マルコムX [DVD]

監督 : スパイク・リー 
出演 : デンゼル・ワシントン  アンジェラ・バセット 
  • パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2006年11月2日発売)
3.78
  • (42)
  • (53)
  • (71)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :293
  • レビュー :49
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113757911

マルコムX [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメリカの公民権運動においてキング牧師と対比させて語られるマルコムXの映画。
    ものすごく濃い内容で、アメリカの黒人の歴史とともにマルコムXの生涯を伝える映画。
    デンゼルワシントンが凄いのか恐ろしいほど演説がうまく、惹きつけられる。
    そして後半の展開、ムスリムとしてメッカに巡礼し、そこである意味生まれ変わったマルコムXがどうなるのかということを、歴史にifはないけれど、心底見たかったと思う。
    その信念は南アフリカ共和国のネルソンマンデラに引き継がれていったという描写はあったものの。

    • lacuoさん
      映画としての面白さも、なかなかのものですよね。
      マルコムXの存在はこれからも大きな影響力をもっていくと思う。
      2015/04/19
  • 自由の国、アメリカ。
    その裏の部分を、あなたも知っておくべきだと思います。

    アメリカ合衆国で白人から受ける黒人差別。
    白人に立ち向かうムスリム黒人指導者「マルコム・リトル」の活動を描いた映画。

    マルコムが刑務所に入れられ、そこで出会ったムスリムから様々な教えを聞く。
    本を多読し、知恵を増やし、マルコムの思考は変わっていく。
    キング牧師とも異なる考えで、黒人の社会を築く運動を続けた。

  • ざーっとした雰囲気の知識を得るならDVDのほうが手軽でいいかなと思って見てたら、なんか長くないか…?
    と、DVDケースを確認してみたら201分だと!?(笑)
    デンゼル・ワシントンの役のハマりっぷりが本当に素晴らしかったです。

    マルコムXってよくキング牧師と対照的に扱われていてかなり過激派なイメージだったんですが、別に思っていたほどではなかったです。
    生い立ち自体は確かにキング牧師とは対照的な感じでした。

    縮れ毛を薬でストレートにしたり、白人のような服装に身を包んだりと、序盤は白人への憧れがあからさまに表れています。
    それから刑務所でのベインズとの出会いにはじまり、ネイション・オブ・イスラムでの活動、決別、そして暗殺と、最期まで黒人としての誇りを持った生き方がカッケェな!と思いました。


    最後にネルソン・マンデラ氏が登場するなど、ドキュメンタリーの中でもかなりメッセージ性の強い作品という印象を受けました。
    マルコムXに関連する本なんかも読んでみたいと思えた一作。

  • キリスト教は近くにあるけど、役に立たなかった。だから新たな概念を必要としたのだろうか。

  • 伝説の黒人指導者マルコムXの生涯を描いた作品。荒くれだったが、刑務所での出会いが
    一生を変える。しかし、方針の違いから、仲間に裏切られ、命を落とす。

  • 人種差別。一生なくならないであろうこのテーマを一人のアフロアメリカン(マルコムX)を主人公に焦点を当て、全ての人に問いかけた傑作です。奴隷としてアフリカから連れてこられ白人の地主の元、長年家畜の様に扱われ、時にはそれ以下に。。。暴力も辞さない姿勢から徐々に多人種との融和に変化していった矢先に悲劇が。。。彼の目指した平和の世の中は残念ながらもう少し時間がかかるかもしれません。
    最後に、デンゼル・ワシントンさんの役者魂に敬礼!

  • 人種差別というのは日本では縁のないものだと思っていた。まぁ、最近の中国や韓国などに対して言えばそれはまた違うものになると思うので気に求めていなかったが、あるんですよね~。

    サッカーやラグビーで日本人ではなく外国から来て日本代表を勝ち取るケースがある。しかしこれに何ら偏見もなく、心から応援しているファンがいる。僕自身もそうだが、心から応援してくれているとその選手も実力以上の力を出してくれますからね~。

    ところが、このところの国技である大相撲を見ているとなんかひどい人種差別を感じる朝青龍関はどちらかというと戦う前に自らがキレた感があり、仕方がないのかもしれないが、白鵬という大横綱に対して横綱たるものと注文ばかりつけ、横綱の威厳を貶めている。特にあの狂犬の○くみ○るなどいい例だと思う。本当に自分が何さまで僕からしたらキャンキャン吠えるスピッツ程度にしか思えないwww

    メディアもそうだ。酷いものだ叩くだけ叩いて沈静化すると新たな火種を必死に見つけようとしている。一部には下衆な人間がいる。横綱自身が肌の色と表現していたが、日本人である僕でもそう感じられる。

    「マルコムX」
    https://www.youtube.com/watch?v=2rfaiu8DbRs

    デンゼル・ワシントンの人種差別系の作品はいつも以上に熱演ぶりが光る。気がついたらデンゼルも還暦なんですね。彼が50を前にして演じた作品ですが、本当に若い。

    僕自身、掘り下げていないのですがマルコムXという人をよく知らないし、黒人の考え方がよくわからない。結局は色が同じ同胞に蜂の巣にされてしまうって…こういうところが本当にわからない。いまだ、ハリウッドでも闇の世界の黒人を描いた作品は残酷に感じますしね。

    ただやはり実生活でも人種差別で苦しんだデンゼルの思いのこもったいい作品だと思います。

  •  200分観る価値大あり。 アイアム マルコメ。

  • ざーっとした雰囲気の知識を得るならDVDのほうが手軽でいいかなと思って見てたら、なんか長くないか…?
    と、DVDケースを確認してみたら201分だと!?(笑)
    デンゼル・ワシントンの役のハマりっぷりが本当に素晴らしかったです。

    マルコムXってよくキング牧師と対照的に扱われていてかなり過激派なイメージだったんですが、別に思っていたほどではなかったです。
    生い立ち自体は確かにキング牧師とは対照的な感じでした。

    縮れ毛を薬でストレートにしたり、白人のような服装に身を包んだりと、序盤は白人への憧れがあからさまに表れています。
    それから刑務所でのベインズとの出会いにはじまり、ネイション・オブ・イスラムでの活動、決別、そして暗殺と、最期まで黒人としての誇りを持った生き方がカッケェな!と思いました。


    最後にネルソン・マンデラ氏が登場するなど、ドキュメンタリーの中でもかなりメッセージ性の強い作品という印象を受けました。
    マルコムXに関連する本なんかも読んでみたいと思えた一作。

  • Malcom Xが憑依したかのようなDenzel Washingtonの気迫の演技は圧巻だが、ラストに登場する本人の映像がそれ以上のオーラを発していて二度驚いた。3時間20分の長尺をかけて語るに値する壮絶な生涯。抑圧の中で怒りが蓄えられ、やがて爆発を迎える構図は現代の国際社会にも通じるものがある。

全49件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マルコムX [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする