじんとくる。
    ラストシーンの 青い海の美しさに感動し、 
    温かい気持ちになれる 作品でした

  • ラストが最高。希望と友情の話。見終わったときに爽やかで前向きな気持ちになれる不朽の名作。

  • 複数の友人からすごくいいから見た方がいいと言われ続けて
    ようやく見れました。

    とにかくアンディが悪の権化のような所長を
    出し抜くところが気持ちいい。

    図書室を改装するシーンと
    ラストの綺麗な海のシーンと
    獄中の仲間がアンディのことを誇らしそうに思い出話するシーンが
    好きです。

  • 図書館で借りて、見ました。

    アンディーすごい!!
    最後の方は、少し スッキリします。

  • ちょびっと泣いてスッキリする映画。

  • とりあえずアンディーすげーww

    必死に生きるか必死に死ぬか・・・ムショでの人々に与えられた選択肢はこの二つ。

    希望は素晴らしい
    何にも替え難い
    希望は永遠の命だ

    とりあえずラストの急展開→結末の流れはすごく素直に喜べたが筆者が何を言いたかったのか、そしてそれに共感できるかと言われれば全てにイエスとは言えない気が・・・

  • 名作で評価も高い一作。
    希望の素晴らしさを教えてくれます。

    よかったんだけど、なんかそこまで思えなかったなー

全84件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする