ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

監督 : ピーター・ボグダノヴィッチ 
出演 : ライアン・オニール  テイタム・オニール  マデリン・カーン 
制作 : ジョー・デヴィッド・ブラウン 
  • パラマウント ジャパン (2006年4月21日発売)
4.12
  • (102)
  • (79)
  • (56)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 469
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113756570

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ピーター・ボグダノヴィッチ監督、1973年、アメリカ。

    母を亡くしたみなし子アディー(テータム・オニール)と、詐欺師で、アディーの父親「かも知れない」モーゼ(ライアン・オニール)の珍道中。

    母の名前(ロギンス)じゃなく、自分をアディー・プレイと名乗るシーンがちょっと胸キュン。

    メーキング映像によると、あまり細部を詰める前に撮っていたらしく、ふっと出る「地」に味がある。トラックの荷物が崩れそうになるところ、「デカパイ」トリクシーの必死の説得など。(メーキングはDVDに収録されているけど、NGシーンなどでの親子のむつまじいこと)

    でも、綱渡りの撮影の割には冒頭の200ドルやペーパー・ムーンの写真なども伏線としてちゃんと決まっていて、スッキリとした後味が残る。

    なお、テータムのアカデミー賞受賞の最年少記録(10歳)は今も破られていないんだという。

  • 昔風に作ったロードムービー。すばらしかった為、検索してしまった、俳優人がめちゃめちゃな人生をおくってて衝撃的、、。

  • お客をペテンにかけ聖書を売りさばいているモーゼは自動車事故で亡くなった女の葬式にでる。
    モーゼは女の娘 9歳のアディを唯一の身寄り叔母の元へ届けるように頼まれる。

    最高でした!!
    本物かわからない父娘が本当ではない事でお金を稼いですすむロードムービー。
    映画のタイトルともピッタリ。
    演じているライアン・オニール、テイタム・オニールは実の親子だそうで、それでこの味がでてるのかなー。

  • 観終わってから、パッケージのジャケットを確認すると意味が分かった。

    「紙のお月様でも信じれば本物」

    アディの今後の成長は非常に心配だが。。。

  • お金をかけたからといっていい映画は作れませんよ、って言ってますね、この映画は。テータム・オニールが凄すぎ。可愛さではなく、無愛想でこまっしゃくれているけど、ひたすら“父"に認められたい、一緒にいたいという幼い心情を演技と思えない演技力で表現しています。ペーパームーンでいい、絆があれば本当の親子に負けない!いい映画でした♪

  • かわいくて渋いわー!!そしてカッコイイ!セリフや音楽を多用せず、微妙な表情の変化で、見てる側に感情を伝える作品のスタイルすごい好き!!主人公をライアン・オニールは好演しているし、テイタム・オニールも独特の雰囲気があって好きだなー!

  • ペーパームーン…幻やまやかし

    主演の二人は父娘なのか。なんか微笑ましい。ちょっとした距離感に親密さを覚えるのもそのせいかな。
    アディのタバコを吸う姿…というか吐き出す仕草が妙に様になってて驚いた。はじめはほんと男の子みたいだなーって思ってたけど後半はどんどん可愛く見えてくる。魅力的な子って感じ。

  • ロードムービー
    &友情愛情モノ。

    親子か親子じゃないのか
    微妙な距離感が生んだ絶妙な関係。

    ラストは泣くのかと思いきや、
    ほっとする感じ。

  • よい

  • 1973年アメリカ映画.
    モノクロであるのは知っていたので,もっと古い映画だと思い込んでいた.あえてモノクロというわけか.

    ロードムービーの大傑作.ライアンとテイタム・オニールの実の父娘が演じるモーゼとアディのコンビがユーモラスで実に秀逸.愛すべきディテールにあふれている.いい映画.

全67件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする