ペルソナ - PSP

  • アトラス (2009年4月29日発売)
  • Sony PSP
3.42
  • (20)
  • (64)
  • (122)
  • (10)
  • (1)
  • 本棚登録 :564
  • レビュー :50
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4984995900438

ペルソナ - PSPの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リメイクされる前の「女神転生ペルソナ」は、序盤の街探索で迷いに迷ったのと、悪魔との戦闘のローディング、バトル時間の長さで疲れて放置していたのですが、物語自体はずっと気になっていたので購入しました。
    まず、OPムービーの美麗さに驚きました。本編の中もそうですが、元のイメージを崩さずに美しいムービーを楽しむことが出来ました。音楽も輪をかけて美しかったです。
    ストーリー性が高く、戦闘も飽きることなくサクサク進めることが出来ました。ペルソナという人間の深層意識をテーマにしているだけあって心理描写が丁寧だったような気がします。
    微々たるものですが、クリア後のダンジョンが、もうすこし充実させてもよかったのではないかと。クリア後とはいえ、ムービーや会話イベントを入れて欲しかったです。

    個人的感想*なんじょうくんが好きすぎて、(2つに分岐するお話設定なのですが)どちらでもパーティーに加えて一生懸命話しかけてました。

  • ◆セベク編

    ・世間がP3Pやっている頃ペルPSP始めたぜ。 懐かしすぎて涙でそう。ていうかヒーホーめ、スペルカードよこせ(笑)。
    ・ペルPS版やり込んだわけではないので音楽とか忘れてるから大丈夫かと思ったんだけど…。 グラフィック的にはあの時代なのに音楽だけ現代で違和感が(´-∀-`;)
    ・でもきっと慣れる。と思う。
    ・サトミタダシ入るとちょっぴり安心する。
    ・ベルベット・ルームのテーマが脳内エンドレス。
    ・夢の中まで戦闘エンドレス。根詰めすぎorz (つまり中毒度は高い)
    ・迷いの森入った。
    ・お城に入った。ここまでは間違いなく(PS版)やってる記憶があるなぁ。
    ・幽霊屋敷。部屋に入る前に一旦ブラックマーケットに戻った。もう一度上ってレベル上げする。
    ・デヴァ・ユガ入った。そしてせっせとレベル上(以下略)。
    ・レベル格差を作り、弱者をいたぶり殺すのが私のスタイル( ̄ー+ ̄)キラーン
    ・技の継承とかあまり考えずに合体させている。あとじっくり育て上げるのも楽しいんだろうけど、今回は色んなペルソナを作りたい。

  • 人間の多面性をテーマにした成長物語。

    システムの都合からか主要キャラの人間関係(家族とか)が掘り下げられないまま駆け足で進行していくため序盤は薄味ですが中盤から終盤は丁寧に進行してて面白かった。独特な雰囲気と交渉・合体システムが楽しく、さらにPS版と比べて驚くほどシステムや視覚情報の快適性が上がっててストレスなく遊べました。懸念していた音楽については合わないけど違和感程度でしたので個人差があるかなと思います。

  • ようやく終わった。女神転生同様時間がかかる。
    ストーリーは、たいして凝ったものではなく、それほど没入できないが、このシステムにはハマッてしまう。

  • だいぶ優しくなりました。でもなー、何故曲をがらっと変えるのかとか、サントラは出ないのかよ!とか色々。

  • 戦闘がだるくて中々先進まない……と思ったらマシになった方なんですか。
    ストーリーが気になるのでのんびりプレイ中。

  • おもしろーサクサクすすむーと思っていたら雪の女王編で涙目。PSPで追加されたらしいセベクEDのムービーがとてもすき。ブラウンがすきすぎて辛い

  • ステキの移植!!
    当時PS版でクリアできず…だったのですが、こちらでようやくクリアです。
    交渉なども無意味にやり込んだり。
    両方のシナリオでバランスよく全員を仲間に加えることができましたので嬉しかったです///
    音楽も素晴らしいです!

  • 挫折。バッドエンディング一直線、分岐後にセーブもしちゃってもうやりなおす気が……orz

  • ランダムエンカウントのRPGはだれるので自分に向いていない。しっかりしたRPGなので、小さい頃にプレイしていれば、はまってたのかもしれないが。

全50件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ペルソナ - PSPを本棚に登録しているひと

ツイートする