コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

監督 : マイケル・マン 
出演 : トム・クルーズ  ジェイミー・フォックス  ジェイダ・ピンケット=スミス  マーク・ラファロ 
制作 : スチュアート・ビーティー 
  • パラマウント ジャパン (2012年3月10日発売)
3.30
  • (29)
  • (55)
  • (122)
  • (25)
  • (8)
本棚登録 : 382
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113756068

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは紛れもなくバディもんだ。
    バディは、ホームズとワトソンのように、いつでも味方同士で同じ敵に立ち向かっているとは限らない。

    自分の人生を脅かしてくるバディ。
    決して優しくない。
    こっちを想ってくれてすらいない。
    到底相棒なんて呼べたもんじゃない。
    でも、マックスはヴィンセントと出会わなければ、手に入れられなかった何かを手に入れた。
    かなりハードボイルドな「その日の天使」。

    敵であり味方であり、友達なんかじゃもちろんなくて。
    一晩だけ一緒に過ごした(それもかなり過激に)二人。
    妙な信頼が、好意が生まれていて、
    どこかで尊重していて、うらやましい。

    おかしな関係。

    最後は物悲しい。
    面白かったけど、心がぽっかり。
    失ってしまった感じがした。

  • 妹にすすめられて見た。

    殺し屋とそいつを偶然乗せてしまったタクシー運転手の一晩の話。
    地味でちょっと強引なところもあるけど、笑いありハラハラありのなんか好感の持てる映画だった…!
    冷徹だけどどこか抜けてるトムクルーズがハマってた。

  • 内容は殺し屋の話だが、登場人物それぞれのキャラクターと、知性を感じる会話がなぜだか心地良い。

  • トム全力疾走

  • 後半はドキドキした。
    トムクルーズ詰め甘いな。

  • 真面目でいいやつのマックスがとうとうキレてカバン捨てるのと車ひっくり返すとこ好き。

  • ロサンゼルスで真面目にタクシードライバーをやっているマックス(ジェイミー・フォックスさん)はある日、アニー(ジェイダ・ピンケット=スミスさん)を乗せてちょっとしたゲームをしながら和気あいあいとダウンタウンへ。彼女を降ろした後、直ぐに怪しい紳士・ヴェンセント(トム・クルーズさん)が乗り込んできた。目的地に到着したがヴィンセントからは貸切の依頼を受ける。600ドルに釣られて貸切の依頼を受けたのが運の尽き。その後、マックスは大変な目に合う羽目に。。。トム・クルーズさんの悪役っぷりと、どちらかというと悪役っぽいジェイミー・フォックスさんの善人っぷりが正に対照的。観といて損はない一本です♪

  • 中古DVDを購入。字幕版。
    トム・クルーズが悪役?というのが最初に凄く意外で、確かに銀髪に無精髭、いつもより突き放したような口調など雰囲気はあるのですがどうしたって人懐っこい目をしている人なので愛嬌が出てしまうのでは…と思いつつ見始め。
    一晩に5人を殺す任務中のトム演じるヴィンセントは、最初に拾ったタクシーの運転手マックスの腕(目的地への移動時間が読み通り)を見込んで一晩貸し切りを申し出る。
    法外とも思える金額にそれを了承したマックスだったが、ヴィンセントを待っていると突如車の屋根に死体が降ってくる。
    それがヴィンセントの仕業と知ったマックスが逃げ出そうとしたときには既に完全にヴィンセントの仕事に巻き込まれていて…という話。
    巻き込まれ型の主人公(トップクレはトムですが話のポジとして主人公はジェイミー・フォックス演じるマックスと思われ)というのはただただ流されながら愚痴って…というイメージですが、マックスは巻き込まれながらもなんとかヴィンセントの仕事を止めたい、こんなこと間違っているという思いや怒りをぶつけたいという言動があるので凄く芯を感じて魅力的でした。
    また冷徹な殺し屋であるはずのヴィンセントもそんなマックスを翻弄するようなきさくな口をきいたり微笑んだりと、妙なバディ感が時折顔を見せるので、見ている側も「根っからの悪人ではないのかも…」というほのかな期待を持ってしまいます。その辺り、どうあっても魅力のあるトム・クルーズが演じた意義があるなぁと感じました。
    そして、そういう思いで見続けただけにクライマックスのサスペンスの迫力が増したように感じました。
    オチがやや弱いかな?というのが☆一つ減らした理由ですが、だからといってあれ以上に野暮にならない締めも無い様な気がするのでほぼ満足です。
    また劇中の音楽のチョイスや全編夜の街を流れていく映像なども非常に好みでした。

  • 最高だな!ほんっっっとに最高だな!とジタバタしていた。銀髪の殺し屋を熱演するトム・クルーズ、最高でした。冷酷なのに人間くさい所が見え隠れしちゃったりする所とか素晴らしかったよ。
    マックスの根底にあるものを引き出したのはヴィンセントな訳で、そこが彼にとって計算違いだった訳で、ああいう結果になってしまったっていう構図が堪らない。ヴィンセントがマックスを助けたりしたのもただ利用するだけでなく、本当に気に入ってしまったからなんだろうなぁ。
    その利用するだけでなく、いつの間にかマックスを気に入ってしまったヴィンセントって言うのがヴィンセントっていう冷酷な殺し屋をより人間くさく、憎めないキャラクターに仕上げているんだね。そこにトム・クルーズが良い演技をするもんだから愛着わきまくりだよ!!(笑)
    ラストがとにかく良かった…。電車の中で死んでても、誰にも気付かれない。夜に溶けて消えていった人と夜が明けて朝を迎える人、マックスとヴィンセントの対比。寂しく印象的なラストでした。

  • 字幕: 戸田奈津子

    カテゴリが「アクション・ホラー・サスペンス」にあり、「トム・クルーズ新境地開拓」程度の予備知識しかなく(しかも共演がJ・フォックスだし)、まあ、トム様が拳銃ぶっ放すわけね、ぐらいの心構えで観始めたら意外な展開。

    LAの夜景の映像は美しいし、場面に合わせてどんどん変わる音楽はシャレてるし。
    そして何よりも台詞のやり取りがいい。たとえば、冷酷な殺し屋が人生を達観していて、人間の存在意義などを語ったりする。少ない台詞の中でしっかり人物の背景まで描写されている。(字幕は残念ながらそこまで訳出してない個所もある。) 下手するとコメディになって緊張の糸がプッツリ切れそうなコミカルな台詞も、作品のトーンを崩さず、むしろハードボイルドな雰囲気を増幅させるのに一役買っている。(これは脚本がいい、というのももちろんだけど、主演の二人の功績だろうか。もしくは監督の功績だろうか。)

    マイケル・マン(が監督だとはエンドロールで知った…遅)の作品は『ヒート』を観ているはずなんだけど、あまり記憶に残ってないなあ。似たような雰囲気だった気はするんだけれども。機会があったら、また観なくては。

全66件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする