フェノミナン [DVD]

監督 : ジョン・タートルトープ 
出演 : ジョン・トラボルタ  キーラ・セジウィック  フォレスト・ウィテカー  ロバート・デュバル 
  • ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006年4月19日発売)
3.48
  • (16)
  • (43)
  • (51)
  • (12)
  • (2)
  • 本棚登録 :209
  • レビュー :41
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241931535

フェノミナン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大人のおとぎ話って言葉がピッタリだと思った。
    少し物悲しくて、でも温かい気持ちになれる。


    登場人物が素敵な人ばかりだと、作品も愛すべき物になるわね。素敵☆

  • いい映画でした。
    ジョージは、いつも単なる希望だよと言って、レイスへ想いを伝え続けた。レイスはジョージの熱いおもいに打たれ、ジョージを愛するようになった。ジョージは皆に怯えられ奇妙なものを見る目で見られても、めげないで自分を証明するために勉強した。そしてそれを支える大切な友人もいた。
    脳の腫瘍で不本意に亡くなってしまったけれど、死ぬ前に愛するべき人を愛しやりたいことをやり遂げたジョージ。最高なやつだった。
    一年後のジョージの誕生日を祝う会が賑わっていること、ジョージが満面の笑顔が飾られていること、親友ネイトが、ジョージがふいに作ったきっかけにより結婚まで進展していたことなどに、心があたたかくなりました(^ム^)

  • すごくすき。深い。
    また見たい。

    日本でのキャッチコピー
    「人生には、説明できない不思議がある」
    いいなあ。

  • TV深夜シネマ録画>トラちゃんがとある事がきっかけで脳内覚醒。超能力を身に付けてしまう映画。特殊能力持って変人扱いされるのってやっぱり可哀想。本人自身は変わらないのに。人間の対人見る目変わる集団心理って怖い。
    ラストが切なく、可哀想なお話だった。でも良い話。

  • さて問題です
    来年、俺のトウモロコシ畑に何を撒いてくれと?

  • 器用ではないが憎めないキャラクターを演じるジョントラボルタは素敵

    今話題の「ロケットマン」が映画内に出てきたのには驚いた

  • ジョージ、最初から最後までまったくブレずにめっっっっっっっっちゃくちゃいい男で本当にやばい。

  • SFとラブストーリーが上手に混ざった映画だった トラボルタって純粋で好きな人に対して一途~な役が似合いすぎないか…泣くよ!髪切ってもらうシーンとバーで医師がキレるシーンとラスト切なくて良い~良い!

  • Aumm....

  • テーマがよくわからない。

全41件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

フェノミナン [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする