フォレスト・ガンプ [DVD]

監督 : ロバート・ゼメキス 
出演 : トム・ハンクス  ゲイリー・シニーズ  サリー・フィールド  ロビン・ライト  ミケルティ・ウィリアムソン 
  • パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
4.02
  • (540)
  • (525)
  • (388)
  • (43)
  • (10)
本棚登録 : 2720
感想 : 400
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113757324

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ステイホームで、これまで観たかったけど観れなかった不朽の名作を観てみようシリーズ!

    「走ってる」「いい映画らしい」以外の知識なく初見です。
    泣いた~

    何かにぴったりとハマるってすごい
    自分に何か一つ、絶対的な強みがあれば…
    人生の中で、それすら見つけることだって難しいのに
    それを早々に見つけ出し、いや偶然見つかり
    加えて生きていく中で複数の強みを見出してしまうこと
    それを武器にできるということ
    しかもその武器をふりかざしたりなんてしない
    これほどの強みってあるだろうか
    でもそれだけじゃない
    彼のまっすぐさと、人を想う心
    これがあっての、彼の運命だったのか

    運命とは
    決まっているのか、決めることができるものなのか

  • 心が洗われるような映画。
    何事にも誠実に生きることの大切さを教えてくれる名作。

    アメリカの近現代史とともに一人の男の半生が描かれる。
    フォレスト・ガンプはI.Qが人よりやや低いが、足の速さに恵まれる。
    大学では修士号まで取り、アメフトで優秀な成績を収め、アメリカ軍でも表彰される。
    その輝かしくも苦難に満ちた人生には彼を理解してくれた数少ない理解者がいた。

    小学校で出会ったジェニー。アメリカ軍で出会ったババとダン中尉。彼にとって生涯忘れられない存在であろう。

    冒頭、母親が普通の子が通う学校に入れようと校長に口聞きしたシーン(あからさまな描写であった)があるが、そこに母親としての勇気を感じた。
    死ぬその寸前まで母親の誠実な愛を貫き、運命とした生き様。
    ガンプはその愛に誠実に応えましたね。

    • hiromida2さん
      夜型読書人さん こんにちは!懐かしの作品レビューに思わず 私もその時の感動を思い出してしまいました 阪神大震災の後 しばらくして 何故か こ...
      夜型読書人さん こんにちは!懐かしの作品レビューに思わず 私もその時の感動を思い出してしまいました 阪神大震災の後 しばらくして 何故か この作品を1人で観に行って とても身につまされたというか?「頑張ろ!」って気持ちになった事も思い出しました。
      2018/12/27
    • 夜型さん
      hiromida2さん こんにちは。
      感動する映画ですよね。

      しかしところがレビューには書かなかったのですが、この映画、監督の思想に...
      hiromida2さん こんにちは。
      感動する映画ですよね。

      しかしところがレビューには書かなかったのですが、この映画、監督の思想による仕掛けが施されています。そこを読み解くと評価はまるっきり変わってしまうんです(・_・;
      読ませる点でも面白い作品でした。
      2018/12/27
    • やまさん
      夜型さん
      こんにちは。
      いいね!有難う御座います。
      『左近 浪華の事件帖』シリーズは、3冊で終わりです。
      来年の1月に4冊目が出る予...
      夜型さん
      こんにちは。
      いいね!有難う御座います。
      『左近 浪華の事件帖』シリーズは、3冊で終わりです。
      来年の1月に4冊目が出る予定です。
      楽しみにしていてください。
      やま
      2019/12/05
  • 「人生はチョコレートの箱とおんなじ。開けてみるまでわからない」

    数奇な人生を歩む一人の男性の軌跡とアメリカ現代史の重大事件を絡めた構成ゆえに、かなりありえない設定や展開が続くのだけど、それでも泣いて、そして、満たされた気持ちになれた名作。

    人より知能指数が低かったフォレスト。
    でも彼の母親はいつでも彼の味方で、彼を諭してくれる。
    そのおかげもあり、彼は馬鹿正直なほど一途で誠実な大人に成長し、図らずも自分の人生を切り拓いていく。

    なのに、どうしてもうまくいかなかったのが、幼少期から一途に大切に思っていた女性ジェニーとの関係。
    ジェニーは幼少期の経験が原因なのか、放浪と転落を繰り返す荒んだ人生を送っていた。
    けれど…。

    1950〜80年代のアメリカ現代史の重要事象とフォレストの人生の軌跡を絡めているため、ベトナム戦争に従軍したり、卓球を通じて社会主義全盛期の中国に行ったり、預かり知らぬところでウォーターゲート事件に関わっていたり、プレスリー、J・レノン、ケネディ、ニクソンといった時代ごとの著名人との接触があったり、と展開はかなり奇抜なのに、健気なフォレストを演じ切ったトム・ハンクスの好演もあって、そんなに突っ込まずに楽しく、そして、しみじみと観られます。

    関わった人を貶めたり傷つけたりせず、大事にし、自身の欲に走らないためか、運もひらけていくというか呼び込んでいる感じで。

    彼の人生の軸だったジェニーとの関係は、その一途さが実って、最後にはよかったなと思うと同時に、しんみり悲しくもなり。

    人生において、一番大事なものを手元に置いておける時間なんて、本当に短いのかもしれない…。
    無常の摂理を感じさせるシーンです。

    小学生の時にテレビで見た時は特別に思うことはなかった作品だったのだけど、20年経って改めて鑑賞すると、本当に胸に染みたました。
    経験によって感性は変わるということを改めて実感。
    また10年後くらいに見直したいです。

    「ぼくらにはみんな運命があるのか、ただ風に吹かれてただよっているだけなのか、分からない」

  • 「僕は頭はよくないけど、愛がどんなものかは知ってるよ」

    20年ぶりくらいに観たけど、エビの養殖の話だけ覚えていた…。
    バス停で隣り合った人々に自らの半生を語り続ける青年、フォレスト・ガンプの話。
    人生で大切なことがいっぱい詰まっている素敵映画です。
    アメリカ近代史を垣間見る映画でもある。
    フォレストの語りが児童書のような、現実感が少なく幻想的な雰囲気を持っているのが好きなところ。

  • (Amazonより)
    “人生は食べてみなければわからない、チョコレートの箱と同じ”―――アメリカの激動する歴史を駆け抜けた、トム・ハンクス演じる青年フォレストの青春を暖かい感動で描いて、アカデミー賞(R)作品賞ほか6部門を独占した映画史に残る名作。


    (Wikipediaより)
    人より知能指数は劣るが、純真な心と周囲の人々の協力を受けて数々の成功を収めていく"うすのろフォレスト"の半生を、アメリカの1950〜80年代の歴史を交えながら描いたヒューマンドラマ。




    観終わって感じた事は、フォレスト・ガンプのようにシンプルに人生を生きられたらいいなぁと思いました。素直に受け入れ行動する...もっと楽な気持ちで生きられるような気がします。
    でも、いろいろ考えちゃうのも人間だからこそなのではと思っています。
    ついつい余計なことを考えちゃいますよね...そして余計な心配をしてしまう...

  • ブクログって映画も記録できるんですね。
    知らなかったー!フォローして下さった方の本箱観てたら、アレ⁈これ映画では?と気付きました。
    さて、ガンプですが、
    話題になった時は、「チョコレートの数だけ人生がある」のアフォリズムだけ知って、どうせお涙頂戴的な映画なんだろーと観るのを避けていたが、観てしまった。泣きはしなかったけれど、ありえない話だと思ったけど、観てよかった。ガンプは、IQが75?素直で優しくて、ちょっと人の言葉をそのまま受け止めてしまうだけだ。自分の大切な人を大切に想う。ジェニーが亡くなる前に、ベトナムの雨の後の星空や、砂漠の夜明けや湖に映る天地の境が美しかったことをジェニーが一緒に観たかったというと、一緒にいたよと応えたのが嬉しく温かく感じた。ガンプにとっては、常に想っていたのだから、ジェニーと一緒だったのだ。人生は運命か、偶然か、両方だとガンプは考える。

  • 1995年日本公開。劇場で観ました。当時の私は一回り以上年下の女性に夢中で、やっとデートにこぎつけて観に行ったのが「フォレスト・ガンプ」でした。約2時間半、私は映画が終わったら、どこで食事して、どこのバーに行ってとか考えていたので物語の記憶が、ほとんどありません。情けない限りです。今回、日本語吹替版で観ました。オープニングからエンディングまで、ほぼ目が潤んでいました。お母さんの言葉「人生はチョコレートの箱のようなもの、開けて観ないと分からない」。その通りの半生をフォレストは送ります。いろんな人と出会い別れ。辛い想い、楽しい出来事。そんな中でも、フォレストは走ります。お母さん・ジェニー・バッバ・ダン中尉。みんな素敵です。本来、字幕版で観るべきかもしれませんが、吹替版もよかった。声優さんたちの演技が素晴らしい。他に当時のアメリカの世相を見ることができるのも興味深い。プレスリー・ジョンレノン・ケネディ・ニクソンなどなど。素晴らしいエンターテイメント作品でした。

  • 【あらすじ】
    “人生は食べてみなければわからない、チョコレートの箱と同じ”―――アメリカの激動する歴史を駆け抜けた、トム・ハンクス演じる青年フォレストの青春を暖かい感動で描いて、アカデミー賞(R)作品賞ほか6部門を独占した映画史に残る名作。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    人生において「運命」というものがあるのかどうか、考えさせられる作品です。
    この作品からは「人ひとりの人生なんていうのは、風に飛ばされる羽根のように、大きな歴史の中で翻弄されてしまう」というメッセージを受け取りました。己の運命を信じてそれに突き進むも良し、自分なりに足掻いて「これが自分が掴み取った運命だ」と思うも良し。答えは時代の風だけが知っている。

  • 「人生はチョコレートの箱みたいなもの 食べてみるまで中身は分からない」

    何度観かえしてもいい映画。
    自分のおかれている環境で、気付かされるポイントが違う作品かもしれない。
    アメリカの時代背景と一緒に重ねて観てもいい。

    フォレスト・ガンプの、「思いつき」「行動」が、「結果(成功・承認・賞賛)」に結びついていく。
    何に恵まれて、何に恵まれていないのか、人によって全く異なる人生。スタート地点も違う。
    でも、その「恵まれているもの(いないもの)」がなんであっても、根本的な芯がブレていなければ、きっと人は幸せになれるのだと思う。

    障害、黒人、男女の差、貧富の差、育った環境、様々なことがあるけれど。

    ジェニーのビッチぶりを咎める人もいるけれど。
    幼い時期に、父親から性的虐待を受ければ、自己否定感が大きいのは当然のことであり、ましてやフォレスト・ガンプのように純粋無垢でまっすぐな愛を目の前にしてしまうと、愛される喜びや安心感以上に「自分には愛される資格がない」と罪悪感と自己否定に苛まれ、尻込んでしまうのも仕方ない。
    愛されれば愛されるほど、身が削られるように辛かったのだと思う。
    HIV感染発症し、やっと終焉が見えて、全てを受け容れ、穏やかになれたのではないかと。

    ベトナム戦争で両足を失ったダン中尉も同じく、生きる目的を失い、自己否定感に苛まれた一人。

    人の命を重んじ、誠意を持って運命を受け容れ、約束を守り、人を赦し、どれだけ意味のないことであっても、目の前のことに一生懸命に生きること。
    フォレスト・ガンプの、その愚直なほど真っ直ぐな生き方に、みんな何かしら突き動かされるのではないかと。

  • たまに出張でホテルに泊まると普段見なくなって久しい普通のTVチャンネルをぐるぐると徘徊してしまう。

    そんな中深夜を過ぎた時間帯に本作が流れていたものでつい手を止めてぼんやりと眺めてしまった。TV鑑賞だと途中のCMが煩わしいことこの上ないのだが、途中から観てしまったそのモヤモヤをどうしたものかと思っていたらまたすぐもう一回始まった(笑) 結果、夜中3時間近くウトウトしながら全編を観切ってしまうことに(苦笑)

    この作品はリアルタイムでは鑑賞しておらず、その記憶の中の証拠が留学生仲間と99年頃にD.C.に旅行した際、テンションの上がったイギリス人留学生メンバーがReflecting Poolの端っこで「Forest!!(笑)」とふざけている元ネタを当時の自分が理解していなかったというもの。その頃から考えると随分とレベルが上ったことは認識できる。挙句の果てにはジョン・レノンの横に座っていた番組ホストDick Cavettご本人にとある劇場で拝謁する機会にまで恵まれたのだから。

    一方で本作の語るあらゆる分野の合衆国史が自分の肌に浸透し続けているかというと、その進化のスピードは年々落ちていっていることは否めない。そりゃまぁMoMAに行って邦画ばっかり観ているような生活を繰り返していたらそうなるのも致し方ないのではあるが…。なのでもっと頻繁に本作に触れてその前の鑑賞との間にどういう新たな発見があったかということに数分でも頭を使って考察してみるという作業を今後も続けてゆきたいと改めて静かに心に誓ってみたりもする。

全400件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×