妖精たちの森 (初回限定生産) [DVD]

監督 : マイケル・ウィナー 
出演 : マーロン・ブランド  ステファニー・ビーチャム 
制作 : ジェリー・フィールディング 
  • ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006年8月25日発売)
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4582131180043

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全体的にきれいな映画だった。
    内容はともかく・・w

    子どもってあんな影響受けるもんかなぁw
    ほんとbehaviour気をつけないとなw

  • かのゴシックホラー小説の名作ヘンリー・ジェイムズの『ねじの回転』を原作とした映画。

    『ねじの回転』は、イギリス郊外にある邸宅に住む二人の幼い姉弟、その家庭教師とメイドが体験する心霊現象の恐怖を描いた幽霊物語である。不慮の事故死を遂げたとされている</b>前任の家庭教師と下男の霊が、それぞれ姉と弟に取り憑き、その肉体を使って生前のような男と女の関係を続けようとするという物語だ。

    そして『ねじの回転』は1961年に、 ウィリアム・アーチボルド、トルーマン・カポーティ、ジョン・モーティマー三人の手を経た脚本とジャック・クレイトン監督によって映画化されている。この映画もまた、映画史に残るホラー映画として長く高い評価を受けている。

    本作は61年作品のリメイクではなく、『ねじの回転』の前日譚という体裁になっている。下男ピーターと美しい家庭教師マーガレットの爛れた関係、それを覗き見つつピーターに感化されていく幼い子供たちの姿を、ゴシック調に丁寧に描いている。

    が故に、美しいイギリスの庭園風景や、これまた心にしみる美しい音楽とともに、得も言われぬ不快感を盛り上げてくれる。そして向える衝撃のクライマックスは、身の毛もよだつ恐怖を観るものに感じさせるのだ。

    本作では恐怖の対象としての超自然現象は全く無い。ただひたすらに、19世紀末の上流階級の日常の営みを追い、刹那的に覗く闇を的確に捉えているのだ。いやむしろ、時折陽を遮る雲の翳りのように何気なく、陰鬱な暗さを投げかけているのだ。

    本作を見終わったら是非、原作小説も読んでみて欲しい。物語の様相は全く異なり、そのラストの美しさは永久に忘れることが出来なくなるであろう。。。トラウマ必至である。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする